壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2012/8/1 | 投稿者: komori

やっとブログ書くぞ。

7/23、LOFTレコ発ファイナル、遅ればせながら本当にありがとう。ずっとLOFTの壁は高すぎたと弱音を吐いていたけど、いざ蓋を開けてみれば沢山の人があの場に集まってくれて、本当に嬉しかったなあ。でも当たり前だよね。そうなるって信じてたもの。だっておとぎ話とズボンズっていう日本最強のロックンロールバンドが揃ってさ、ハグレヤギだって最初観た時から間違いないと確信してたバンド、僕等だって最高のライヴをした。全てが最高に夜になるって、最初からそう信じてやってきたから、ああなれたんだと思う。

取り合えず、これで「ハレルヤ」リリースツアーの名を冠したライヴは終わったわけで、またふり出しに戻ったつもりで、これからも音楽と向かい合っていこうと思います…

という矢先に、間髪入れずFUJI ROCKに、前夜祭も含め4日間参加して来て、そのことはまた後で書こうと思います。今年は勿論最高のライヴも沢山観たけど、そうじゃないライヴも、あった、これは残念なことだけど、だけど、生身の人間の現在を、余りにも過去への執着で受容するべきではないよな、と思いました。継続も、終焉も、各々が思う美学のままであれば、どちらだって構わない。

で、帰りの越後湯沢からの各駅停車の旅の途中、アイザワンダーの訃報を知って、目が覚めた、そんな夏のはじまりであり、終わり、でもありました。

ライヴが暫くないので、忘れられないように、なるべく毎日ブログ書きます。この夏は。ちょっとまとめて新曲の歌詞も書きたいので、ことばを吐くのは、そのきっかけのひとつかとも思うので。



アイザワンダーのライヴ動画

これ、多分対バンした時のだなあ。2008年暮の、大和町公民館・デーモンズ企画「STRA CLUB」だ。

そんなに話したことないし、逢うと酒たかってきて嫌だなあという思い出ばかりだけど、彼のギターと歌は、僕は好きだった。その事もあんまり人に話たことないし、彼にも言えなかった気がするけど、僕は好きだったなあ、こんなん弾けんよと思った。

最後に逢ったのも、もう2年くらい前かな。死ぬだろうな、とは薄々思ってたけど、本当に死んじゃうなんて、やっぱりやりきれないなあ、今更なんだけど。

あんなに、レコードの溝における音質の違いとか、熱く語ってたのに、呂律回ってないけど、マニアック過ぎて全くついて行けなかったもん、

本当に、ロックンロールの狂熱と幻想に生きた人だっただろうなあ。

やっぱり、やっぱり悲しいわ、そりゃそうだ。

何故か今は「ごめんなさい」って言葉しか出て来ない。
今更、なんだけど。

ロックンロールの殉教者アイザワンダーよ、
どうか安らかに。



0




AutoPage最新お知らせ