壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/8/21 | 投稿者: komori

ここ最近、自分のPCでMy Spaceを観ると、なぜか分からんが、調子悪く、まず曲が聴けない、それから、操作中にエラーになってしまいます。PCに疎く、原因がよく分かりません。誰か、教えて下さい。また、My Spaceでフレンドリクエストやメッセージをくれた方に対し、上記のような分けで、承認や返信が遅れ気味になってます。申し訳ないです。なんとか、ならんだろうか…。

また、多分お気づきの方多いと思うけど、諸々の事情により公式HPが全く更新されておりません。特にライヴ情報に関し、対バンの方や企画者の方には深くお詫び申しあげます。管理人も、なるべく早期の復旧に努めておるようで、もうしばらくお待ち下さい。

尚、最新の情報は、My Spaceや当Blogに随時更新しますので、そちらを参照下さい。
1

2009/8/21 | 投稿者: komori

ずっと行きたかったゴーギャン展へ、行った。ずっと観たかった大作の「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は、やはり、特に、凄まじかった。一枚の絵に世界、宇宙、そのものが封じ込められてるというのは、どういうことなのか。音楽で言えば、1曲の中に、全てが。解説みたいなコーナーに書かれていた、ゴーギャン晩年の言葉が、その何たるかを、少し教えてくれた。そのまま引用する。「私はもはや言葉を絵では表現しません。私は文学的な手段に少しも頼らず、できるだけ単純な技法を用いて、暗示的な構図の中に私の夢を表現しようとしたのだから」これはやはり、音楽も、そういうものでなければならないと、思うが、どうしてこうも表現とは名ばかりに、説明的になりすぎてしまうのか。

と、思い詰めながら、その翌日は今度イベントに出てもらう「cojo」のライヴを観に、吉祥寺へ。その日、そこに、そんな、暗示的な音楽は、あった。田畑満さんも出てた。彼等の音は、大よそ文学的な手段とは、遠くかけ離れたものであって、身体がまず反応する。

狩生さん、田畑さん等の、この日のギタープレイを観て、新しいエフェクターが欲しくなった。
0




AutoPage最新お知らせ