壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2010/4/30 | 投稿者: komori

先日買ったコンピ『日曜日のうた』に収録されている穂高亜希子さんのうたを聴き、音楽にとっての「遅延」というものについてずっと考えていた。

僕は最初がやっぱりパンクやハードロックやグランジなんかが好きで入った人間だから、求めるものは速度なんだと、しばらく思い込んでいた。だけど、やがてブルースを知り、ジャストに小節の頭に辿り着けない、遅延する音楽もあるのかと、思った。ブルースは、その土着な情念的な部分がチョーキングと共にのそりのそりと常人の時間間隔を侵犯していく様がやっぱり魅力で、それは自分の音楽感を形成する大きな核にもなった。多分、それが嫌だ、という声も何となく分かる気がする。

穂高さんがブルースか否かという話は置いておいて、とにかく彼女のうたにはそういう地上に浮上するまでの究極的な遅さみたいなものがある。それは多分、歌詞にやっぱり要因があるのかな、と思う。歌詞のことばたちが、隣合うことば同士からの差異によって、例えばAはBではばいしCではない…という座標上で、形成されていない(=形成されているのが日常言語ということ)、から、ことばが例えば「ぼく」という語が、内包し尽くせる限りの世界を吸収・許容しようとしているから、そうすると「意味」というものに達することが考古学みたいな作業になってしまう、だからそれらのことばは意味として浮上するまでにどうしても遅れが生じてしまうのかなと。

だけど!それは終局的には速いのではないかと思うのだ!つまり、そうやってやっと呼吸と共に現出した「ぼく」ということばの中には、微分化のそのまた微分化の…というような観測不能な程の、無限の点の連なりがあって、それらは超絶な速度の早送りで再生されてる映像なのだ、止まって見える程に、速い。だからここで僕等の遅さと速さとを分離させてる思考そのものが、もう転覆してしまう。

穂高さんが阿部薫を聞いた時、速さについて考えるようになった、と前メールで言っていた。もしかしたら阿部薫の音は、そういった上記の無限の点達を、そのままそっくりのかたちで(例えば「ぼく」ということばにすら辿り着かぬままの状態で)、世界に現出させようとする試みだったのかもしれないね。それじゃパンクしちゃうよ、ともやっぱり「LAST DATE」なんて聴くと、思っちゃうよ。

その速度をもし遅延し続けるためだけに稼動できたら、生き永らえることは出来たのかもしれない。待ち合わせの時間はとっくに過ぎている。走って急いでいるのに、約束の場所には辿り着けない。遅れ続けている。案外最後にはそんな約束事よりも、その間に観た景観だけしか、確かなものはなかったりするね。でもそこで開き直って走るのをやめるのではなく、あくまで辿り着こうとする。伝えようとすること。
3




AutoPage最新お知らせ