壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/8/4 | 投稿者: komori

健康に気を使おうと、思う。ミック・ジャガーが、あの、ご老体にも関わらずパワフルなステージをこなせるのも、健康への気遣いの賜物だろう。灰野さんも、この前フジで観た頭脳警察も、一般的に言えばおじいちゃんという年齢なのに、あの激しいステージをこなせるのは、健康だからだ。基礎体力が違う。ロックは、その破滅的なイメージとは裏腹に、もっと健康的なものだと思う。じゃないと、でかい声も出ない。

そう心に決めて、明けた、朝、今、清々しい。

ところで、2日は、HOMEでライヴを行った。来てくれた方、CD買ってくれた方、どうも、ありがとう!

ここの所の演奏に顕著なのだが、非常に演奏に対し冷徹な俯瞰のようなものが、皆の中にある。それは無論必要なものであろうし、そのお陰で演奏と楽曲の完成度は以前に比べ格段と良くなってるとは思うのだが(といってもまだまだだけど)、要は頭が入りすぎているという懸念もある。力というか、肉体的な躍動の、欠如。それらは決してどちらに秤が傾いても、いけないものであるが。均衡を保たなければいけない。今まさに、その狭間で大きく揺れているような気がする。過渡期、か。


対バンしたkito-mizkumi rouberさんの新しいCDを聴いている。このバンドは、あぶらだこの構築的ではない、はみだした部分のみを抽出したかのような、いや、抽出すら出来なかったような、はみだしっ放しの、混沌としたわけのわからなさが、凄く人間味があって、温かく、大好きだ。いつまでも巨大な「?」を胸に抱え、音楽をやり続けたいと、思える、音だ。とても紳士的な方々で、佇まいも、憧れた。

そういえば、「あぶらだこ」は高校時代よく「青盤」を聴いていたっけ(「祝言」という曲、大好きだ!)。そんなバンドの方々と、今こうやって同じステージに立っている。ひとつ、ひとつ、夢や憧れが、叶っている。変わっていく。

時折、咲いている花にしか、目がいかない時がある。鮮やかさだけに目を奪われている自分がいる時がある。叶うということが、そんな風に思えることも、ある。
0




AutoPage最新お知らせ