2つの”古代エジプト展”に思う  ひとり言


今年日本国内で
二つの”古代エジプト展”が開催されているようです

一つは

2020年4月から2022年2月にかけて
全国8会場で開催されている

「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」


もう一つは

2020年11月から2021年12月にかけて
全国4会場で開催されている

「古代エジプト展 天地創造の神話」


今日は
昨年リニューアルオープンした
京都市京セラ美術館で開かれている

後者の特別展「天地創造の神話」に行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します


実は
私は普段からことさらに
エジプト文明に興味を持っていたわけではありません

正直に言えば
事前予約してまで見たいというイベントでは
なかったのですが

ちょっとした偶然により
このイベントの存在を知り
新しくなった京セラ美術館を見るのもいいかな・・・

という軽い気持ちで出かけました


平日の午前九時に予約をとって行きましたが
予想外に多くの方が来られていました


クリックすると元のサイズで表示します

会場内も
基本的には写真撮影が許可されていました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
美しく装飾された棺

この棺を見た時
この中に埋葬されていたミイラが
今回展示されていないことに
ある意味ほっとしました


クリックすると元のサイズで表示します

死者はミイラにされる時に
心臓の上にこのスカラベを乗せるのだそうです

スカラベは
古代エジプトにおいて
再生や復活の象徴である太陽神と同一視され
聖なる甲虫として崇拝されていたといいます

ターコイズ(トルコ石)で
作られているようです


クリックすると元のサイズで表示します

実は本日出かける直前
私は
ずいぶん昔に買った
ターコイズのブレスレットに何となく目がとまり
手に取って手首にはめていきました

古代​エジプトの支配者が
身を守るために
ターコイズ(トルコ石)の宝飾品を
身につけていたことをふと思ったからです



古代エジプト展を見て
近くでランチを食べて
2時頃には帰宅したのですが

目を開けていることができないほど
とても身体が疲れて
3時間ほど眠ってしまいました


目覚めた後はすっきりして
こうしてブログを書いているわけですが・・・


なんだか
ターコイズをつけて行ってよかった・・と
いう気がしています


そしてまた
本日はミイラが展示されていなくてよかった・・と
あらためて感じています


冒頭に書いた
もうひとつの”古代エジプト展”では
ミイラの展示が見所になっているようです


こちらには
私は行くことはないと思います


ともあれ
この同じ時期に
二つの古代エジプト展が
日本で開催されていることに

また
思いがけずその一つに
導かれたことに

何か意味があるのかな。。。?と
不思議に思っている私です

4

近未来・4つの可能性  ひとり言

近未来
具体的には今から20年くらいの間に
地球は大きく変革されていくようです


どのように変わっていくのか


私が今感じている4つの可能性について
まとめてみたいと思います


@人間型のAIが世界中様々な場面で人間と共存するようになる

A現在私達がスマホを扱うように人は自分自身のアバターを操作するようになる

B人は体内にマイクロチップを埋め込むことにより手にスマホを持たずとも
自分自身がスマホのような高い能力を身につける

C人類は元々ETによりプログラムされたAIのような存在であって
私達が現実のように感じていることには実体は無く
実際は仮想現実の中で生きていることに気づく


@〜Bはどうやら既に実現可能となっているようです


ただいずれも
利点はあるものの
実用化された場合
多くのリスクを伴うことが予想されます



Cは他の3点とは異なる視点ですが
量子力学によるいくつかの根拠が発見されているそうで
それが周知されていないだけの
ことのようです

とは言え
それを知ったからといって
人生が変わるというわけではありません

ただ
多くの人がそれを既成事実として受け入れれば
価値観や意識といったものは
ガラリと変わるでしょう


今私達地球人は
宇宙的大事件567の渦中にいます


日月神示には
567は「ミロクの世」と書かれています

日月神示の『磐戸の巻』に書かれている

「子の年真中にして前後十年が正念場」

という一文が

正に今私達の立っている場所を表わしていることを
疑う人はいないのではないでしょうか


枠珍の話題に一喜一憂している間に

とてつもない大きな渦に巻き込まれ
知らぬ間に望まない世界へと流されて行かないように


目を大きく見開き
聞こえる音に耳をすませ
自分の立っている場所を見極めながら

何よりも

自分自身の心を絶対に見失わないように

静かに輝く聖なる光に導かれて
一歩一歩前に進んで行きましょう!

クリックすると元のサイズで表示します
4

”AIソフィア”をご存じですか?  ひとり言

突然でですが

”AIソフィア”をご存じですか?

まだご存じ無い方は

【AIソフィア】で検索してみて下さい

色々な記事や動画があります

動画を見ることのできる環境の方は
是非動画をご覧になってください



そして

【シンギュラリティ(技術的特異点)】についても

知っておいた方が良いかもしれません


これは
人工知能などの科学技術が進化し
AI自らが人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点を指し

それが訪れるのは

【2045年】であると予測されています



こういった情報について
どう感じどう考えるかは

各自自由であるべきでしょうし
実際人によって様々なのでしょう


2045年といえば
今から24年後のことです


その時私がまだ生きているとしたら
89歳になっています


どんな世界になっているのでしょう・・・



人かAIか見分けのつかない存在達に囲まれて
生きているのでしょうか

そんなことがあるのか?・・・と思いますが

ほんの20年前を振り返れば
まだ携帯電話を持っている人などほとんどいませんでした


それが今では
スマホに触らない日は一日も無いほど
人類にとって
スマホは人類にとって生活必需品の一つになっています


いったい人類はどうなっていくのでしょう



それを今私が考えても
どうしようもないことなのはわかっていますが



自分がどういう世界を望んでいるのか。。。

それさえも
だんだんわからなくなってきます


ただわかるのは
人類は今大きな分岐点に立っているということだけです


私達はこの分岐点を見極めるために
この時代を選んで生まれてきたのかもしれません


かつて栄華を極めた恐竜が滅んだように
人類も衰退していくのでしょうか


それが宇宙の歴史において
地球人類の定めであるなら
しかたが無いことかもしれません


もしかしたら
私の人生に残された時間は
人類にとって残されている時間と
あまり変わらないかもしれません


たとえそうだとしても
いや
そうであるならなおさら

私は人類のたどり着いたこの栄華を
日々の瞬間瞬間に味わい

最高の人生を
『人間らしく』
喜びに満ちて生きていきたいと思います



そして
人間が人間らしく生きることのできる地球が
存続することを願いつつ
心から満足して
この惑星を去ることができたらと思っています
3

ねずみ・チャウ!いたち!?  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します
三週間ほど前の晩
突然自宅の一階の天井裏に
何物かが走っている音が聞こえました

木造住宅でもないのに
いったいどこからねずみが侵入したのか・・・と
不思議でなりませんでしたが

天井の足音は
毎晩聞こえるようになり
私はちょっとした音にもビクッとして
だんだん神経質になってきました



クリックすると元のサイズで表示します
そんな折り
たまさか検診にでかけた歯医者さんに
こんな紙コップが置かれていて
思わずギャッと叫び声をあげてしまいました(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します
絵本 フレデリック
ちょっとかわった のねずみのはなし

これも引き寄せの法則・・・?


クリックすると元のサイズで表示します
とは言え
ねずみと同居はしたくありません

ということで
ねずみ撃退用の超音波器を設置



効き目があったようで
2〜3日すると
天井裏の足音は聞こえなくなりました



ところが・・・


数日前のこと
お隣の方に偶然家の前でお会いすると

「イタチを見ませんでした?」と・・・!


彼女がおっしゃるには
三週間程前から数回
尻尾のふさふさしたイタチが
ものすごい速さで道路や庭を走っていくのを
目撃したのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
うちの玄関前の階段を
駆け下りていったそうです


なんと!!

天井を走っていたのは
ネズミではなくイタチだったのです!


あらためて調べてみたら
大阪府は全国一といってもよいくらい
イタチが出没するのだとか


驚きました!


確かにうちの近くには
イタチが生息できそうな小川も流れています


しかし
イタチと同居はやはり困ります


イタチの命も大事だけど
私達の生活も大切です


ということで

またイタチが戻ってくることの無いよう
家の周りに
イタチの嫌がる匂いを出すグッズを
置くことにしました↓

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の”ねずみ・チャウ!いたち騒動”
これにて一件落着。。。かな?


4

この世は幻=仮想現実!?  ひとり言


古代インド哲学では

「現象世界は無明から生じ本来は幻のように実在しない」

とされているそうです


お釈迦様も

「この世はすべて幻」

と説いていると言います

そして
荘子は『胡蝶の夢』で知られるように

「夢の中の自分が現実か現実の方が夢なのか」

といった説話を残しています

また

今世紀亡くなったインドの聖者サイババには

「人生は夢 実現しなさい」

という有名な言葉があります



とは言え現実的には

本当に『この世が幻』なのかどうかなんて
確かめるこはできないと思っていました


ところが・・・


現代物理学において

この世は『仮想現実』
つまり
実体の無い『幻』であることが
実験によって証明されたのだそうです!



興味のある方は

【仮想現実 二重スリット】

という検索ワードで検索してみて下さい



いくつかの動画がアップされていて
わかりやすく説明されています


その説明によると
私達の生きている
この『現実』と思っている世界は
実はどこか別の宇宙のコンピューターの中で
プログラミングされた
『仮想現実』
と考えることに信憑性が出てくるのだそうです

クリックすると元のサイズで表示します

正に映画「マトリックス」の世界。。。

なんだか頭がくらくらしてきます



しかし
仮にそれが真実だとして・・・


今のこのリアルな体験が
意味のない空しいものになるでしょうか


私はそうは思いません



この世界は『仮想現実』『幻』かもしれないと
どこかでうすうす感じながらも

この様々な『体験』を思い切り楽しみ味わい
本気で懸命に生きる

という在り方を
私は選択したいと思います


もしかしたら
22世紀に向かって
これから始まる新しい世界では
そういった生き方が
当たり前になっていくのでは。。。

そんな予感がしています




6

GO TO NORTH(by car)  ひとり言


今日は緊急事態宣言発令のため
予定されていたことが全て中止になりました

一日をどうやって過ごそうかと考えていると
何となく「北の方角に行きなさい」というメッセージを感じ
”不要不急”なのかもしれませんが
やはり気になって車で出かけることにしました


自宅から真北に線を延ばすと
そこに「広隆寺」がありましたので
とりあえず行く先を広隆寺に決めて
出発しました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
太子殿



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
十善戒


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
霊宝殿


この中に
あの有名な「弥勒菩薩半跏思惟像」が
いらっしゃいます


私がこの弥勒菩薩像を拝見するのは
ほぼ40年ぶりかと思います

しかし前回の時は
”歴史の教科書で習った仏像”くらいの
感覚しかなかったような気がします


あれから40年余りの歳月を経て
大小様々な経験をし
あの頃とは違う私になり
そして今このような思いもよらぬ世界情勢の中で
静かに弥勒菩薩様と向き合っていると

なんだかとても不思議な感覚に包まれました


弥勒菩薩様の表情は
そこはかとなく優しく
心がはらはらとほぐされていく感じがしました


そして
私の心の中に
とてもストレートにある言葉が入ってきました

「。。。。。。。」


その言葉を聞いた後
私は咄嗟に一つのお願いをしました


それは
弥勒菩薩様のその優しい微笑みを
私も少しでも周りの人に対して与えることが
できますように・・・


というお願いです


弥勒菩薩様の目が少し開いて
にこりとされたような。。。


私の思い過ごしかもしれませんが・・・
何となくそんな気がしました


帰宅してから
そういえば・・・と思って
以前読んだ「日月神示」を
本棚から取り出しました


クリックすると元のサイズで表示します

一二三の仕組みが済みたら
三四五の仕組みと申してありたが
世の元の仕組みは三四五の仕組みから
五六七の仕組みとなるのぞ。
五六七の仕組みとは、ミロクの仕組みのことぞ(p.364)



日月神事には

世の立て替え・立て直しの始まりの年は「子の歳」

と読める記載があり

「五六七」は素直に読めば「コ・ロ・ナ」とも読めます


「五六七」の仕組みは「ミロク」の仕組み


ということは・・・


いよいよ
弥勒菩薩の現われる世がやってくるという
ことなのでしょうか。。。


そう考えると
今日弥勒菩薩様に会いに行ったことそのものが
何だか奇蹟のようにも感じられます


全ては流れのままに。。。

その清き流れにのっていくことが
できますように・・・
(-人-)



9

映画「テスラ」  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します
今日は
昨年京都御池にリニューアルオープンした
「新風館」の中にある映画館
「アップリンク京都」に行きました


クリックすると元のサイズで表示します
お目当ての映画は

《テスラ
〜エジソンが恐れた天才



クリックすると元のサイズで表示します

ニコラ・テスラという科学者の名は
「フリー・エネルギー」という言葉と共に
何年も前からとても気になっていました


そして今朝目覚めて
いつものように
スマホを手に取ると・・・

偶然
ニコラ・テスラとのチャネリング・メッセージという
動画が配信されていました


動画を視聴した後
ニコラ・テスラについて検索すると

何と
テスラの生涯を描いた映画作品が
現在公開中とのこと!


上映している映画館を検索して
最も近かったのが
「アップリンク京都」だったので
急きょ見に行くことにしたのです


何だかニコラ・テスラから
「見に来て下さい!」と
メッセージを受け取ったように感じました



地球がようやく
前代未聞の素晴らしい「変化の時」を
目前にしていることの『確信』が
個人的にますます深まりました!




3

映画「2001年宇宙の旅」  ひとり言


昨日
映画「2001年宇宙の旅」の
DVDを借りてきて見ました


「ツァラトゥストゥラはかく語りき」の
あの曲のことしか知らなかった私ですが

今世界で密かに話題になっている
「モノリス」が
すでに1960年代のこの映画に登場していると知り
それを確かめたくて
今回見ることにしました

クリックすると元のサイズで表示します

当時私は
まだ小学生でした

そして
その時はまだ未来だった『2001年』は
今からもう20年も前です

しかし
この映画で語られていることは
今正に私達の極めて近い未来の予言のようにも思えました


少なくとも私にとっては
今見るべき映画だったと
確信しています
3

一休さんに会いに行きました  ひとり言


先日
もう何年も使っていない
古い小さな手提げを処分しようとしたら
中から赤いお守りが出てきました

クリックすると元のサイズで表示します

一休寺さんの「健康・長寿」のお守りでした

このお守りが入っていた手提げは
実は以前飼っていた
愛犬ムクの散歩に出かける時
いつも手に持っていた鞄でした


ムクが亡くなって
今年で10年になります


その鞄はもう処分することにしましたが
お守りは
やはりお寺に納めた方がいいかなと思い
機会を見つけて
一休寺に出かけようと思っていました

そしてたまさか
お稽古などがお休みだった昨日
春風に誘われて
ウォーキングがてら
歩いて行ってみることにしました

クリックすると元のサイズで表示します

私が一休寺を初めて訪れたのは
20年程前
龍村仁監督の本を読んだ時でした

龍村監督は
一休さんと不思議なつながりがあるそうです

私も監督には実際に
お目にかかったことがありますが
ご本人もおっしゃっている通り
本当に驚くほど
一休宗純によく似ていらっしゃいます

クリックすると元のサイズで表示します

一休寺は
車なら20分ほどで行くことができますので

実家の両親が元気だった頃には
紅葉の美しい季節に
一緒に来たこともあり
その時のことを懐かしく思い出しました

クリックすると元のサイズで表示します

既に桜が満開で
桜の季節に逝ったムクちゃんのことを
また懐かしく思いました


ところで
一休寺に行った昨日の朝
目覚める直前に突然
二つの水色の数字が見えました↓

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか意味ありげでした

方丈に安置されている
一休禅師の木像に手を合わせ
お尋ねしてみました

すると
間髪を入れず
その答えが返ってきたような気がしました


そして
今朝はまた目覚める直前に
女の人の声で

「ろく」

と聞こえて
赤い数字が見えました

クリックすると元のサイズで表示します

4

父の納骨をすませて  ひとり言


昨年11月に
父が91歳でこの世を去って
百日が過ぎました

本日菩提寺にて百か日の法要を営み
母の希望で
父の遺骨を納骨いたしました


家族それぞれに父の思い出を胸に
父の安らかな往生を祈りました



そう言えば父の亡くなった日
黄蝶の舞う不思議な光景を目にしました

その時の写真には
ほんの1〜2匹の蝶しか写っていなかったのですが・・・↓


クリックすると元のサイズで表示します

この度実家に帰った時
母と縁側に座っていたら
1匹の黄蝶が現われて
ひらひらひらひらと庭の中を舞っていきました


ふとあの日のことを思い出しました


それで今回は
ちょっと画像を編集してみました


あの日に見えたのはこんな光景でした↓

これらの蝶が皆
小さく羽ばたいて舞っていて
本当に夢を見ているようでした。。。

クリックすると元のサイズで表示します
(編集画像です)

4

宇宙人に会いたくて。。。  ひとり言

「宇宙人」はいるのかいないのか?

私の答えは「YES!」

なぜなら
この宇宙に住んでいる私達地球人は
紛れもなく「宇宙人」だからです

それでは
地球以外の宇宙人はいるのかいないのか?


その答えは人それぞれでしょう


それでも私の心は「YES!」と答えます

なぜなら
そう考えた方が自分にとってしっくりくるからです


とは言え
実際に宇宙人に会ったことは無いし
UFOを目撃したこともありません


ただ時々目の前に現われる
小さな生き物たち・・
例えば鳥やトカゲなどが
なんだか特別なメッセージを伝えているように
感じることはあります

それが姿を変えた宇宙人なのかどうか
私にはわかりませんが。。。


でもいつか
宇宙人がいることをはっきり確信したいと思っています


宇宙人といってもきっと色々あって
地球を支配しようとするような存在も
もしかしたらいるのかもしれませんが

私が会いたいのは
私達地球人に対して友好的な愛にあふれる宇宙人です


そんなわけで
宇宙人の出てくる映画のDVDを二作選んで
続けて見ました


映画の解説は
専門のサイトがありますから
興味のある方はそちらで検索してみてください


ただこの二つの映画を見て
私がおや?と思ったことがありましたので
ここではそのことを書きます


どちらの作品にも
住民や軍人がマスク(防護服)を付けなければ
ならない場面がありました


そして
主人公がマスク(防護服)をつける必要性が
無いことに気づいて
勇気をもってマスク(防護服)を外したその後に

地球外生命体とコンタクトする機会が
訪れたのです


その共通の出来事が
現在地球上で起こっていることにリンクしていて
何だか意味があるように感じられ
興味深く思いました


「未知との遭遇」

デビルスタワー(悪魔の塔)付近で
有毒ガスが漏洩しているというニュースに
軍が出動して住民が退避させられる中
主人公がタワーに向かって進んでいくシーン

この有毒ガスは
実は住民に真実を知らせないために
軍が偽装したものでした



「メッセージ」

主人公が
地球に各地に突然訪れた正体不明の宇宙船に
他の科学者らと共に乗り込んで
異星人の言語を解読しようと試みるシーン

5

TOMORROWLAND  ひとり言


昨年コロナのお陰で
突然自由な時間ができたため
それまであまり見ることの無かった
YouTubeを視聴する機会が増えました


初めはコロナについての確かな情報を
得るために見ていたのですが
やがてスピリチュアルな動画から
アメリカ大統領選挙
そして
今世界に起こりつつある大変革についての
あらゆる情報に関心が深まって
最近では一日の中でYouTubeを見ない日は
無いくらいになってしまいました


そんな中で先日
『銀河鉄道999』の中に
今の世界の状況を予言したかのような
場面があるという情報を得ました


私はこのアニメを見たことが無かったので
早速DVDを借りて見てみました

クリックすると元のサイズで表示します

確かに人間一人一人に「番号」が付けられて
管理されていたり
不老不死の機械人間が生きるために
人間が製品のように工場に送り込まれて
”命”が抜き取られている場面など
何となくこれからの地球のあまり良くない未来を
見せられているような気がしました


そして
見終わったDVDを返しにいった時
ふと目に留まったDVDが
何だかとても気になったので
続いて借りてきました


クリックすると元のサイズで表示します
「TOMORROWLAND」というSFです

様々なメディアによる情報によって
地球人が洗脳されていること

心の中の二匹の狼・・・
勝つのは「餌を与えた方」の話

ニコラ・テスラのこと

地球を救うことのできるのは
「決して諦めない人」

そして
最後に勝つのは「愛」



正に今の私が最も求めていた答えが
全てこの映画の中にありました!



エンドロールの最後に現われた
「ピン・バッジ」


あなたもどうぞ手に取って
素晴らしい未来を想像(=創造)する一人に
なりませんか!?


クリックすると元のサイズで表示します
5

休日の読書・・・久しぶり  ひとり言


今日は
お茶のお稽古もピアノのレッスンも無く

イベントやその準備もありません


私にとっては珍しい”休日”でした


その前日。。。

昨日のことです

稽古場から帰宅すると
少し前に予約注文していた一冊の本が
本当にタイミング良く届けられました


と言うわけで
さっそく今日一日
ゆっくりと拝読いたしました


クリックすると元のサイズで表示します
佐野美代子著 
『TRUTH SEEKERS 地球と人類を救う真実追求者たちとの対話』

クリックすると元のサイズで表示します


佐野美代子氏は翻訳家で
私も以前影響を受けた
「ザ・シークレット」や「すべてうまくいく」など
翻訳されています


現在
世界中に色々な情報が飛び交っていて
何か真実で何がフェイクなのか
よくわからない状態が続いています

そんな中
私にとっては
今後開かれるべき真実の道を
明るく照らしてくれるように感じられた一冊でした



ただ
今の段階では
全ての人に受け入れられる内容では
無いかもしれません


ここまでご覧になって
何か違和感を感じる方は
どうぞスルーして下さいませ


逆に
もし何か惹かれるものを感じられたならば
読まれてみてはいかがでしょうかと
ご提案させていただきます



まさに
『引き寄せ』の法則にしたがって。。。






6

乳歯を抜きました  ひとり言


大人になっても
永久歯が生えてこなくて
ずっと乳歯が残っていることを
「先天性欠如」と呼ぶのだそうです


実は私も
これまで右上の犬歯が生え替わらず
ずっと乳歯のままでした


ところが
昨年12月のクリスマスの日
ケーキの上に乗っていたサンタさんを
かじった時
思った以上に固くて
あろうことか
その乳歯が折れてしまったようなのです


折れたといっても
根っこの部分が折れたらしく
しばらくは歯茎におさまっていましたが
日毎にぐらぐらが激しくなってきたので
歯医者さんに行き
治療していただくことにしました



そして本日
赤ん坊の時から今まで約64年間
口の中で頑張ってくれていた
小さな乳歯を抜いてもらいました


クリックすると元のサイズで表示します


ありがとう

そしてさようなら!!


これって何か意味があるのかな?

あるとすれば
幼いころから後生大事に抱えていた
そして
もう今は必要の無いトラウマに
さよならしましょ!と
いうことなのかな。。。


はっ!

もしかしたらそれが
サンタさんからの
クリスマスプレゼント?!?!

4

暗黒の三日間  ひとり言

今朝は雨が降っています

恵みの雨です

それとも天の涙なのでしょうか。。。


昨日から頭の中にずっと浮かんでいる
一つの言葉があります


最近誰かのブログかYouTubeで見たのか・・・


それははっきりしないのですが


『暗黒の三日間』


という言葉です



もっと以前に本で読んだ言葉なのかもしれません





これって何だったかな。。。


と思って検索してみたら


ヨハネの黙示録に書かれている言葉でした


その具体的な内容は
門外の私が書けるようなことではないので
知りたい方は検索してみて下さい




たまさか
昨日突然クリスチャンの方が私の前に
現われたので
それもなんだか意味があるのかもしれません



そして
何だか今が正にその

『暗黒の三日間』の中に

いるような気がしてなりません。。。




でも今目の前の現実は
黙示録に書かれているほど
ひどい状態では無いということに
私はほっと安堵しています



以上
ふと浮かんだ「ひとり言」でした

4




AutoPage最新お知らせ