40代・・・そして70代へ!  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します
このノートは
今から28年前の1993年
当時36歳だった頃に書いていた
読書ノートです

「女が40代にしておくこと」
(下重暁子 大和出版)

40歳を目前にして
未知の40代という年代を
どのように生きていくべきかの指針を
この本の中から学ぼうとしていたようです


当時
子育てに自分のエネルギーの大部分を向けていた
専業主婦だった私が
40代からの自分自身の生き方を
模索していたのでしょう

「周りに押し流されず
頑固に自分をつくりあげる強さ」

そんな言葉に共感していたようです


この本の影響かどうかはわかりませんが
確かに40代から始めた
音楽と茶道の仕事は
私の人生にとって大きなポジションを
占めることとなり
それは現在の私につながっています


そして気づけば65歳


来年の春には
26年間続けてきたヤマハ講師の仕事は
定年となります



もちろん
音楽も茶道も
今後も頭と身体が動く限り
継続していくつもりです


しかし
そうは言っても
人は誰しも老いてゆきますし
いつか必ずこの世を去る日がやってきます



頭ではわかっていても
それを現実として受け入れることは
なかなか難しいかもしれませんが

いよいよ私も
70代という新たな未知の世界が
近づいてきましたので
今日はこんな本を読んでみました↓


クリックすると元のサイズで表示します
「70歳が老化の分かれ道」
(和田秀樹 詩想社)

人生100年
老いを遅らせる70代の生き方とは!?

気になったフレーズを
読書ノート代わりに
ここに記しておきたいと思います


70代は人生終盤の活動期

医学が進歩しても脳の老化は止められない

85歳を過ぎればみなアルツハイマーになるのが普通

70代は老いと闘い80代は老いを受け入れる

何事においても「引退」をしない

経験や知識を生かして
誰かを助け社会に役立つ仕事をする

肉を食べる

嫌な人とは付き合わず嫌なことはしない

周りの人のために尽くす生き方が幸せへの近道

(以上抜粋)



70歳までには
まだ5年ありますが

素敵な70代を生きるために
今から少しずつ
心と体の準備をしていこうと思います


3

賤ヶ岳山頂の写真  幸せ話

奥琵琶湖にそびえる
賤ヶ岳山頂からの写真です


クリックすると元のサイズで表示します
ここは
天正11年羽柴秀吉と柴田勝家が覇権を争った
「賤ヶ岳の戦い」の戦場跡なのです


クリックすると元のサイズで表示します
遠くに竹生島が浮かんでいるのが見えます


クリックすると元のサイズで表示します
東遠くには伊吹山


クリックすると元のサイズで表示します
北は羽衣伝説の余呉湖が一望できます


カメラを四方に向けて撮っていた私ですが
ふとここで誰かに記念写真を
撮ってもらいたいな・・と
思ったその瞬間!


一人の若い女性がどこからか現われて
「スミマセン!写真とってもらえますか?」


もちろんすぐに彼女のスマホを受け取って
琵琶湖をバックに一枚!

彼女は明るい声で
「ありがとうございます!
おばあちゃんに見せないといけないんです」

そして
「よかったらお撮りしましょうか?」と

頂上には他にほんの2組ほど
観光客の姿を見かけましたが
近くにはほとんど誰もいなかったのに
本当に不思議なタイミングで現われた
彼女でした


そして撮っていただいた写真がこちらです↓


クリックすると元のサイズで表示します

なぜか「七本槍」の文字と
私の足下に紫の光が写っていました

不思議です。。。


4




AutoPage最新お知らせ