壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2010/5/2 | 投稿者: komori

4月29、30と2日連続で無善寺へ行った。なぜか時折集中して自分が無善寺に出没する期間がある。この前は壊れかけのライヴで行ったし。今はその時期なのかもしれん。

29日はMAMUSHI企画。デーモンズのmempisと佐藤さんが入ってからの4人編成MAMUSHIは初めて観たが、現メンバーになって間もないとは疑わしい程サウンドが完成されていた。とにかく、安保さんの異質極まりないヴォーカルにまとわり着く粘着質の強いサウンドは気持ち悪いことこの上ないが、それをポップにキャッチーにまとめあげてるのが凄い。パワーポップが好きだと言う安保さんのメロディーセンスの賜物である。こういうのを多分「キモカワイイ」と呼ぶんだと思う。あみのめもやっぱり最高。他の方々間に合わず残念。久々に山内さん(exデーモンズ)にも会えた。旅をしてきた男の、風格があった。景色みたいな表情をしていた。

翌30日はY子さん企画。Y子さんは麗しきお嬢という感じの出で立ちだが、やってることは相当パンクな女性だ。Y子さん+ツージーQのユニット「ツージーズ」、すっからかんであっけらかんな感じがパンクで良かった。で、この日はなんつってってあの暴れ馬・撃鉄が無善寺でやるってのが非常に楽しみだったのだが、彼等はなんとあの狭い無善寺にて、いつもの通り暴れ、踊り、客席にダイヴし、あげくの果てには自転車に乗る(!)というプロフェッショナルなステージングをやってのけた!凄まじいバイタリティーのバンドだと、改めて怖気づいてしまう。


無善寺の壁に、無善法師の載った雑誌の切抜きが貼ってあって、いいことが書いてあった。「現世がダメなら来世があるじゃん」という発言を読んで、何となく恥ずかしい気持ちになった。気の遠くなるような遠い未来を見据えて、うたえるだろうか。
0




AutoPage最新お知らせ