壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
2009/1/2 | 投稿者: komori

どうも、明けましておめでとうございます。
今年はいよいよ、まもなく壊れかけのテープレコーダーズの1stアルバム発売。地下室で眠っていた歪な怪物達がもうじき皆さんの前に立ち現われます。巣立った彼等とまたいつか出会う時、どんな姿に形を変えているのか、とても楽しみ。

ジャケの絵も素晴らしいものが完成しました。もうじき公表します。曲が絵になるって、とても素敵なこと。もっといろいろ変身してくれたら、いいなと思う。

2月11日(水・祝)の秋葉原GOODMAN『都会の迷子さん』が先行発売となります。一般発売はその後。4月には壊れかけ主催でのレコ発も決定。こちら、出演者豪華です。(もう一部の出演者の方がHPにアップしているから気になる方は調べてみて)

クリックすると元のサイズで表示します

写真は干支に合わせピンク・フロイド『原始心母』。先日マスタリングの際、エンジニアの中村さんに、「渚にての柴山さんはピンク・フロイドが大好き」という情報を聞き、急に聴きたくなり久しぶりに『狂気』聴いたら、やはりこれは凄いと感動し、で、他のアルバムも聴きたくなってレコード棚を漁ったが、『狂気』以外何もない。あれ?そんな馬鹿な、と思ったら、そうだ、いつしか、「シド・バレッド在籍時以外のピンク・フロイドなんて聴いていられるか」と思い立ち、売りまくってしまっていたんだった。後悔。なんか一時期70年代のビッグヒットしたロック=悪という妄想に取り付かれてたんだった。だけど、なぜか一番そんな悪の標的だったはずの『狂気』だけ残ってた。でも今は70年代ロックが凄くぐっと来る。イーグルスとかね。

人の好みとかっていうのは当てにならない。どんなものでも、視線の角度や、心の開き具合で、どんな細部からでもおもしろさを引き出せるようになる。
0




AutoPage最新お知らせ