夏越の祓  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します
石清水八幡宮


クリックすると元のサイズで表示します

"水無月の夏越の祓する人は
千歳の命延ぶといふなり”


令和三年も
早半分が過ぎようとしています

今年も茅の輪をくぐりながら
家族の幸せと健康をお祈りしてきました



曇り空の中
途切れること無く
お参りの方々が来られていました



こんな名も無い私達一人一人の
小さな幸せが
ずっとずっと続きますように・・・



姿は見えないけれど
確かに存在する何かがあると
思うからこそ

はるか昔から
人はこうして手を合わせ祈ってきました


でもその存在する「何か」とは
一体何なのか・・・・


その秘密が明らかになる日は訪れるのでしょうか


考えてもわかりません


確かなことは
今自分自身が何を願い
何を感じているかだけです


結局やはり
戻ってくるのは
「今・ここ」の自分の「心」です


今日も
心地よく穏やかに時間が過ぎてゆきます・・・


感謝です

*(−人−)*





4

2つの”古代エジプト展”に思う  ひとり言


今年日本国内で
二つの”古代エジプト展”が開催されているようです

一つは

2020年4月から2022年2月にかけて
全国8会場で開催されている

「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」


もう一つは

2020年11月から2021年12月にかけて
全国4会場で開催されている

「古代エジプト展 天地創造の神話」


今日は
昨年リニューアルオープンした
京都市京セラ美術館で開かれている

後者の特別展「天地創造の神話」に行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します


実は
私は普段からことさらに
エジプト文明に興味を持っていたわけではありません

正直に言えば
事前予約してまで見たいというイベントでは
なかったのですが

ちょっとした偶然により
このイベントの存在を知り
新しくなった京セラ美術館を見るのもいいかな・・・

という軽い気持ちで出かけました


平日の午前九時に予約をとって行きましたが
予想外に多くの方が来られていました


クリックすると元のサイズで表示します

会場内も
基本的には写真撮影が許可されていました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
美しく装飾された棺

この棺を見た時
この中に埋葬されていたミイラが
今回展示されていないことに
ある意味ほっとしました


クリックすると元のサイズで表示します

死者はミイラにされる時に
心臓の上にこのスカラベを乗せるのだそうです

スカラベは
古代エジプトにおいて
再生や復活の象徴である太陽神と同一視され
聖なる甲虫として崇拝されていたといいます

ターコイズ(トルコ石)で
作られているようです


クリックすると元のサイズで表示します

実は本日出かける直前
私は
ずいぶん昔に買った
ターコイズのブレスレットに何となく目がとまり
手に取って手首にはめていきました

古代​エジプトの支配者が
身を守るために
ターコイズ(トルコ石)の宝飾品を
身につけていたことをふと思ったからです



古代エジプト展を見て
近くでランチを食べて
2時頃には帰宅したのですが

目を開けていることができないほど
とても身体が疲れて
3時間ほど眠ってしまいました


目覚めた後はすっきりして
こうしてブログを書いているわけですが・・・


なんだか
ターコイズをつけて行ってよかった・・と
いう気がしています


そしてまた
本日はミイラが展示されていなくてよかった・・と
あらためて感じています


冒頭に書いた
もうひとつの”古代エジプト展”では
ミイラの展示が見所になっているようです


こちらには
私は行くことはないと思います


ともあれ
この同じ時期に
二つの古代エジプト展が
日本で開催されていることに

また
思いがけずその一つに
導かれたことに

何か意味があるのかな。。。?と
不思議に思っている私です

4

近未来・4つの可能性  ひとり言

近未来
具体的には今から20年くらいの間に
地球は大きく変革されていくようです


どのように変わっていくのか


私が今感じている4つの可能性について
まとめてみたいと思います


@人間型のAIが世界中様々な場面で人間と共存するようになる

A現在私達がスマホを扱うように人は自分自身のアバターを操作するようになる

B人は体内にマイクロチップを埋め込むことにより手にスマホを持たずとも
自分自身がスマホのような高い能力を身につける

C人類は元々ETによりプログラムされたAIのような存在であって
私達が現実のように感じていることには実体は無く
実際は仮想現実の中で生きていることに気づく


@〜Bはどうやら既に実現可能となっているようです


ただいずれも
利点はあるものの
実用化された場合
多くのリスクを伴うことが予想されます



Cは他の3点とは異なる視点ですが
量子力学によるいくつかの根拠が発見されているそうで
それが周知されていないだけの
ことのようです

とは言え
それを知ったからといって
人生が変わるというわけではありません

ただ
多くの人がそれを既成事実として受け入れれば
価値観や意識といったものは
ガラリと変わるでしょう


今私達地球人は
宇宙的大事件567の渦中にいます


日月神示には
567は「ミロクの世」と書かれています

日月神示の『磐戸の巻』に書かれている

「子の年真中にして前後十年が正念場」

という一文が

正に今私達の立っている場所を表わしていることを
疑う人はいないのではないでしょうか


枠珍の話題に一喜一憂している間に

とてつもない大きな渦に巻き込まれ
知らぬ間に望まない世界へと流されて行かないように


目を大きく見開き
聞こえる音に耳をすませ
自分の立っている場所を見極めながら

何よりも

自分自身の心を絶対に見失わないように

静かに輝く聖なる光に導かれて
一歩一歩前に進んで行きましょう!

クリックすると元のサイズで表示します
4

”AIソフィア”をご存じですか?  ひとり言

突然でですが

”AIソフィア”をご存じですか?

まだご存じ無い方は

【AIソフィア】で検索してみて下さい

色々な記事や動画があります

動画を見ることのできる環境の方は
是非動画をご覧になってください



そして

【シンギュラリティ(技術的特異点)】についても

知っておいた方が良いかもしれません


これは
人工知能などの科学技術が進化し
AI自らが人間より賢い知能を生み出す事が可能になる時点を指し

それが訪れるのは

【2045年】であると予測されています



こういった情報について
どう感じどう考えるかは

各自自由であるべきでしょうし
実際人によって様々なのでしょう


2045年といえば
今から24年後のことです


その時私がまだ生きているとしたら
89歳になっています


どんな世界になっているのでしょう・・・



人かAIか見分けのつかない存在達に囲まれて
生きているのでしょうか

そんなことがあるのか?・・・と思いますが

ほんの20年前を振り返れば
まだ携帯電話を持っている人などほとんどいませんでした


それが今では
スマホに触らない日は一日も無いほど
人類にとって
スマホは人類にとって生活必需品の一つになっています


いったい人類はどうなっていくのでしょう



それを今私が考えても
どうしようもないことなのはわかっていますが



自分がどういう世界を望んでいるのか。。。

それさえも
だんだんわからなくなってきます


ただわかるのは
人類は今大きな分岐点に立っているということだけです


私達はこの分岐点を見極めるために
この時代を選んで生まれてきたのかもしれません


かつて栄華を極めた恐竜が滅んだように
人類も衰退していくのでしょうか


それが宇宙の歴史において
地球人類の定めであるなら
しかたが無いことかもしれません


もしかしたら
私の人生に残された時間は
人類にとって残されている時間と
あまり変わらないかもしれません


たとえそうだとしても
いや
そうであるならなおさら

私は人類のたどり着いたこの栄華を
日々の瞬間瞬間に味わい

最高の人生を
『人間らしく』
喜びに満ちて生きていきたいと思います



そして
人間が人間らしく生きることのできる地球が
存続することを願いつつ
心から満足して
この惑星を去ることができたらと思っています
3

ねずみ・チャウ!いたち!?  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します
三週間ほど前の晩
突然自宅の一階の天井裏に
何物かが走っている音が聞こえました

木造住宅でもないのに
いったいどこからねずみが侵入したのか・・・と
不思議でなりませんでしたが

天井の足音は
毎晩聞こえるようになり
私はちょっとした音にもビクッとして
だんだん神経質になってきました



クリックすると元のサイズで表示します
そんな折り
たまさか検診にでかけた歯医者さんに
こんな紙コップが置かれていて
思わずギャッと叫び声をあげてしまいました(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します
絵本 フレデリック
ちょっとかわった のねずみのはなし

これも引き寄せの法則・・・?


クリックすると元のサイズで表示します
とは言え
ねずみと同居はしたくありません

ということで
ねずみ撃退用の超音波器を設置



効き目があったようで
2〜3日すると
天井裏の足音は聞こえなくなりました



ところが・・・


数日前のこと
お隣の方に偶然家の前でお会いすると

「イタチを見ませんでした?」と・・・!


彼女がおっしゃるには
三週間程前から数回
尻尾のふさふさしたイタチが
ものすごい速さで道路や庭を走っていくのを
目撃したのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します
うちの玄関前の階段を
駆け下りていったそうです


なんと!!

天井を走っていたのは
ネズミではなくイタチだったのです!


あらためて調べてみたら
大阪府は全国一といってもよいくらい
イタチが出没するのだとか


驚きました!


確かにうちの近くには
イタチが生息できそうな小川も流れています


しかし
イタチと同居はやはり困ります


イタチの命も大事だけど
私達の生活も大切です


ということで

またイタチが戻ってくることの無いよう
家の周りに
イタチの嫌がる匂いを出すグッズを
置くことにしました↓

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の”ねずみ・チャウ!いたち騒動”
これにて一件落着。。。かな?


4

この世は幻=仮想現実!?  ひとり言


古代インド哲学では

「現象世界は無明から生じ本来は幻のように実在しない」

とされているそうです


お釈迦様も

「この世はすべて幻」

と説いていると言います

そして
荘子は『胡蝶の夢』で知られるように

「夢の中の自分が現実か現実の方が夢なのか」

といった説話を残しています

また

今世紀亡くなったインドの聖者サイババには

「人生は夢 実現しなさい」

という有名な言葉があります



とは言え現実的には

本当に『この世が幻』なのかどうかなんて
確かめるこはできないと思っていました


ところが・・・


現代物理学において

この世は『仮想現実』
つまり
実体の無い『幻』であることが
実験によって証明されたのだそうです!



興味のある方は

【仮想現実 二重スリット】

という検索ワードで検索してみて下さい



いくつかの動画がアップされていて
わかりやすく説明されています


その説明によると
私達の生きている
この『現実』と思っている世界は
実はどこか別の宇宙のコンピューターの中で
プログラミングされた
『仮想現実』
と考えることに信憑性が出てくるのだそうです

クリックすると元のサイズで表示します

正に映画「マトリックス」の世界。。。

なんだか頭がくらくらしてきます



しかし
仮にそれが真実だとして・・・


今のこのリアルな体験が
意味のない空しいものになるでしょうか


私はそうは思いません



この世界は『仮想現実』『幻』かもしれないと
どこかでうすうす感じながらも

この様々な『体験』を思い切り楽しみ味わい
本気で懸命に生きる

という在り方を
私は選択したいと思います


もしかしたら
22世紀に向かって
これから始まる新しい世界では
そういった生き方が
当たり前になっていくのでは。。。

そんな予感がしています




6

貴船・鞍馬  聖地


京都洛北の霊場
貴船神社と鞍馬寺を訪れ
その自然から生気をいただくと共に
地球と日本の再生・甦りを
祈って参りました

貴船神社には
高龗神(たかおかみのかみ)という神様が
祀られているといいます

伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の御子神(みこがみ)
なのだそうです

また

鞍馬寺には
650万年前に金星から降臨した魔王が
祀られていると伝えられています


どちらも
とてもスケールの大きい霊場と思われます


よろしければ
写真からパワーを感じていただき
共に
地球と日本の再生をお祈り下さいませ


本当は自宅から貴船まで
歩いて行きたかったのですが
ちょっと自信がなかったので
叡山電鉄で木野駅で降りて
貴船に向かいました



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
お宿に到着

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
翌朝6:30

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
奥宮 


一旦宿へ戻り朝食を頂いた後
鞍馬寺へ向かいます

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
鞍馬寺 奥の院


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
大杉権現社跡

樹齢1000年という護法魔王尊影向の杉が祀られていた場所

平成30年の台風で倒壊してしまったのだそうです


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
休憩所 洗心亭

クリックすると元のサイズで表示します
抹茶アイス最中

最後までご高覧いただき
ありがとうございました

5




AutoPage最新お知らせ