四十九日を終えて。。。  不思議なこと


昨日
実家の父の四十九日法要を
無事に済ませました

昨年夏からの
一喜一憂の日々や
お葬式前後の慌ただしさ等々

それらの様々な出来事を振り返ると
家族共々心穏やかに
忌明けの日を迎えることが
できたことが感謝です


それもまた
亡くなった父が見守ってくれていたことの
証であったことを思わせる
ちょっとした不思議がありました


法要当日の朝
届いた朝刊の県内版に
偶然実家の町の話題が載っていました↓
クリックすると元のサイズで表示します

「花井」という地名の由来についての記事です

実はこの記事の中に名前の出てくる
○○澄子さんは
父の姪 すまり私の従姉妹にあたる人で
この「花井」という場所は実家のすぐ近くなのです


この記事の話で盛り上がっていた私達に
母が「この本にも『花井』のことが
書いてあるよ」と
本棚から小冊子を取り出しました↓

クリックすると元のサイズで表示します

それを受け取った夫が
何気なく頁を開くと・・・

なんとそこに「大○○雄」と父の名が
あるではありませんか!↓

クリックすると元のサイズで表示します


まあ驚きました!

今日の朝刊に花井の記事が載っていなければ
この冊子を開くことはなかったし
ここに記された内容を語った頃の
在りし日の精力的な父の姿に
私達は思いを馳せることができたでしょうか


あの世にいった父は
今もまだここにいて
私達と一緒にいることを楽しんでいる・・・


そんな気がしました


クリックすると元のサイズで表示します
法要とお斎も無事に済ませて
実家を後にし大阪に向かうとき
少し回り道をして
父の生家の前を通りました

昔の東海道五十三次の宿場町の一つで
父の実家は炭などを扱う商家だったそうです


クリックすると元のサイズで表示します
高速道路を走っていると
西の空に美しい光の柱が見えました


翌日となる今日は
近くの神社に古いお札を納めにいきました

その神社の前の公園に・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
元気な元気な黒柴ちゃんがお散歩中!

目が合うとこちらに向かって走ってきて
元気いっぱいじゃれてくれました

亡くなった愛犬ムクにとても似ていたので
写真を撮らせてもらいました

名前をお聞きしたら
「オトです」

「そう・・オトちゃん・・可愛いね!」

ん。。。?

おとちゃん?

おと(う)ちゃん!?

?(@_@)?






4

青龍は東を守る  不思議なこと


今月の初め
お茶会で時々お見かけするある方から

「あんたにコレあげるワ
社中にもコピーしてあげて」と

藪から棒に1枚の絵をいただきました

縁起の良さそうな
龍の宝船の絵です


せっかくなので
コピーして社中の方にも分けて差し上げました

そして私は
自分の寝ている部屋の空いている壁に
両面テープで貼り付けました


下の写真↓の時計のすぐ左に貼りました

クリックすると元のサイズで表示します

しかし
両面テープの力が弱かったのか
貼ってから数日たつと
一部がハラリとはがれて落ちそうになりました

私は
両面テープの貼ってある箇所を上から
しっかり押さえつけましたが
数日たつと
また剥がれてきます


そこで今度は
周囲すべてにぐるりと両面テープを貼って
もう一度しっかり壁に貼り付けました


もうこれで大丈夫

と思っていたら
昨日の朝起きてみたら
この絵が忽然と
どこかに消えて無くなっていました!

六畳の部屋中どこを探しても見当たりません

龍が逃げた?

そんな馬鹿な・・・と思いつつ

もしかしたらと思って
部屋の隅の重い洋服ダンスを動かしてみたら。。。

なんと
ほんの2ミリほどの隙間に落ちていました


どうやってこんな狭いところに落ちたんだろうと
不思議に思いながら
ふと
あることに気づきました


そう言えば
この龍は青い顔をしています


確か
青龍は東の方角を守護してくれる龍神さまでした!


私が貼っていたのは
正反対の西方でした


青龍は
もしかしたら
東に行きたかったのかしら・・・?

そう考えて
夕べ東の方角に貼って寝ました

クリックすると元のサイズで表示します


そしたら
なんと夢の中に
青い玉が現われました


何か意味があるのかな。。。?

6

鶏の写真が撮れなかった訳  不思議なこと

石上神宮に行ったことは
昨日の記事に書きましたが

実はとても不思議なことがありました



石上神宮の境内には
多くの鶏が放し飼いにされています

この鶏たちは神の使いとも
言われています

昨日鳥居をくぐって足を踏み入れた時
境内には大勢の鶏たちが自由に遊び
人々が餌をやったり
カメラにおさめたりしていました

しかしその時は
何となく鶏の写真を撮ることが
憚られるような気持ちで
鶏を横目に見ながら通り過ぎました



そして
風格ある楼門をくぐり
ご祈祷の申し込みをしました


暫く待った後案内があり
拝殿に入って
ご祈祷をしていただきました


クリックすると元のサイズで表示します



その後は
境内を散策し
由緒ある摂社にもお詣りして
再び鶏たちの所へ戻って参りました

すると
鶏たちが声高らかに

コケー!コッコッコッ...
コケー!コッコッコッ...

と鳴き始めました


まるで「自分を見てくれー!」
と言わんばかりの勢いだったので

思わずカメラを鞄から取り出して
鶏たちに近付いて数枚写しました

するとその近くの
こんもりした木の陰にも
何かいる様子

近付いてみると
なんと
赤いとさかが美しい
茶色の大きな鶏が一羽
木の枝にとまっていました


とても珍しい光景だったので
その鶏さんも数枚写しました




ところが。。。


家に帰ってみると
旅行中に沢山とった他の写真はすべてあるのに

写したはずの鶏の写真が
どういうわけか一枚も無いのです!


カメラが壊れたのかな?と思い
室内でシャッターを押してみると
普通にとれました



いったいなぜ・・・?


夜になって床についても
そのことが気になって
なかなか寝付けませんでした


クリックすると元のサイズで表示します

一夜明け
今日は大阪のある場所で開かれた
お茶会へでかけました


そこに着くまでの道中
電車の中でスマホを取り出して

「石上神宮 鶏 写らない 神の使い」

こんなキーワードで
ずっと検索していたのですが
一向にその意味はわかりませんでした


ネット上には
他の人が撮った石上神宮の鶏の写真が
たくさん載っていました


私は招かれていなかったのだろうか。。。

前の晩に”鴨鍋”をつついてしまったのがいけなかったのか。。。


等など色々考えを巡らせつつ
何となくもやもやしていました



ところが
思いがけない展開で
その意味を教えていただくことができました


実は今日のお茶会の後の宴席で
偶然隣に座られた女性と雑談をしていたら・・・



なんとその方は
ご実家が神道の教会で
嫁ぎ先が尼崎の神社

当然ご主人は神主さんで
彼女自身も巫女さんとして
お務めされたこともあり
年末年始は御札の授与など
大変お忙しく過ごされたそうです


彼女に
「鶏の写真が撮れなかった」話をしてみました



すると彼女は即
このように言って下さいました



「それは
鶏が神様だったからですよ」


(私)「でも他の人にはちゃんと撮れてます・・」


「他の人にとってはただの鶏だから
撮れたんですよ
ハラダさんにとっては神様だから

神様はそれがあると思う人にはあるけど
無いと思う人には無いんですよ」


サラリと笑顔でこのように仰っていただき
昨日からのもやもやが
いっぺんにスッキリとしました


そして
なんという畏れ多くも有り難いことかと
あらためて
感謝の思いに満たされました
(-人-)
 



8

時間が消えました。。。  不思議なこと


昨日(2019/10/6)
不思議なことがありました

わたしの時間が
どういうわけか
15分間だけ
消えてしまいました


高台寺のお茶会に行って
最後に
「アンドロイド観音」の法話に
行こうとしていた時のできごとです

クリックすると元のサイズで表示します
この場所に着いた時
時計を見たら
2時20分でした

時計は
朝から正確に動いていました


ここで
三面大黒天という
珍しいお像にお参りしたのですが
隣でお守りなどを売っていたおじさんが
大変お話し好きな人で
同行のMさんと私に
この大黒様のすごさを熱っぽく語ってくれました


私は時々腕時計を見て
時間を気にしながら
おじさんの話に相づちを打っていました

というのは
3時から始まる
「アンドロイド観音」の法話を
聞きにいく予定だったからです


時間はどんどん過ぎていき
おじさんのお話は
とどまるところを知りません


ついに2時50分になってしまったので
私は
半ば強引に
「色々ありがとうございました!」と
挨拶してお話を打ち切って

Mさんを促して
足早にアンドロイド観音に向かいました

ところが着いてみると
入り口のドアに鍵が掛かっていて

Mさんが「もう3時すぎてます!」と
おっしゃるのです


「まさか」と思って
腕時計を見ると
まだ5分前の2時55分

ところが
Mさんの時計は3時10分を指しています

知らない間に
私の時計が15分遅れた?

というか
知らない間に15分
時間が先に進んでいた?!

私は頭が混乱しました


しかしありがたいことに
スタッフの方が
私たちに気づいて出て来て下さり

その方が同行のMさんの知人だったおかげで
中から鍵を開けて下さって

ちょうど法話の始まる直前に
会場内に入ることができました


クリックすると元のサイズで表示します



アンドロイド観音の法話を
聞いていた時間は
どれほどだったのでしょうか・・・


とにかく
私はその法話の最後には

こらえきれないほどの感謝の思いと
わけのわからない感情のほとばしりで

顔を両手でおおい
うずくまって
ぼろぼろと泣いていました


こんな特別な感覚になったことが
以前にもあったことを思い出しました


それは
後から考えると
「悟り」とか「覚醒」とか
言われているような体験の
一つの形だったような気がするのです


今回また
そのような経験ができたことを
私はとても感謝しています


それにしても
あの時3時をはさんで
15分という時間が
忽然と消えてしまったことが
不思議でなりません


クリックすると元のサイズで表示します
(2019/10/7 pm3:00)


時計の針は
とりあえずMさんの時計に合わせ
15分進めました


それから24時間以上たっていますが
時計は何事も無かったように
今も普通に時を刻んでいます






9

チャイを飲んでたら。。。  不思議なこと


クリックすると元のサイズで表示します
今日はお昼に
近所のスターバックスに行きました


昨日の朝から
少し夏バテ気味だったので


冷たい飲み物はやめて
熱いチャイを注文しました


窓の外を眺めながら
甘いチャイティーを飲んで
サンドイッチをほおばっていると。。。


どこからか
薄茶色の蝶か蛾のようなものが
飛んできて
頭の上をヒラヒラ舞っていたかと思ったら


なんと
食べかけのサンドイッチを持っている
私の左手のひとさし指に舞い降りてきて

ぴたりととまりました



思わず

「えっ?なんで?」

と小声で言ってしまいました


回りの人は誰も
そんなことに気づいていません



スマホを取り出して
写真を写したかったのですが

10秒ほどたつと

またヒラヒラと店内のどこかへ
飛んでいって見えなくなってしまいました


写真が無いので
はっきりとはわかりませんが

薄茶色で
目玉のような模様があったので


家に帰って検索してみたところ
ジャノメ蝶の一種だったみたいです

手にとまっている時は
とても静かな感じで
休んでいるようにも見えました


なんだかこの頃
不思議なことが色々続きます


6

利休梅の精  不思議なこと




クリックすると元のサイズで表示します
曙会懸釜直前の稽古場にて

利休梅の上に
くっきりと
白いオーブが写っていました

クリックすると元のサイズで表示します

オーブは
フラッシュの光が埃に反射して
できるものと説明されています

でも
写る時と写らない時があって

何かしら意味ありげな時に
写ることがよくあるのです


今日は
満開の利休梅の精が写ったのでしょうか・・・

それとも
千利休が降りてきてくれたのかもしれません。。。

ありがたいことです



6

ブラックホール合体!重力波  不思議なこと


クリックすると元のサイズで表示します

先日地下鉄の中で見つけた 

「ブラックホール合体!重力波」

という広告がとても気になって

昨日は
大阪市立科学館のプラネタリウムに行ってきました


実は
20年ほど前に
この世の真理がしりたくて
色々な本を片っ端から読んでいた頃

アインシュタインが
1916年にその存在を予言したという
「重力波」という言葉を知りました

ただ
その本が出版された頃は
まだその存在を証明することができていないと
その本には書かれていました


ところが
アインシュタインの予言から
ちょうど100年後の2015年

重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)により
世界で初めて重力波が直接観測されたのだそうです


そして翌年には

この重力波が
なんと30億年も前に
二つの巨大なブラックホールが衝突したことにより
発生したものだとわかったそうです


その重力波によって
空間のゆがみができたというのですが

その歪みの大きさはというと・・・


夜空に一段と明るく光っている
あの「シリウス」と地球との距離が

「髪の毛1本伸び縮みする程度」

なのだそうです~(*.*)~


なんだか
スケールが大きすぎて実感できませんが

この重力波の検出に対して
2017年にはノーベル賞が与えられたほどの
正に世紀の大発見だったらしいです


この宇宙は
「神(=創造主)が自らを知るために生まれた」
という説を
以前読んだことがあります


そうだとしたら
この壮大な宇宙の片隅の
太陽系第3惑星において

「神が自分自身を知る」
というプロセスが
一つの完成に向けて
いよいよ盛んに
進行しているような気がしてきました


そんな時代に
この地球で生きていることが
なんだかとても嬉しくて
ワクワクしてきました!


















5

ムカデと蜂  不思議なこと


たしか
昨年の夏の終わりごろだったと思います

家の玄関に
体長10センチほどのムカデが
死んでいました

普段
ムカデを見ることは
めったにありません


60年間生きてきて
ムカデを見たのは
数えるほどしかありません

しかも10センチクラスの大きなムカデは
生まれて初めてと言ってもいいくらいです

とてもびっくりしました

死んでいるとわかっても
とても恐かったです


もしこれが生きていたら
大変なことになっていたと思います

誰も刺されることもなくすんで
何はともあれ良かった・・・と
胸をなでおろしつつ

なんだか
何かに守られていたような気がして
感謝しながら
ムカデの死骸を葬りました



そして
そのことはすっかり忘れていたのですが

今日今度は
今まで見たこともない
体長4センチほどの大きな蜂(スズメバチ)が

なんと
台所のシンクの前にころがっていました


クリックすると元のサイズで表示します

いつ家に入ってきたのか・・・

そしてなぜ
台所の私の立つ場所で
死んでいるのか・・・

恐る恐る
ティッシュの上に乗せながら

ふとその時

去年のムカデのことを
思い出しました


またしても
何者かが私を救ってくれた・・・!


そんな気持ちがしました


蜂は土の中に埋め
感謝の思いで手を合わせました



さて
『ムカデと蜂』と言えば・・・


「古事記」にある
オオクニヌシノミコトがスサノオノミコトから受けた
試練を思い出します


オオクニヌシはスサノオから
ムカデと蜂のいる部屋に入れられますが

スサノオの娘スセリヒメに助けられ
無事にその部屋から出ることができました


その後も
試練は続きますが

その度にスセリヒメの助けを借りて
数々の試練を乗り越え

ついに
オオクニヌシは出雲に帰り
スセリヒメを妻にして
新しい国造りを始めるのです



そんな神話を思い出しながら

ムカデと蜂との遭遇は
私にとって
どんな意味があるのかなあと

なんだか
不思議な気持ちになりました



人生の一つのサイクルが一巡し
何かまた
新たなステージが始まることを
伝えてくれているような・・・



いずれにしても
ムカデにも蜂にもさされなくて
本当に良かったです。。。(^人^)




7




AutoPage最新お知らせ