壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2010/11/2 | 投稿者: komori

当日になってしまいましたが、今日はコレ!取り急ぎよろしく。

■11/2(tue) 新宿 Motion
アサダマオ企画 第2回アサダ塾
『永遠の故郷』
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR \2000/\2300(+1D)
w/アサダマオを世に知らしめる為バンド、
僕のレテパシーズ、マリリンモンローズ、
潮田雄一 OA:宇海

※出演1番、18:40〜


おなじみMotionにて、アサダマオさん企画に出演。アサダさんは渋い、格好良い、粋なブルースウーマン。ブランデーのグラス越しに見た潤んだ朝焼けみたいな歌をうたう。彼女のうた聞くと、とても、大人に見えて、ひどく自分が幼稚に思える。実際、年は僕よりちょっと上、然程離れてないが、とても大人の色気がある。それから、尼崎で生まれ育ったという彼女の、土着的なものを、包み隠さず現している、そんな歌。だから、ちゃんと音楽に風景が写る。

クリックすると元のサイズで表示します
↑今日のフライヤー。イベントの副題?は、「永遠の故郷」。フライヤーにアサダさんがいいこと書いてる。皆、読んだかい?


↑好きな曲。

対バンも古宮大志がハンドマイクで甲本ヒロトばりに暴れる「僕のレテパシーズ」や今週実は2回対バンする「マリリンモンローズ」をはじめ、好面子です。是非。僕等は1番なのでちと早いが。最初から来てね。


11月になった。昨日は下北沢CAVE-BE8周年イベントの初日に、仕事後出向く。コークスとズボンズが対バンだったのだ。ズボンズ、最高であった!法政の時よりも、良かった。なんだろう、ズボンズ見てると、バンドを続けるってことはどういうことなのか、それが演奏からひしひしと伝わってくる。そしてなんと、ズボンズは今日から1ヶ月間もの全米ツアーに出るとのこと。きっと彼等の信念の強度は、世界中どこに行っても伝わるんだろうな。ことばなんかよりもっともっと深い、最下層の、意識下で共鳴する音。ファンクネスって、それだ!と思った。

コークスはズボンズの後という大役だったが、すごく良かった。ズボンズのテンションを真に受け過ぎたのか、全曲走り過ぎなのも、こう、バンドとバンドが繋がった感じがあって、ぐっときた。

古宮さん達には、今日も会うな。ちゃんとその感想を伝えよう。

では、新宿で。
1




AutoPage最新お知らせ