壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/9/6 | 投稿者: komori

クリックすると元のサイズで表示します
行って来ました。

オープニングアクトの松倉如子さん、夢にまで観た戸張大輔、そして編成色々色とりどりの渡辺勝氏のステージ、全部素晴らしかった。生きててよかった。ライヴではなく、コンサートに行った気分。ちょっと、贅沢な、気持ちだ。知人友人沢山来てた。皆、音楽好きなんだなあ。

渡辺さんと松倉さん、2人で歌ってる姿、よかった。じーさんになっても、青春は訪れるのだろう。天真爛漫とは、松倉さんのことだった。戸張さん、あの、『ギター』の曲を、やっていた。その佇まいは、余りにも、その音のように、ひょうひょうとしており、今にもさっと消え去ってしまいそうで(実際演奏終わるとすぐ大阪へ帰ってしまったとのこと!)、未だ、幻だったのかと、眩暈がする。

戸張氏に対する会場の期待は、特に若い人達、すごかった。だけど、それは僕等が一方的に、崇めているだけなのかもしれない。伝説化したり。ラリーズだってそう。だけど、作品を残してしまった以上、その置き去りにされた才能に、僕等は魅せられずには、決していられない。またいつか、演奏をしてほしい。10月に出るという新作、楽しみ。

最近、ブログが自分達の活動の経過より、ライヴに行った感想とかばかりだが、やはりそんな誇示すべき自分のことなんて、さほど、ない。自信も、こんな日は、なくなってしまう。観たり、聴いたりした、いくつもの素晴らしいもの。それらの方が、よほど大きくて。だけど、憧れだけは募るから、いつか、辿り着きたいと思って、やっているのが、それが、自分の音楽活動であると思う。





1




AutoPage最新お知らせ