壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/12/14 | 投稿者: komori

12/13、秋葉原GOODMAN、『our music』終了。

来てくれた方々、ありがとう。昨日はお客として来てくれていた友人の協力もあり、CDも沢山売れ、ありがたい限りです。

いろんな人に、会った。中には5年振りに再会した方も!
元気そうで、何よりだった。世界は多分いくつもある。

壊れかけのライヴは、なかなか満足いく仕上がりだったと、自負している。虚脱するような恍惚と達成感が、少しあった。また、熱量を保ったままでの、軸の揃ったタイトさもあった。ただ、録音した音源を聴いてみたら、若干グルーヴが縦だったてらいもあり、そこは反省。もっと、ブルースを。

ところで、昨日のイベントは、「ポップ」の解釈をかなり多面的な角度から捉えたであろう、ナイス・ブッキングな内容であった。特にトリのOwllightsが見事なアクトでイベントを締めてくれた。本物の折衷とはこういうもんだと。そして、ポップとはこれだと、確信した。

情報の誇大、膨張する選択の可能性、終局それだけの他者を受け入れる度量も、咀嚼する胃袋も持ち合わせず、独りよがりな独白の誇示に終わってしまった00年代の末に、それらを然と噛みしめ、吐き出された、突然変異体のような音楽達が、ようやく前衛でもアヴァンギャルドでもなく、ポップな存在として、立ち現れている、いま。

そんでいま、そんなOwllightsのアルバム『POP Konducta』を聴いている。(写真)

クリックすると元のサイズで表示します

今月はもう1度、グッドマンでやる。3日間開催されるカウントダウンイベントの2日目。ちなみに、カウントダウンの大役は、worst tasteだ!これは盛り上がりそう。

その前に今週末大阪、26に高円寺、とある。
一回一回、大切に、確実に、やっていこう。
1




AutoPage最新お知らせ