開会式が終わった夢  


クリックすると元のサイズで表示します

何かの開会式が終わって
すっかり日が暮れて
たくさんの人が戻ってくる
といった映像を見ていました

暗いけれども
みんなとてもほっとした感じで
歩いていました

それぞれ家族のような親しい人と
一緒に歩いているような人達も見えました

そして
音楽が鳴っていました


ゆったりとしていて
とても開放的なメロディーでした

目が覚めてから
五線譜に書いてみました


どこかで聞いたことのあるような
メロディーでしたが
何の曲かなのかはわかりません


華やかな開会式が静かに終わって
「これから何かが始めるんだ」と
いう予感がしました


それが何なのかは
やはりわかりませんが
とにかく「よかったね。。。」みたいな
何だかとても安堵感に包まれていた感覚が
目覚めてからも残っていました


4

父の夢  

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は早朝に一度目が覚めた後
もう一度うとうととしていたら
父の夢を見ました

橋の上のような所に父がいて
私が「ただいま〜!」と言うと
「おうっ!」と
うれしそうにこちらに歩いてきました

父の歯がものすごく白くて綺麗だったのが
印象的でした

父と握手をした後
私は何かの会合が行われる会議場みたいな
所へ向かって急いで行きました


そしてエレベーターに乗ったところで
夢は終わってしまいました


とにかく
父がとても元気そうで
なんだかほっとしました




4

父とムクの夢  


クリックすると元のサイズで表示します

父が亡くなって2ヶ月が経ちました

父が存命中は
ほとんど父の夢を見た記憶がありません

ところがなんと
夕べは父が夢に現われました


私は実家の前の道に
布団を敷いて寝ていました


なんだかとても疲れていました


私は普段あまり疲れないのですが
夢の中ではよく疲れて
ふらふらになっていることがあります(^_^;)


そしてふと見ると
坂の向こうから
二匹の犬がやってきます


その瞬間
「ムクだ!」とわかりました
(左の犬です)


ムクは喜んで私の所まで来ました


「やっぱりやっぱり
ムクは生きていたんだね〜!」


夢の中でムクに会う度に
毎回こう思うのです


右側の犬は
実家で最後に飼っていた
雑種犬の「ノコ」のようでした


父はたいそう「ノコ」を可愛がっていて
散歩に連れていくのはいつも父の仕事でした


そして夢の中で
二匹の後ろからゆっくりと坂を上がってきたのは
間違いなく父でした


父が犬たちを散歩させていたというより
犬たちが父を連れてきてれたような気がしました


夢はこれだけです


短い夢でしたが
目覚めた時とても幸せな気持ちがしました




6

夢「着いた・・」  

今朝起きたら
少し自律神経が不調で
朝食がどうしても食べられなかったのですが
身体を動かしているうちに
治ってきました

それでも夕方になって
身体を休めたくなったので
横になりました


その時に見た夢です

クリックすると元のサイズで表示します

どこかから
飛行機のような乗り物で移動して
この場所に「着いた」

という夢です


この場所は
以前いた場所によく似ているけれど
どこか少し様子が違うなと思いました


これからしばらくここに滞在するのだなと
思いました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は昔からよく
「今から帰る」という夢を繰り返し見たので

「着いた」という夢は珍しいなあと思い
ブログに書いてみました





5

二つの太陽  


明け方
久しぶりに不思議な夢を見ました

クリックすると元のサイズで表示します



子供の頃の妹が赤い原付に乗って
左の山の方へ帰っていきました


左の山の上では
バスケットボールの試合が行われていることを
私は知っていましたが
自分はもうそこへは行かないだろうと
思っていました


ゲームの終わった選手達が
次々に下山してくるようでした


山へいく途中には
道に雪が残っていて
氷の浮いた川が流れていましたが
妹の原付がそこを勢いよく走りぬけていくのを
私は立ち止まり見送っていました



ふと見ると
右側の遠くの山から
朝日が昇ってきました

不思議なことに
太陽は二つ昇ってきました



その瞬間
場面が変わって。。。


クリックすると元のサイズで表示します

地球かな?

と思った瞬間

それはすーっと小さくなって
あっという間に消えてしまいました


そこで目が覚めました

起きてからも
なんだか気になったので
ブログに書いてみました

5

思いがけない吉夢!?  


普段は
あまり夢を見ない(覚えていない)のですが
年に数回ほど
妙な夢を見ることがあります

今朝は
そんな夢
しかも
ちょっと怖い夢を見て
目が覚めました


とても衝撃的な夢だったので
気になって調べてみると・・・

なんと!

それは
代表的な吉夢のようなのです



どんな夢かというと・・・

”火事とお葬式の夢”

・・・・・

私は自転車に乗って家に帰ろうとしていました

すると突然
小さな広場の草むらから火が出て
あっという間に高い炎が
勢いよくあがり
私は自転車から飛び降りました


すると
その草むらで遊んでいた
二人の見知らぬ男の子に
火が燃え移り
私は大急ぎでその炎を手で押さえて消して
男の子をその場に寝かせて
近くの公衆電話に走って
「119」を押しました

電話はすぐにつながりましたが
私が火事のことをいくら説明しても
電話口の人は「大丈夫ですよ〜」と
穏やかな口調で繰り返すばかりで
一向に埒があきません

しかたがないので
もう一度
火事の現場に戻ってみると
火はすっかり消えていましたが

その広場にある小さな町工場に
大きく「忌」という字が書いてあり
私は
さっきの男の子が死んでしまったとわかり
驚いて目が覚めたのです・・・・・


目覚めてしばらくは
何ともいえない気分で
なぜ
こんな夢を見たんだろうと
とても気になりました


ところが
調べてみると

火事の夢は
吉凶に分かれるとはいうものの

私の見た”勢いよく燃える夢”は
繁栄を表す吉夢なのだそうです

また
見知らぬ子どもが死ぬ夢
お葬式の夢も

普通は不吉な夢かと思うのですが
実はいずれも
思いがけない幸運や
新たな出発や再生を表す
代表的な吉夢らしいのです


実は
今日は
自宅の玄関ドアを
新しい引き戸に
取り換える工事をする日なのです

クリックすると元のサイズで表示します

このブログを書いている正に今
古いドアが撤去され
新しい戸に付け替えられています

20年間
我が家を守ってくれたドアに
そっと
「ありがとう お疲れ様」と
声をかけて
お別れしました


クリックすると元のサイズで表示します


そして
夕方4時ごろ
新しい玄関戸の取り付け工事が
終わりました

クリックすると元のサイズで表示します

新しい玄関から
新たな美しい光と風を
招き入れたいと思います
*(^人^)*

















5

ムクの命日  


愛犬のムクが亡くなって
早5年になります

先週の4月9日が命日でしたが
ちょうどその頃
ムクの夢を2回も見ました


夢の中で
ムクは相変わらず
元気に動き回っていました

きっと
会いに来てくれたのだと思います


今日は
ムクのいる動物霊園に出かけました



クリックすると元のサイズで表示します

桜はもうほとんど散っていましたが
ちょうど命日の頃は満開だったはずです

何年たっても
ムクのことを思い出すと
涙がこみあげてきます



クリックすると元のサイズで表示します
近くの竹林にタケノコが
たくさん顔を出していました

3

久しぶりに飛びました  

今朝がた
久しぶりに
重力の無い感覚を
楽しみました


寝ている時の「夢」の話です


初めて
「飛ぶ」感覚を知ったのは
小学生の時に見た夢の中でした



私はランドセルを背負っていて
道にできた大きな水たまりを
飛び越えようとして
ジャンプしたんです


そしたら
ふわっと体が浮いて
数メートルそのままの状態で
移動できました


「な〜んだ・・・飛べたのか」


その時

自分が飛べるということに
夢の中で
初めて気づいて
びっくりしました


その後も
時々「飛ぶ夢」を見ることがありました


大人になるにつれて
「飛ぶ夢」を見ることは少なくなってはきましたが
それでも
忘れたころにまた見て

飛び方もだんだんコツをつかんできまして
最近では
夢の中で飛んでも
あまり驚かなくなりました


今朝の明け方に見た夢は
どこかの学校の中でした


階段があるのですが
そこをいちいち歩いて上らずに

上の階へ行こうと意識すると
ふわっと体が浮いて
10メートルほど上まで
簡単に飛んでいくことができました

私は夢の中で
階段を
下りたり上がったり
自由自在に飛び回っていました・・・・・





目が覚めてみると
今朝は
地球の重力が
いつも以上に重たく感じてしまいました

4




AutoPage最新お知らせ