百観音と事任八幡宮  聖地


クリックすると元のサイズで表示します
静岡県掛川の山中に
ひっそり3軒だけの旅館が佇む
くらみ温泉という場所に行きました



クリックすると元のサイズで表示します
旅館のすぐ近くに
百観音山と呼ばれている山がありました

ここには名前の通り
百体を超える観音像が祀られていると
宿の方からお聞きし

一泊した翌朝
登ってみることにしました

クリックすると元のサイズで表示します
ウグイスの声がケキョケキョ・・・と聞こえたかと思えば
どこかでホトトギスも鳴いています

クリックすると元のサイズで表示します
教えられた通りに20分ほど歩いて
山道をのぼっていくと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
静かな山中に
大勢の観音様がひっそりと祀られていました


日清戦争の時に出征兵士たちの無事を祈願して
観音像が刻まれたのが始まりだったそうですが

第二次大戦以降
その存在は人々に忘れ去られていたそうです

それをこちらの宿のご主人が
狩りの途中で偶然発見され
地元の方々の協力よって再生されたのだそうです

その再生にあたっては
数々の不思議な偶然が重なって
何か大いなる力に動かされて
成就したということが
宿の部屋に置かれていた本に記されていました


特に永平寺の高僧の方が
たまたまお泊まりになったご縁が
大きな力になったとのことですが

実は今回の旅に出る直前に
私は永平寺のお念珠を人からいただき
それを身につけて旅をしていたのも
何だか不思議な偶然でした




百観音山を下り
宿に戻って朝食をいただき
十時にチェックアウトをした後

次はそこから車でほんの10分ほどの所に
事任(ことのまま)八幡宮という神社が
あることを知って
行ってみることにしました


この神社は
「ことのまま明神いとたのもし」と
『枕草子』にも登場したほどの
願いがことのままかなう
言霊の社なのだそうです



クリックすると元のサイズで表示します
拝殿前の鳥居

事任八幡宮の主祭神は
己等乃麻知比売命(ことのまちひめのみこと)

言の葉で事をとりもつ神様だそうです


クリックすると元のサイズで表示します
奥宮入り口

ここから階段271段を上ります

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地元の人と見られる親子が
お社のまわりに置かれた
白い石を布で磨いていました

何をしているのかお尋ねしたら

1つ目の石は神様に感謝して磨き
2つ目の石はまわりの人に感謝して磨き
3つ目の石は自分の願い事をこめて磨くのですと

教えて下さいました

私もさっそくハンカチを出して
3つの石を磨き

ここに導かれたことを感謝しつつ
心に浮かぶ願いを神様に祈りました

14

貴船・鞍馬  聖地


京都洛北の霊場
貴船神社と鞍馬寺を訪れ
その自然から生気をいただくと共に
地球と日本の再生・甦りを
祈って参りました

貴船神社には
高龗神(たかおかみのかみ)という神様が
祀られているといいます

伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の御子神(みこがみ)
なのだそうです

また

鞍馬寺には
650万年前に金星から降臨した魔王が
祀られていると伝えられています


どちらも
とてもスケールの大きい霊場と思われます


よろしければ
写真からパワーを感じていただき
共に
地球と日本の再生をお祈り下さいませ


本当は自宅から貴船まで
歩いて行きたかったのですが
ちょっと自信がなかったので
叡山電鉄で木野駅で降りて
貴船に向かいました



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
お宿に到着

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
翌朝6:30

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
奥宮 


一旦宿へ戻り朝食を頂いた後
鞍馬寺へ向かいます

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
鞍馬寺 奥の院


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
大杉権現社跡

樹齢1000年という護法魔王尊影向の杉が祀られていた場所

平成30年の台風で倒壊してしまったのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所 洗心亭

クリックすると元のサイズで表示します
抹茶アイス最中

最後までご高覧いただき
ありがとうございました

5

GO TO EHO!第2弾⇒天川  聖地


先週急に思い立って週末に
奈良県吉野郡天川村にある
天河大辨財天社
行ってきました

天川村は先日GO TO EHO!で歩いていった
南南東の橿原市のさらに先に位置しています

とは言っても
今回は歩いて行くのはあまりに大変なので
車で向かいました

天河神社に初めて行ったのは
今から20年以上前です

その頃に比べて
断然道路が整備されて危険な場所も無くなり
今では3時間も車を走らせれば
着けるようになりました

お昼少し前に家を出て
午後3時頃に到着

クリックすると元のサイズで表示します

ここへ来ると
何だか特別な空気を感じて心が落ち着きます



クリックすると元のサイズで表示します
今回のお宿

天川村には何度も訪れてはいますが
宿泊するのはまだ4回目です

何となく毎回違う宿に泊まっているのですが
どのお宿も温かみのあるもてなしを
してくださり心身ともに癒やされます


クリックすると元のサイズで表示します
本来は修験者の方が
修行の疲れを癒やすために
泊まられる宿です

なんだか申し訳ないですが
まあ日々の営みも
ある意味では「修行」かもしれないかな。。。?


クリックすると元のサイズで表示します
縁起のよい欄間がうれしいです


クリックすると元のサイズで表示します
夜は満天の星に感激!

私の大好きな”オリオン座”と”冬の大三角形”

”シリウス”が明るく輝いています

(カメラがブレてしまいました)


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは
龍泉寺の燈花会

本来は9月に行われる行事らしいです

なぜ今この時期にされていたのか
理由はわかりませんが
人はほとんど出ていなくて
しんとした空気の中
池に浮かんた無数の灯りが
静かにゆらめいていました

燈花会のことは
何も知らなかったのですが
宿の方が
「良かったら今夜行かれたら綺麗ですよ」と
勧めて下さったので
夕食の後に散歩に出て
思ってもいなかった素晴らしい光景に出会えて
感動しました


正にこちらは「地」の”星”のようでした

「天」「地」そして「人」である私。。。

なんだか宇宙の沢山の存在に
見守られているような気がしました


クリックすると元のサイズで表示します
翌朝のお日様


クリックすると元のサイズで表示します
山の中腹に
白い鳥たちが綺麗に並んでいました


クリックすると元のサイズで表示します
天河大辨財天社


クリックすると元のサイズで表示します
これまで何度も訪れているのに
ここにお稲荷さんが祀られていることを
今回初めて気づきました

お稲荷さんは
子供の頃から「商売の神様」としか
聞いていなかったので
何となく自分にはあまり関係無い
神様のような気がして
敬遠していました


しかし昨年
本願寺で一人のお婆さんに出会ったことを
きっかけに
お稲荷さんにまつわる不思議な言い伝えに
興味が湧いてきて
それ以降稲荷社を見つけたら
必ずお参りをさせていただくようになりました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
境内に三つある天石のうちの一つ

以前スピリチュアルツアーで
ここに来た時に
この石はとてもエネルギーが高いということを
教えていただきました





4

石清水八幡宮  聖地


今年は2月3日が立春になるために
節分は去年や一昨年より一日早く
2月2日になるそうですね

なんでも
2月2日が節分になるのは
明治30年(1897年)以来
「124年ぶり」なんだそうです

そんなことを聞くと
何だかいつも以上に
特別な『新しい春』が訪れるような
ワクワクした気分になりますね


というわけで
今日は石清水八幡宮に出かけて
節分のお祓いをしていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
「カアー カアー カアー カアー!!」


クリックすると元のサイズで表示します
今日もカラスさんの元気なお出迎え
ありがとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します

離れて暮らしている息子達家族の
健康と幸せを祈って
『家内安全』のご祈願をさせていただきました



クリックすると元のサイズで表示します

(^人^)




5

熱田神宮  聖地


秋分の日の本日
名古屋の実家に出かけたその帰りに
熱田神宮に参りました

クリックすると元のサイズで表示します

私と夫は共に愛知県出身で
熱田の神様の御前で契りを交わして
今年は40年の節目の年となります

今日は
これまでの神恩感謝と
これから先のご加護を祈願するために参拝いたしました


クリックすると元のサイズで表示します

鳥居をくぐって
境内を歩いていると

突然
左手の人差し指の指先に
ピリピリッと小さな電気が走るような感じがしました


それがだんだんと強くなってきて
痛くはないのですが
どちらかというと心地よい不思議な感覚でした



クリックすると元のサイズで表示します

子供の頃は
七五三参りや毎年の初詣には
いつも熱田さんにお参りしていましたが

結婚して以降は
一度も来ていなかったような気がします



クリックすると元のサイズで表示します

本宮でお参りした後
祈祷殿にて御祈祷をしていただきました
(-人-)



7

水間観音  聖地


大阪府貝塚市にある温泉にいってきました

その近くに
「水間観音」の通称で知られる
「龍谷山 水間寺」という名刹があります

クリックすると元のサイズで表示します

そのご本尊である「聖観世音菩薩」が
出現されたと伝えられる
「降臨の瀧」という場所に行って参りました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

聖武天皇が四十二才の時
ご病気がなかなかご平癒になられなかったその時
「この奈良の都より西南の方角にあたって
観世音菩薩がご出現なされる
という夢のお告げがあり
行基菩薩がこの仏像を探すことを命ぜられました

行基菩薩が奈良の地を発たれ
西南方の地を歩かれ
到達したのがこの水間の地でありました


当時この地は
霊峰葛城の峯よりこんこんと流れる水の間に巨岩があり
原始林に囲まれた神域でした


このとき突然「十六人の童子」が出現し
誘うともなく行基菩薩を谷間に導きました


そこには
この谷間の美しい水の流れる巨岩の上に
白髪の老人がおり
手に一体の仏様を捧げ
「汝を待つこと久し」と言って
その尊像を行基菩薩に手渡し

自分は龍となって昇天したと
由来記に記されているそうです


その仏様は
一寸八分(約6cm)の聖観世音菩薩で
天皇に捧げたところ病は全快され

勅命により現地に水間寺が建立され
今日までご本尊として祀られているとのことです



《参考:水間寺の由来


こういった霊験あらたかなお話は
神仏にまつわる場所では
あらゆる所に存在しています


とは言え
どこまで真実として信じたらよいのか
本当のところは誰にもわからないのです


でも
何となく信じたくもなります

そして
自分もそのお力にすがりたいと
誰しも思うのではないでしょうか


現代の科学的では証明できないにしても

神様や仏様
そしてご先祖様

そういった目に見えない存在が
あるからこそ

実際には不思議な出来事が
小さなことから大きな事まで
色々起こっているのだと
私は考えています


そして
こういった不思議な言い伝えや神話などを
もう少し現実的にまた統一論的に受け入れたいと
長い間ずっと思い続けてきました


そのようなことを
漠然と願ってきた私ですが

最近ではこのようなことを
動画やブログで発信している人々の情報を得て
自分の中で一つの信念が強くなっています


それは
私達の物質的次元では視覚的に
とらえることはできない
《魂》レベルとしての存在が
宇宙には数限りなく存在していて

太古の昔から地球を見守り

また現在地球人として生きている私達を
サポートしてくれているというという考えです



もちろん
こういった類いの話は
立証することはできないでしょうし
自分以外の誰かに押しつけるものでもありません


でもだからこそ
一人一人どう考えたとしても
本来は自由なのだと思います


こんなことを
あらためて考えさせてくれて

ブログに書いてみる気持ちにさせてくれた
今回の観音様との出会いに
感謝しています




7

二之宮神社  聖地


今朝
目覚める直前に
変わった夢を見ました


私はどこかの神社の鳥居の辺りにいました

突然何とグーグルマップが目の前に現われて
青い丸が点滅している場所を何となく眺めていました・・・



そこで目が覚めて
まだぼんやりした頭で考えていたら
その場所は京阪樟葉駅の斜め左下の位置で
二之宮神社のある所だ!と気づきました


私の住んでいる枚方市は
昔は河内國と呼ばれ

その一之宮(片埜神社)と三之宮神社には度々お参りにいくのですが
家から一番近い場所にある二之宮神社には
なぜかあまり足が向かず
これまで数えるほどしかお参りに行っていませんでした


そのことが無意識に気になって
こんな夢をみたのでしょうか。。。


というわけで
今日は二之宮神社にお参りに行きました

家から車で10分もあれば行けます


前に行った時は
確か駐車場が無かったな・・と思って出かけたら
すぐ裏の公園の近くに小さなパーキングができていました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

境内に入ると
ここでもまた突然ウグイスのさえずりが聞こえました

それは嬉しかったのですが
近くの工事現場から耳障りな音が連続的に聞こえて・・・

神聖なものと今の荒々しい世情とが
ぶつかりあっているように感じられ
なんだか複雑な気持ちになりました

↓音量お気を付けてお聞きくださいm(_ _)m


クリックすると元のサイズで表示します
二宮稲荷明神




クリックすると元のサイズで表示します
皇大神宮


5

比叡山  聖地


クリックすると元のサイズで表示します
40回目の結婚記念日を二人で祝うために
昨日より琵琶湖畔に行っておりました


そしてタイミングの良いことに
しばらく拝観を停止していた比叡山延暦寺が
日曜日から拝観できるようになったと知って
帰りにお参りに行ってきました


まずは横川地域から

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
横川中堂


クリックすると元のサイズで表示します
奥比叡ドライブウェイから眺めた琵琶湖



西塔地域 釈迦堂


クリックすると元のサイズで表示します
「人間に生まれたことを喜ぶ人は此の世から極楽である」
(恵心僧都)


最後に東塔地域へ向かいました

クリックすると元のサイズで表示します
「一隅を照らそう」

私の好きな言葉の一つです


クリックすると元のサイズで表示します

総本堂 根本中堂は十年をかけた
大改修をしていました 


クリックすると元のサイズで表示します

「国宝とは何物ぞ
宝とは道心なり
道心ある人を名づけて国宝と為す」

3

樟葉宮  聖地



枚方市にある
交野天神社の後方北東境内地に

「樟葉宮跡」と伝えられる場所があります

古墳時代の天皇である
第26代継体天皇がこの地で即位し
5年ほど宮を営んだと言われます


今日は5月23日

空にはもう夏の雲が浮かび
紫外線が気になって早くも日傘が必要な日でしたが

樟葉宮では
今日もまたウグイスが透き通るような声で
鳴いていました


ウグイスの声は
自宅でもまだ時折聞こえてきます


そして
今年は行く先々で
偶然とは思えない確率で(ほぼ100パーセント)
ウグイスのさえずりを耳にするのです



これほどまで頻繁になると

もしかしたら宇宙の高次の存在が
ウグイスの姿を借りて
見守ってくれているのでは?と
そんな想像を巡らしたくもなってしまいます


3

お東さんからお稲荷さんへ  聖地


クリックすると元のサイズで表示します
義父が穏やかに旅立ってから
早いもので
2ヶ月が過ぎました

今日は本山である
京都の東本願寺に夫とお参りに行きました


阿弥陀堂と御影堂にお参りをした後
御影堂門の側を通りかかった時のことです

クリックすると元のサイズで表示します

一人のお婆さんが
丸太の腰掛けに座って休んでいました


目が合うと
突然私に話しかけてきました


初めは何を仰っているのかよくわからなかったのですが
よくよく聞いてみると・・・

さっきコンビニで買った小さなお寿司を
ここに座って食べていたら
「ここで物を食べないで下さい」と
誰かに言われたそうで
その言い方に対して大層ご立腹のようでした


もう少し優しく
「ゴミは持ち帰ってくださいね・・・」
とか言えないのか!
この寺はやり方が下手だ・・云々


私に話しかけているようなので
私は「うん うん・・・」とうなずいて
話を聞いていたのですが
あまりその話を繰り返されるので

「きっと仏様は全部見てらっしゃいますから
大丈夫ですよ」と

思わす彼女に言いました

すると彼女が突然真顔になって
ある話を始めました


それは
今から40年程前のこと

お金に大変困っていて
どの銀行からも融資を断られて失意の中にいた時
夢に伏見稲荷の神様?が現われたので
不思議に思い

わらをもつかむ思いで
伏見稲荷に信仰の篤いと聞いていた
あるお金持ちの方のもとを訪ねたそうです

すると
その家の奥さんがある銀行を紹介して下さり
融資を受けることができて救われたという話でした

その後
どうして自分のような「チンピラ」(とおっしゃいました)で
たいした賽銭も払っていない者が
救ってもらえたのか不思議で
伏見稲荷の宮司さんに聞いたことがあるそうです

そしたら
「あなたが無欲の人だからですよ」と言われたそうです


そして私に
「伏見稲荷に行ったことがある?」とたずねたので

「随分前に一度行ったきりです」と答えると

「行くといいよ」
と優しく仰いました


「いいお話をありがとうございました」と言って
彼女のもとを去る時には
つい先ほどまでの憤怒の形相が
いつの間にか
柔和な笑顔に変わっていました


伏見稲荷さんは
いつも大勢の観光客であふれかえっていて
何となく行く気がしなかったのですが

お婆さん(85歳と仰っていました)の話が気になったので
伏見稲荷に電話をしてみましたら
参拝客は今日も受け入れており
駐車場も使えるとのこと


帰り道に立ち寄ることにしました


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ今日ここ稲荷山に導かれたのか
その訳はわかりません

でも
本殿でお参りし
千本鳥居をくぐっていくと

またここでもウグイスの声が・・・


ウグイスのさえずりを聞きながら
ここに導かれたことに感謝し
『家内安全』と『世界平和』を
祈りました

(ー人ー)


今日は
奥社遙拝所まで進み
その先は行かずに帰ってきましたが

また近いうちに
稲荷山を上まで登ってみたくなりました



3

信濃路「松本にて」  聖地


注:この記事は旅から帰宅後、後日自宅で書いています


クリックすると元のサイズで表示します
善光寺

誰もいない広いご本堂で手を合わせ
心静かに祈りました


しばらく祈った後
その場を立ち去ろうとしたその時
突然鐘の音が鳴り響き
僧侶の方々の読経が始まりました



静寂の中
荘厳に響く読経の声を聞いていたら
なぜか涙がこみあげてきました



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
桜が満開の上田城


クリックすると元のサイズで表示します
何か物言いたげなカラス



クリックすると元のサイズで表示します
四柱神社(よはしらじんじゃ)

クリックすると元のサイズで表示します

・天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
神話に最初に出てくる神様

・高皇産霊神(タカミムスビノカミ)
神話に2番目に出てくる神様

・神皇産霊神(カミムスビノカミ)
神話に3番目に出てくる神様

・天照大神(アマテラスオオミカミ)
上の「造化の三神」の御神意を地上に顕現される神様

要するに
日本神話において
この宇宙を生み出した根元の神々が
祀られているのです

ここでもしっかりと
祈りを捧げてきました


クリックすると元のサイズで表示します
境内に大勢集まって
思い思いにくつろいだり
せっせと何かをついばんだり・・・・


クリックすると元のサイズで表示します
松本城を仲良く散策するハトさん


クリックすると元のサイズで表示します
人間界で何が起きていようと
自然は変わらずに
巡り来る季節の歓びを称えています


8

信濃路「戸隠神社」  聖地

注:この記事は旅から帰宅後、後日自宅で書いています

クリックすると元のサイズで表示します

長野県にある戸隠神社は
霊山・戸隠山の麓に
奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる
創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です


その起こりは
遠い神世の昔「天の岩戸」が飛来し
現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し
祭神は「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々が
お祀りされています
(以上戸隠神社HPより


4月14日
冬の間閉山されていた奥社が開山し
奥社と九頭龍社にお参りできることになりました

天照大神が天の岩屋にお隠れになった時
無双の神力をもって天の岩戸を開き
天照大神をお導きになった

天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)が
祀られている「奥社」に
祈りを届けよう・・・


クリックすると元のサイズで表示します
自宅から車で約6時間

ようやく戸隠神社「奥社」の入り口に到着


クリックすると元のサイズで表示します
まだ雪が残っていました

クリックすると元のサイズで表示します
熊が出没するらしいので
リュックにカウベルをつけて歩きました


クリックすると元のサイズで表示します
随神門


クリックすると元のサイズで表示します
500メートルにわたって続く杉並木


クリックすると元のサイズで表示します
やがて
行く手は一面雪に覆われていき
凍っていて足下がかなりすべります



クリックすると元のサイズで表示します
途中で拾った木の枝を杖にして
一歩ずつ慎重に上っていきました


クリックすると元のサイズで表示します
奥社に着きました


「どうか天の岩戸を開けて下さい」



クリックすると元のサイズで表示します
奥社の隣に「九頭龍社」がありました

雪囲いがしてありました


帰りは少々力尽きて
2回ほど尻餅をつきながら
ドロドロになって宿にたどり着きました


クリックすると元のサイズで表示します

翌日「中社」「宝光社」「火之御子社」にお参りし
熊に出会うことも無く
無事に「五社参拝」を果たすことができました

クリックすると元のサイズで表示します
8

九頭竜大社  聖地


昨日は無事に
4周年記念クレモナ・コンサートが終わりました

そして
今日はピアノのレッスン・・・
のはずだったのですが
この度の世情により
今月いっぱいレッスンは休講

抜けるような青空を見上げて
先日来気になっていた
京都八瀬にある
「九頭竜大社」へ行ってみようと
思い立って出かけてきました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
九頭竜大社には
本殿を9回まわってお千度をする
独特の参拝方法があるそうです

社務所で丁寧に説明をお聞きして
教えられた通りにお千度いたしました

実は今日ここへお参りしたのには
ちょっと心配事があったからです


その心配事がご加護によって
消えていきますように
お祈りをしながら
本殿の周りを9回まわりました


クリックすると元のサイズで表示します

お千度の後には
ここでご霊水をいただきました


平日にもかかわらず
参拝の人びとが途切れることなく訪れ
それぞれの願い事を胸に
お千度をしていました



6

地龍大明神  聖地


一昨日(2020年3月19日)
午前10時25分頃
自宅の2階でパソコンの前に座っていたら
グラッと小さな揺れを感じました

地震・・・


咄嗟に立ち上がって
しばらくじっとして様子をうかがっていましたが
それ以上揺れることはなかったので
ほっとして
再びパソコンに向かって
「地震速報」を検索してみました


すると

大阪府北部(北緯34.9度、東経135.6度)
震源の深さ 約10km
地震の規模(マグニチュード)2.6


と出ていました

その震源地はどこかと
緯度と経度をグーグルマップで調べてみると

そこに「地龍大明神」と
小さく書かれた文字が
目に飛び込んできました


あらためて「地龍大明神」を
検索してみると
思いがけないことがわかりました


2年前の6月に
ここ枚方や高槻に起きた
マグニチュード6の大阪北部地震の震源地も
同じくこの地龍大明神のあたりだったのです


なんだか
とても気になりました

今日は
車でその「地龍大明神」まで
行ってみることにしました

クリックすると元のサイズで表示します

カーナビの案内で
ここまで来ましたが
車では画面左奥へ進入することができず
車を停められる場所まで
もう少し先へ移動しました


クリックすると元のサイズで表示します
少し先に
「八阪神社」というお宮があり
その前に車を停めて
まずはこちらにお詣り


クリックすると元のサイズで表示します
桜がほん少し咲き始めていて
どこからかうぐいすの声が聞こえました


クリックすると元のサイズで表示します
さっきの所まで歩いて戻り
奥へと入っていくと
すぐに赤い鳥居が見えてきました



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

どなたがお掃除されたのでしょう

あたりは綺麗に掃き清められていて

青々とした榊と
白い器にはお水がたっぷり供えられていました


龍はとてもお水が好きなんだそうです

すぐ側には小さな川が流れ
清らかな光の中で
地龍大明神様は
ひっそりとお祀りされていました




7

東本願寺  聖地


クリックすると元のサイズで表示します

今日は京都の錦市場へ
お茶事のための買い物に出かけたのですが
その帰りに
東本願寺に立ち寄りました


先日23日の深夜
夫の父が
満九十歳で永眠いたしました


入院する一日前まで
大好きなお酒を嗜み

「私がお酒を飲まなくなったらご臨終だ」と
いつも言っていたそうです


今月13日に入院し
病院のベッドで
「もう十分生きた いい人生だった」と
義母に語ったそうです


私がお見舞いに行った時には
目を閉じている義父の手をさすっていたら
「いい嫁さんだった ありがとう」と
何度も何度も言ってくれました

その後で
「私が結婚したわけではないが・・」と

病床にありながら
いつものジョークを忘れず
周りを和ませてくれる義父でした


亡くなる一週間前には

「おじいさんは日曜日まではもたん」と
自ら宣言し

その日曜日の深夜に
家族に見守られながら
静かに息をひきとりました



用意周到な義父は
自分の亡き後のことを
何から何までしっかりと記帳していました

お通夜と告別式のBGMには
義父の希望した
ベートーベンの「田園」と
ウィンナーワルツが
明るく軽やかに流れていました


告別式の最後のお別れは
音楽の好きだった義父のために
参列者全員で
「いい日旅立ち」を歌って

本当に明るく送り出すことができました


残された87歳の義母も
泣くどころか
笑顔で「いい葬式だった!よかった」と言って
喜んでいました


本当に寂しくなるのは
もう少し先かもしれませんが
今は義母が元気で前向きでいてくれることも
とてもありがたいことです


夫の家は
浄土真宗大谷派なので

錦市場からの帰りに
ふと思い立って
本山の東本願寺にお参りし

阿弥陀様と親鸞上人にご報告し
感謝すると共に
義父の冥福を祈りました



6




AutoPage最新お知らせ