壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2011/1/17 | 投稿者: komori

久々の更新。先週を振り返る。

1/12(水)
川崎市は溝の口へ、初めて行く。12Bunchといういかしたライヴバーにて、古宮夏希&コークスが燃えている!、ねろ(赤い疑惑」、笹口騒音ハーモニカ、井乃頭蓄音団というナイスなブッキング。全部楽しめたし、知らない街へ音楽を聴きに行くってのは新鮮な気持ちになれて、いい。何も都心だけが音楽や文化の中心なのではない。どの街にもそこに風景や人々の暮らしがあるのと同じか数だけ、音楽は生まれる。終演後、12Bunchの店主と話をし、心打たれる。正直今年は溝の口が来るのでは…と予感。

それにしても、笹口さんの歌には敵わないと、心底思う。この日も打ちのめされてしまった。新しいソロアルバム「H」も、怖くてまだ2曲しか聴けないでいる。

井乃頭蓄音団、ヒロヒサカトー君のギタープレイが素晴らし過ぎて、見入ってしまう。決して派手ではないが、歌の合間を拭った、見事な職人技。なんでも話を聞くと、THE BANDのロビー・ロバートソンが好きだとのこと。イギリスのいかにも鬱屈とした音楽より、アメリカのからっとしてるんだけど内に狂気を潜めているような音楽が好きだという彼の持論に納得。

そして影響されやすい男、そう、それは僕小森は、その日からここんとこ毎日家でも職場でもTHE BAND尽くしでありあます… 「アイランド」いいよね…


1/13(木)
U.F.O CLUBへ。ねずみバンドの最後のライヴ。ねずみバンドのこと、話したいことは沢山あるが、ねずみさんが自らの意志でそう決めたんだから、もう、何も言うまい。ライヴの後、観るまで変に身構えて挑んでいた自分が、急に恥ずかしくなった。彼等はただ純粋に、音楽をやっていただけだったんだ。何に捉われるでもなく、ごく自然に。そしてそれは、これまでだってそうであったように、いつだって、もう二度と訪れることのない奇跡のような瞬間なんだってことを、きっとあのバンドは知っていたんだと思う。会場に来てた刈田お兄ちゃん(灰緑)が「終わりとか始まりとか、関係ないよね!」って言ってたけど、きっとそういうことなんだと思う。ありがとう、ねずみバンド!

その後に出たクウチュウ戦、俺はこんなもんじゃないも素晴らしかったです。そう、終わりじゃないから、こうやって音楽は直ぐに紡ぎだされてく。その流動の中で起こること、ひとつひとつの何れもが、いとおしいのです。

1/14(金)
夜、壊れかけ練習。年末くらいから取り組んでいた新曲もほぼ形になってきた。2月になったらライヴで披露しようかと思っている。ディスコチューンです。タイトルは「迷路」。お楽しみに!踊ってくれよ!「エレベーター、ひらかない」だの「迷路」だの、3rdアルバムは果たしてどこへ向かっているのか…

1/15(土)
仕事後、某インターネットラジオの事前収録。オンエアはまた後日になります。この件は追ってまたお知らせします。ラジオ初出演!なかなか面白い仕上がりなのではと…。しかし、インディーズのバンドがいるように、世の中にはインディペンデントなラジオチームもいらっしゃってですね、こうやって我々のような零細の活動を親身になって支援してくれているのであります。うう、涙ぐましい…

そんで感動しながら収録後は下北沢へ。BASEMENTとTHREE2会場のimamon企画へ。満員。終盤からだったが、これがまた素晴らしいイベントでして、あれだけ大勢の人が、あんなノイジーでクレイジーな音楽を、世界との違和その間に生じる摩擦みたいな音楽を、真剣に観に来ている光景にはもう感動し放しでした。imamonのライヴも凄く良かった!

感動に浸りつつ、ちょっと泣きながら帰宅。そういう気持ちに、もっともっとなりたいんだよ。結局、それが一番の起動力になるんだからさ。

1/16(日)
元住吉POWERS2へ、遊佐が鍵盤で参加してる「KIKORIサーカス」を観に行く。今週はどういう因果か川崎方面に二度も行ってるな。元住吉も、街の感じ良いね。「KIKORI」とは勿論あの元coco de キッコリーズのキコリさんです。ライヴ、楽しかったです。遊佐の鍵盤もいつの間に覚えたのか、かなり多彩な音色を使い分けていて、驚いた。キコリさんの楽曲は、どこかブラジルの、トン・ゼーとか、ムタンチスとか、ガルコスタとか、あの時代の雰囲気を彷彿とさせるんだよね。自由なようで精妙、開かれているようで謎めいている、その逆も然り。

そんで、ここからの帰路が災難で、人身事故の影響でとんだ足止めを食らう。超遠回りしてなんとか帰宅。某駅の駅員に「もう西荻窪には帰れません」みたいな嘘つかれたが、帰れるじゃんかよ。

帰りの電車の中、44Oさんや遊佐となぜか立ち食いそば屋の話題で盛り上がり、帰りに何となく西荻駅前の富士そばで3人で食って帰った。ちなみに中野サンモール入り口の「田舎そば」が僕は好きです。
 

と、まあ先週は実に心震わす出来事が多い日々でした。

さて今週の壊れかけのテープレコーダーズは
(サザエさん風に言うと)、

■1/19 U.F.O CLUB「風狂と夜の会」へ出演
■1/22 初の仙台遠征
■レコ発近し 告知頑張ろう

の3本であります。よろしくお願いします。
1

2011/1/12 | 投稿者: komori

CRJ-Tokyo 1/11付けカレッジチャートにて、

壊れかけのテープレコーダーズ/てるてる坊主を吊るしたが
が、2位にランクイン!

更に、昨日初めて知ったんですが、先週はなんと1位でした。
なぜ誰も教えてくれなかったんだ!(笑)

とにかく選出して頂きありがとうございます。
これを励みに、頑張ります。

詳しくはコチラから見れます
http://archive.mag2.com/0000002108/20110111142222000.html

ちなみにチャート欄にMy Spaceへのリンク貼ってありますが、My Spaceでは『箱舟』からの曲聴けません。というより、更新も野ざらし状態。だって重いし、更新しても反映されないんだもん。
0

2011/1/12 | 投稿者: komori

1/9は南青山レッドシューズにて壊れかけライヴ。この日は演奏はどういう因果かトラブルの連続で、ギターの音は出なくなるは、ベースの音は出なくなるはで、もうひっちゃかめっちゃかになってしまった。起こってしまった事実はしょうがないが、お金払って楽しみに来てくれた方々には完璧な形でお見せできず、申し訳ないです…。だけど、トラブル続きの後、仕切り直し最後にやった「生まれる」は潔く、気持ち良くやれた。

そうやって立ち直れたのは、僕らの前に出演されてたクリトリック・リスさんの「負けることもロック」という言葉のお陰だったと思う。この言葉を糧にトラブルの連続でもめげずにやれた気がする。クリトリック・リスのライヴがなければ、もっと自分達の演奏は壊れかけどころか、壊滅状態だったと思う。

自分達なんて所詮は壊れかけたゴミ屑みたいなバンドだったということも再認識出来た。今年1年、そこから這い上がって行こうと思います。「負けることもロック」という言葉を格言に。

クリトリック・リスのライヴは最高だった。勇気付けられた。「下ネタのナポレオン」なんぞと言われているが、例え下ネタでも、その根源にあるのは人間の「弱さ」や「惨めさ」だった。そういう意味では早川義夫に近いと僕は思った。負けることから始まるブルース。そこから発信されるものは、強い。

2

2011/1/8 | 投稿者: komori

明日は壊れかけライヴ!一応2011年のライヴ初めは日付的には下北沢THREEでしたが、あれはやはり「大晦日」という日の一環だった気もするので、明日こそが正式な2011年壊れかけのライヴ初め、という感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

■1/9(sun) 南青山レッドシューズ
“Lazy Sunday Afternoon”vol.16
OPEN/START 17:30/18:00
ADV/DOOR \1500/\1800(1D付)
w/クリトリック・リス、死ぬまで生きるもんズ、
青森最後の詩人ひろやー、日之出インターチェンジ
飯田華子+∴NEU譲(f.やまのいゆずる)

※出順トリ、21:20〜


初めての南青山レッドシューズにて。出演者も初共演の方々ばかり。個人的に皇帝クリトリック・リス氏と対バン出来るのが楽しみ。

あと実は、お気付きの方もいるように、つい数日前までここに「SNEEZE」の名前があったんですが、ヴォーカル渋木君の怪我により残念ながら出演がキャンセルとなりました… 渋木君、完治したらまた直ぐに対バンしようぜ。お大事にね。

ご予約はinfo@kowarekake.netまで。ちょっと行きにくい場所かもしれないけど、チャージは前売りだとドリンク込1500円とリーゾナブルなので、是非。

地図はコチラ→http://www.redshoes.jp/access/


0

2011/1/6 | 投稿者: komori

「CINRA.NET」のニュースにて1/29の「箱舟」レコ発が取り上げられております。ありがとうございます!

コチラ→http://www.cinra.net/news/2011/01/06/155329.php

前売り予約はメールinfo@kowarekake.netにて随時受付中!

また各バンドごとでの予約やTHREEBASEMENT BAR両店舗宛でも大丈夫です。前売りの方が当日券より500円も安い!確実にお得です!よろしくお願い致します。

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ