壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/4/6 | 投稿者: komori


今週末4月10日は壊れかけのライブです。場所は高円寺の無力無善寺。この日はアメリカはシアトルからはるばるPWRFL POWERがやって来ます!PWRFL POWERこと野村君はどんな人かと言うと、My Spaceのプロフィール見れば分かるけど、クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーとのツアーやダニエル・ジョンストンとの共演も果たす、まさに広大なるアメリカの大地をたった一人で股にかける、本物のブルースメンなのです。思い起こすこと2年位前、壊れかけ結成後2回目のライブでUFO CLUBにて共演し、いつの日か再開を果たすことを約束したものです。そんで、その2年位の時間の中で、僕等はこうやって1stアルバム『聴こえる』を引っさげて野村君と再会出来るのは大変喜ばしいことです。ジョン・フェイヒーを彷彿とさせる圧倒的なアコースティック・ギターのテクニックと、シド・バレット張りのサイケデリア、またダニエル・ジョンストンやジョナサン・リッチマン張りの歌心も持ち合わせた彼のライブは必見!めったに見れなのでこの機会を逃すな!この日が凄く楽しみで、僕にとっては翌週のレコ発と一括りな(場所も同じ高円寺だし)、まさに前夜祭のような気分。

他共演のマーシャルの猫、利光雅之、バンド大悲(無善法師+ルイス稲毛)も必見!全部大好き。また野村君がシアトルから招いたCap Loriや、あと昨日知ったんだけどCAUCUSの柳川さんが弾き語りで出るとか、内容盛り沢山です。


昨日ふと気づいたら桜が満開だった。桜って、毎年なんだかいつ咲いたんだか分からない。いつの間にか咲いている。カフカ『変身』のグレゴール・ザムザのような、「朝起きたら虫になっていた」みたいな現象。綺麗だが、怪奇現象みたいで、不気味でもある。植物は、いつも僕等にとって魔法のようで、神秘的で、恐ろしくて、僕等はただただその圧倒的な現象の前に立ちすくんでしまう。けど、音楽を、お金貰って演奏するのは、そんな桜を見るよりも、お花見するよりも、素晴らしくなければいけないわけで、花や草なんてただで見れちゃんだから、それはとても大変なことなんだけど、でも僕は決して不可能なことではないと思う。桜には、負けない。


最近、機械に憧れている。自分はどちらかと言えば機械音痴な方なのだが、機械になれたらと思う。なぜなら機械には観念がないから。イメージもない。ただ、そこにあるものとしてしか、存在しない。存在ですらない、ただの物質。塊。それらの連なり。外因的な力は、ただ次の起動要因になるだけ。自らは何も発しない。そもそも自己がない。連なりと循環しかない。ベルトコンベアー。ぐるぐる回るだけ。そんな音が出せれば、そうすれば音楽から嘘がなくなるかもしれないから、機械に憧れるのはそのせいかも。
エレクトリック・ギターを弾くのではなく、それ自体になりたい。観念を突き破る音。
0




AutoPage最新お知らせ