壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2010/1/7 | 投稿者: komori

1/5

Daisy Barにて今年1発目のライヴ。青森のロックフェス「夏の魔物」の東京巡業イベントに出演。トップバッターでの出演だったが、のっけからまたもオルガンの音が出なくなり、また曲途中ギターのチューニングが何が起こったのか信じられない狂い方をしたり、なんだりで、結局そのまま終始掴み所のないまま、ライヴは終了してしまった。メンバーそれぞれの、音、意識、身体、すべて散漫としていた。折角のイベントで、お客さんも沢山入ってたのに、不甲斐ない。あまり自身のことを卑下するようなことは好まないのだが(だったら最初から何もやるな、と思う)、昨日ばかりは、自責の念で、イベント中はぼんやりとしてしまっていた・・・

イベント自体は、若い力の漲る内容であった。さすが、フェス開催という大事をやってのけるだけあるなあ、と思った。それにしても、オワリカラの、あの平均値の水準の高さは、何なのだろうか・・・。そして、この日はMCで出演したサイケデリック市川が、素晴らしかった。腹抱えて笑ったが、その彼のエンターテイメントの発端には、憂いがあることを、知った。

呼んでくれた方、聴いてくれた方、どうもありがとうございました。
お陰で、正月ボケから目覚めました。
試練の、夜明け。ストイックにやらなければ。


それにしても、ここの所、バンド内で運気に見放されたことが、多々勃発する。

個人的には、高価なシールドを紛失したり、ギターのナットがとれたり、ヘッドフォンがモノラルになってしまったり、カバンの中にジュースをこぼしてノートとかがべちょべちょになったり、他にもなんかあった気が・・・

今年僕は数え年で、25歳。厄年が始まったのか!?
勘弁してくれ。

と、ダウナーな気持ちに陥りつつ、壊れかけ用の曲の歌詞が一つ書けた。タイトルは「エレベーター、ひらかない(仮)」。のっけから、救いがない。近いうちに、バンドでやるだろう。

1/6

気を、プラスの方向へ導くべく、かねてからの愛聴盤を、心新たに聴く。ヴェルヴェッツの3rd、サバスの『パラノイド』、ニール・ヤングの2nd、などを。

新規で聴いたものでは、ジミヘンの『スーパー・セッション』というやつは、めちゃくちゃ良かった。ジョニー・ウィンター、ジム・モリスン、バディ・マイルスが参加しており、最早セッションというか、我の押し合いというか・・・冷静に考えればそれは良くないことなのかもしれないが、良かったものは良かった。ジム。モリスンが全く歌えてなく、寧ろ悶えていて、危険だった。知覚の扉とかそういう問題じゃなく、単純にトイレの扉も開けられないだろ、おいっ、て感じが、破滅的でぐっときた。




0




AutoPage最新お知らせ