石清水八幡宮  聖地


今年は2月3日が立春になるために
節分は去年や一昨年より一日早く
2月2日になるそうですね

なんでも
2月2日が節分になるのは
明治30年(1897年)以来
「124年ぶり」なんだそうです

そんなことを聞くと
何だかいつも以上に
特別な『新しい春』が訪れるような
ワクワクした気分になりますね


というわけで
今日は石清水八幡宮に出かけて
節分のお祓いをしていただきました


クリックすると元のサイズで表示します
「カアー カアー カアー カアー!!」


クリックすると元のサイズで表示します
今日もカラスさんの元気なお出迎え
ありがとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します

離れて暮らしている息子達家族の
健康と幸せを祈って
『家内安全』のご祈願をさせていただきました



クリックすると元のサイズで表示します

(^人^)




5

休日の読書・・・久しぶり  ひとり言


今日は
お茶のお稽古もピアノのレッスンも無く

イベントやその準備もありません


私にとっては珍しい”休日”でした


その前日。。。

昨日のことです

稽古場から帰宅すると
少し前に予約注文していた一冊の本が
本当にタイミング良く届けられました


と言うわけで
さっそく今日一日
ゆっくりと拝読いたしました


クリックすると元のサイズで表示します
佐野美代子著 
『TRUTH SEEKERS 地球と人類を救う真実追求者たちとの対話』

クリックすると元のサイズで表示します


佐野美代子氏は翻訳家で
私も以前影響を受けた
「ザ・シークレット」や「すべてうまくいく」など
翻訳されています


現在
世界中に色々な情報が飛び交っていて
何か真実で何がフェイクなのか
よくわからない状態が続いています

そんな中
私にとっては
今後開かれるべき真実の道を
明るく照らしてくれるように感じられた一冊でした



ただ
今の段階では
全ての人に受け入れられる内容では
無いかもしれません


ここまでご覧になって
何か違和感を感じる方は
どうぞスルーして下さいませ


逆に
もし何か惹かれるものを感じられたならば
読まれてみてはいかがでしょうかと
ご提案させていただきます



まさに
『引き寄せ』の法則にしたがって。。。






6

父とムクの夢  


クリックすると元のサイズで表示します

父が亡くなって2ヶ月が経ちました

父が存命中は
ほとんど父の夢を見た記憶がありません

ところがなんと
夕べは父が夢に現われました


私は実家の前の道に
布団を敷いて寝ていました


なんだかとても疲れていました


私は普段あまり疲れないのですが
夢の中ではよく疲れて
ふらふらになっていることがあります(^_^;)


そしてふと見ると
坂の向こうから
二匹の犬がやってきます


その瞬間
「ムクだ!」とわかりました
(左の犬です)


ムクは喜んで私の所まで来ました


「やっぱりやっぱり
ムクは生きていたんだね〜!」


夢の中でムクに会う度に
毎回こう思うのです


右側の犬は
実家で最後に飼っていた
雑種犬の「ノコ」のようでした


父はたいそう「ノコ」を可愛がっていて
散歩に連れていくのはいつも父の仕事でした


そして夢の中で
二匹の後ろからゆっくりと坂を上がってきたのは
間違いなく父でした


父が犬たちを散歩させていたというより
犬たちが父を連れてきてれたような気がしました


夢はこれだけです


短い夢でしたが
目覚めた時とても幸せな気持ちがしました




6

リフォーム工事の完成!  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します
先日1月12日より
浴室と共に脱衣室兼洗面所も
リフォームの工事をしました

この家は平成9年に新築入居して
20年以上を経たため
残りの人生の時間も考慮し
この度リフォームすることにしました

壁のクロスを木目調にして
落ち着く空間にしました

クリックすると元のサイズで表示します
たくさん収納できるので
洗面台の上もすっきりしました

ところが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
なんと!

工事最終日の1月15日のことです

全ての工事が予定通りに完成し
最後にクロス屋さんがタオル掛けを
壁に取り付けようとしたら

このような状態になってしまったのです


正に「画竜点睛を欠く」と申しますか。。。


とは言え

クロス屋さんもさぞかし意気消沈されたことと
同情しつつ

後日やり直しをお願いしておりました


そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します
一週間後の土曜日

ようやくタオル掛けを取り付けていただき
もちろん
クロスも綺麗に張り替えていただきました


クリックすると元のサイズで表示します

何事も予定通りにいかないことは
起こるかもしれませんが

全て「なるようになる!」

自分の居場所ですべきことをして
あとは

「心穏やかに待ちましょう」

という小さなお話でした

6

The truth  愛のメッセージ

Good morning!

Please wake up!

Have a good day!

(Miyoko Angelさんの動画より↓)
5

乳歯を抜きました  ひとり言


大人になっても
永久歯が生えてこなくて
ずっと乳歯が残っていることを
「先天性欠如」と呼ぶのだそうです


実は私も
これまで右上の犬歯が生え替わらず
ずっと乳歯のままでした


ところが
昨年12月のクリスマスの日
ケーキの上に乗っていたサンタさんを
かじった時
思った以上に固くて
あろうことか
その乳歯が折れてしまったようなのです


折れたといっても
根っこの部分が折れたらしく
しばらくは歯茎におさまっていましたが
日毎にぐらぐらが激しくなってきたので
歯医者さんに行き
治療していただくことにしました



そして本日
赤ん坊の時から今まで約64年間
口の中で頑張ってくれていた
小さな乳歯を抜いてもらいました


クリックすると元のサイズで表示します


ありがとう

そしてさようなら!!


これって何か意味があるのかな?

あるとすれば
幼いころから後生大事に抱えていた
そして
もう今は必要の無いトラウマに
さよならしましょ!と
いうことなのかな。。。


はっ!

もしかしたらそれが
サンタさんからの
クリスマスプレゼント?!?!

4

暗黒の三日間  ひとり言

今朝は雨が降っています

恵みの雨です

それとも天の涙なのでしょうか。。。


昨日から頭の中にずっと浮かんでいる
一つの言葉があります


最近誰かのブログかYouTubeで見たのか・・・


それははっきりしないのですが


『暗黒の三日間』


という言葉です



もっと以前に本で読んだ言葉なのかもしれません





これって何だったかな。。。


と思って検索してみたら


ヨハネの黙示録に書かれている言葉でした


その具体的な内容は
門外の私が書けるようなことではないので
知りたい方は検索してみて下さい




たまさか
昨日突然クリスチャンの方が私の前に
現われたので
それもなんだか意味があるのかもしれません



そして
何だか今が正にその

『暗黒の三日間』の中に

いるような気がしてなりません。。。




でも今目の前の現実は
黙示録に書かれているほど
ひどい状態では無いということに
私はほっと安堵しています



以上
ふと浮かんだ「ひとり言」でした

4

ブロッサム・グッドチャイルドを通して 銀河連合のメッセージ  愛のメッセージ

ブロッサム・グッドチャイルドを通して
『銀河連合のメッセージ』です

意味がわからなくてもいいですから
聞いてみて下さい



新しい世界の到来

このタイミングで家の浴室をリニューアルしました

浴室は家の中の邪気が
たまる場所と言われます

この家に住んで20余年

これまでいつの間にかたまった
邪気を払い清め

今夜は
新しくなったお風呂にゆっくりつかります

そして
リラックスしながら唱えるつもりです


”私は光 私は愛 私は真実 I AM・・・”



クリックすると元のサイズで表示します
4

JANUARY 20.2021←(削除されました)  愛のメッセージ



愛と光と真実の祈りを込めて。。。


*******************************************

1月12日に上↑の動画を載せました

ところが一日過ぎた本日1月13日
驚いたことに
この動画が「YouTubeの利用規約違反により」
削除されていました


愛と誠実さと勇気に満ちた感動的な動画でした

一人でも多くの方と共有したかったです

残念です。。。

今地球上では
歴史的な大変革が進行中です

その混乱の渦の中にいることを
実感させられた出来事でした

************************
本日1月14日
この動画が削除された理由が
使われていた曲Y.M.C.Aにあるということが
わかりました

ここにもまた何か意味がありそうですが。。。





3

四十九日を終えて。。。  不思議なこと


昨日
実家の父の四十九日法要を
無事に済ませました

昨年夏からの
一喜一憂の日々や
お葬式前後の慌ただしさ等々

それらの様々な出来事を振り返ると
家族共々心穏やかに
忌明けの日を迎えることが
できたことが感謝です


それもまた
亡くなった父が見守ってくれていたことの
証であったことを思わせる
ちょっとした不思議がありました


法要当日の朝
届いた朝刊の県内版に
偶然実家の町の話題が載っていました↓
クリックすると元のサイズで表示します

「花井」という地名の由来についての記事です

実はこの記事の中に名前の出てくる
○○澄子さんは
父の姪 すまり私の従姉妹にあたる人で
この「花井」という場所は実家のすぐ近くなのです


この記事の話で盛り上がっていた私達に
母が「この本にも『花井』のことが
書いてあるよ」と
本棚から小冊子を取り出しました↓

クリックすると元のサイズで表示します

それを受け取った夫が
何気なく頁を開くと・・・

なんとそこに「大○○雄」と父の名が
あるではありませんか!↓

クリックすると元のサイズで表示します


まあ驚きました!

今日の朝刊に花井の記事が載っていなければ
この冊子を開くことはなかったし
ここに記された内容を語った頃の
在りし日の精力的な父の姿に
私達は思いを馳せることができたでしょうか


あの世にいった父は
今もまだここにいて
私達と一緒にいることを楽しんでいる・・・


そんな気がしました


クリックすると元のサイズで表示します
法要とお斎も無事に済ませて
実家を後にし大阪に向かうとき
少し回り道をして
父の生家の前を通りました

昔の東海道五十三次の宿場町の一つで
父の実家は炭などを扱う商家だったそうです


クリックすると元のサイズで表示します
高速道路を走っていると
西の空に美しい光の柱が見えました


翌日となる今日は
近くの神社に古いお札を納めにいきました

その神社の前の公園に・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
元気な元気な黒柴ちゃんがお散歩中!

目が合うとこちらに向かって走ってきて
元気いっぱいじゃれてくれました

亡くなった愛犬ムクにとても似ていたので
写真を撮らせてもらいました

名前をお聞きしたら
「オトです」

「そう・・オトちゃん・・可愛いね!」

ん。。。?

おとちゃん?

おと(う)ちゃん!?

?(@_@)?






4

今年のモットーは。。。  幸せ話

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は身体の疲れを
一日も早く回復させるために
岩盤浴とリンパ・マッサージに行きました

これまで私は
長年色々なサロンにお世話になりながら
身体のメンテナンスをしてきました


昨年まで通っていたサロンも
大変良くしていていただいたのですが
ある時ちょっとしたaccidentがあって
残念ながらその日が最後となりました


何かそのサロンの波動と私の波動とが
いつしか微妙にずれてしまっていた結果
起こるべくして起こったaccident
だったような気がします


人生における人と人との別れやトラブルは
どちらが正しくてどちらが間違っているから
生じるというわけではなく
単に波動のズレ・次元の違いなんだ・・・

こう思うようになって
以前よりあまり苦しむことがなくなりました


そして今はこちらのサロンに通い始め
わくわくしながら身体のメンテを楽しんでいます


そう言えば今突然
今年のモットーが思い浮かびました!


《自分自身を無条件に愛する》


今年はこの言葉を
私の一年のモットーに掲げたいと思います


自分の身体を・・

自分の心を・・

自分の魂を・・

他者からの評価にとらわれることなく

無条件に愛すること。。。

I LOVE MYSELF!




6

GO TO EHO! Report 3  幸せ話


GO TO EHO!Report3にお付き合い下さり
ありがとうございます

1月4日朝8時半
ホテルをチェックアウトし
いよいよ橿原神宮に向かいました

クリックすると元のサイズで表示します
橿原神宮 一の鳥居

本当に歩いてこれました

感動です
ありがとうございます!


クリックすると元のサイズで表示します
今年は事情がありまして
鳥居をくぐるのはご遠慮申しあげ
鳥居の外側から境内に入らせていただきました

この時
二羽の烏がカァー!と鳴きながら
鳥居の上を大きく旋回していました

なんだか迎えてくれたようで
嬉しかったです


クリックすると元のサイズで表示します
これまで
車では何度も訪れたことのある場所ですが
歩いて来てみると
これまでになく感無量の思いが湧いてまいりました

こちらの門も
正面はご遠慮して
左の小さな入り口から入らせていただきました




クリックすると元のサイズで表示します
有り難いです

感謝です


クリックすると元のサイズで表示します
ありがとうございます!

ちょうどここで
私達より少し年上のご夫婦から
カメラのシャッターを押してもらえませんか?と
頼まれました

そしてそのご夫婦に逆にお願いして
撮っていただいた写真です

こんな一期一会にも感謝です


クリックすると元のサイズで表示します
境内に降り注ぐ朝日にも手を合わせて
感謝!


クリックすると元のサイズで表示します
橿原神宮から15分ほど歩いて
近鉄橿原神宮前駅へ

9時43分

帰りはここから電車に乗りました


クリックすると元のサイズで表示します
ほんの2時間足らずで
あっという間に
地元の長尾駅に到着

駅について
座席から立ち上がると
両足が硬直してあちこちが痛んで
すぐには歩くことができませんでした


歩き続けた二日間が
まるで夢を見ていたかのように感じられます


クールダウンを兼ねて
長尾駅から自宅まで
40分ほどゆっくり歩いて帰りました

クリックすると元のサイズで表示します
1月4日正午 無事に帰宅しました

クリックすると元のサイズで表示します

GO TO EHO!

ナビに示された9時間26分では
とても歩くことはできず
二泊三日かけての大荒行?となってしまいましたが
色々なことに感謝できた
思い出に残る旅となりました

あなた様にも
2021年恵方の輝かしいパワーが
降り注がれますようにお祈りして
GO TO EHO!Reportを
終了させていただきます

最後までお読み下さり
ありがとうございました



12

夢ノート  ひとり言


夕べ久しぶりに
テニスをしている夢を見ました

右手にはラケットの代わりに鍵を持ち
ボールの代わりに消しゴムのような物を
打っていて
何だか変な夢でした


目覚めても何だか気になって
夢ノートに記録することにしました

クリックすると元のサイズで表示します

自分の見た夢を生涯に渡って記録したという
明恵上人に倣って
私も時々ですが
印象的な夢を見た時だけ忘れないうちに
小さなノートに書き留めているのです


とは言っても
私はどちらかというと
あまり夢を見ない方なので
このノートを開くのは
一年のうちほんの数回だったり
一回しか開かなかった年もあります


今朝は時間があったので
夢を書き留めたついでに
これまで見た夢の記録を読んでみました

記録を読むと
すうっとその夢が思い出せるものもあれば
すっかり記憶から消えている夢もあります


その中で
全く覚えていないけれど
おやっ?と気になる夢が一つありました


それは2008年7月4日に見たこんな夢でした

私は群衆の中にいました

地球危機の日に
生き残るために用意された小さな飛行機に
私は迷った末に乗り込みました

私の席は右前方でした

飛行機はとても不安定な飛び方をし
今にも墜落しそうなところをなんとか切り抜けて
気がつくといつの間にか
ビニール製のおもちゃのように小型になっていて
最後はそれを自分で操縦して
電車のような機体の中に入って止まりました

そこには制服を着た人がいて
「あなたは試験をクリアした」と言って
その証明書を見せてくれました

その後私は
再び今までいた世界に戻ることはできるけれど
何か特別な使命をもった者として登録されました



なんだかSFのシナリオみたいです

こんな夢を見たことはすっかり忘れています

しかし今このタイミングで
かつて見たこの夢を発見したことに
もしかしたら
何か意味があるのかもしれません

4

GO TO EHO! Report 2  幸せ話


GO TO EHO! Report2に
お付き合い下さりありがとうございます

クリックすると元のサイズで表示します
午前7:30
一晩泊めていただいた旅館を出発!

歩き始めてすぐに足のあちこちに違和感を感じ
少し不安をおぼえましたが
歩いているうちに徐々に身体がその痛みに慣れてきました

昨日歩くことのできた距離を思うと
橿原神宮に参拝するためには
もう一泊することが必要だとわかりましたので
夕べのうちに
本日泊まるホテルを予約しました


日没までに橿原神宮に近いそのホテルに到着すればよいので
無理せずスローペースで
一足一足歩いていくことにしました


クリックすると元のサイズで表示します
西の空に
有明の月が見えます


クリックすると元のサイズで表示します
そして
東の空には新年3日目の太陽が昇ります


クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲池神社に立ち寄り
一夜の宿の感謝をお伝え申しあげました


クリックすると元のサイズで表示します
朝日を浴びて泳ぐ鳥たち


そう言えばこのGO TO EHO!で歩いている間には
烏や雀の群れ またその他の
様々な鳥たちが
時に寄り添うようにまた
時に先導するかのように現われてくれました

また私の大好きな犬の黒柴には
3回ほど出会いました

動物たちにはいつも心癒やされます

クリックすると元のサイズで表示します
コンビニでこんな物を買いました

とにかく疲れを最小限にして
頑張りましょう!


クリックすると元のサイズで表示します
富雄川に沿って歩き続けます

昨日と違って足の痛みをこらえながら・・・



クリックすると元のサイズで表示します
コンビニをがあったので
トイレ休憩を兼ねて足を休めることにします


クリックすると元のサイズで表示します
シュークリームとコーヒーで
ブレイクタイム

クリックすると元のサイズで表示します
今日のお昼はどこかファミレスを見つけて・・・
と期待していましたが
歩けど歩けどそんなお店はありません

クリックすると元のサイズで表示します
大和郡山の
延々と続く工業団地の中を歩き続けて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

佐保川と大和川の合流地点までやってきました


クリックすると元のサイズで表示します
お日様がまた傾き始めました


クリックすると元のサイズで表示します
やっとコンビニがありました!

とにかくまずはトイレ

ほっと落ち着いてお昼ご飯を物色

クリックすると元のサイズで表示します
温めてもらった
「ねぎと燻製あい鴨のそば」の
なんと美味しかったこと!!

ここで
アメリカ在住の息子のお嫁さんから
新年のメールが入りました

年末からの休暇を利用して
二人で旅行を楽しんでいたようです


今はなかなか会えないけれど
お互いにそれぞれ幸せにやっていることが
なにより感謝です

クリックすると元のサイズで表示します
さて心身共に疲れを回復させて
さらに歩き続けていくと
足下にこんなマンホールが!

弥生時代の遺跡
唐古・鍵遺跡の近くまで来たようです


クリックすると元のサイズで表示します
飛鳥川に沿って歩きます


クリックすると元のサイズで表示します
だいぶんお日様が傾いてきました

日没までには橿原神宮近くに予約したホテルに着きたいです


クリックすると元のサイズで表示します
ここから橿原市に入るようです!


クリックすると元のサイズで表示します
川縁の梅にほっと心が和みます

しばし立ち止まって
足の痛みを和らげます


クリックすると元のサイズで表示します
多くの古民家が現存して
江戸時代にタイムスリップしたかのような
今井町の町並み

ホテルまではあと2.5キロ・・・

膝裏と足首と太ももの痛みが代わる代わるきつくなり
ひたすら足元だけを見つめながら
言葉少なに一歩一歩前に進みます

一人だけだったら
あまりにも心細くなりそうです

こんな風変わりな荒行に付き合ってくれた
夫にあらためて感謝です。。。



クリックすると元のサイズで表示します
午後6時10分

あ〜ようやく到着しました!


足をひきずるようにしてチェックイン。。。

クリックすると元のサイズで表示します
頑張った身体にご褒美です



10

GO TO EHO! Report 1  幸せ話


GO TO EHO!

ただただ恵方の方角に歩いて
その先にある橿原神宮まで行ってみたい

そんな何の役にも立たない
無謀な計画をたしなめるどころか

「いいよ いこか」

とあっさり受け入れてくれた夫と二人で
2021年1月2日午前8時40分

南南東に向かって歩き始めました

それこそ
何の役にも立たないレポートですが
お時間があるようでしたら
しばしお付き合いくださいませ


クリックすると元のサイズで表示します
8:45 自宅近くの大阪工大に朝日が昇ります


クリックすると元のサイズで表示します
舟橋川の川縁を朝日に向かって歩きます


クリックすると元のサイズで表示します
コンビニに立ち寄って水分補給の飲み物を買いました
お昼はまたどこかのコンビニで買えばいいかな・・・と


クリックすると元のサイズで表示します
穂谷トンネル

車なら20分ほどで来ることができるのですが
ここまで歩いてくるのに2時間以上かかってしまいました


クリックすると元のサイズで表示します
交野山はなだらかとは言え
やはり上り坂は運動不足の私にとって
なかなかハード。。。

クリックすると元のサイズで表示します
正午を過ぎても山道の中では
飲食店どころかコンビニもなく・・・

ようやく見つけたデイリーヤマザキもお休みで
意気消沈。。。

クリックすると元のサイズで表示します
山を下ると
茶筅の里として有名な
奈良高山にやって来ました

以前お茶事などでお世話になった
「翠華園」さんの看板を見つけました!


クリックすると元のサイズで表示します
それにしても
お店が一つもない・・・ない。。。

クリックすると元のサイズで表示します
県道7号枚方大和郡山線をひたすら歩きます

お腹がすいてきた・・・

もっと気になるのが
トイレに行きたくなってきた。。。


クリックすると元のサイズで表示します
午後1時50分 あーやっとありました!

ホームセンターのようです!

中に小さな喫茶スペースでもあれば・・・

それよりまずはトイレ

残念ながら飲食できる場所はありませんでしたが
レジの前に菓子パンが並んでいました


とにかく何か固形物を食べたかったので
クリームパンを買って
自販機で温かい缶入りコーンスープを買いました



クリックすると元のサイズで表示します
有り難いことに
自販機の前に展示用のウッドデッキがあり
そこに座らせてもらって
クリームパンを頬張りました


クリックすると元のサイズで表示します
お腹を満たして気分上々
再びてくてく歩き始めました


クリックすると元のサイズで表示します
お日様がだんだん傾いてきて
そろそろ一夜を明かす場所を考えなくては・・・と
今日中に歩いて行けそうな距離内で
泊まる宿をスマホで検索してみることにしました


いざ調べてみると
思ったよりこの近辺では宿泊できる場所が
少ないようです

手当たり次第電話をかけてみると
そこはラブホテルだったり
3日前までに要予約だったりして
だんだん気持ちが焦ってきました


しかし3回目の電話で
やっと一軒の旅館を予約することができました

夕食も朝食もついていないようでしたが
さすがに野宿ということは
避けられたとほっとしました

クリックすると元のサイズで表示します
午後4:00 近鉄学園前駅にたどり着きました

駅中の飲食店は5時にならないと開店しないようで
困ったな・・・と思いましたが
駅前の居酒屋さんに明かりが灯っているのを見つけて
ドアを押してたずねてみると
「開店前ですけど大丈夫です」とのことで
「ありがとうございます!」と
店内に案内してもらいました


こういうお店にしては
珍しく上品なクラシック音楽が流れているのも
何となく嬉しく思いながら
席に座ってメニューを見ていたら
突然プッチーニの「私のお父さん」のメロディが
流れてきました

ちょうど先日のコンサートでも
演奏したばかりの曲です


あまりのタイミングになんだかビックリしました!



クリックすると元のサイズで表示します
夕食を終える頃には
すっかり暗くなっていました

スマホのナビを頼りに
予約した宿への道を急ぎます

しかし一日歩き続けた足は
指先や膝やふくらはぎなど
あちこちが痛くなってきて
気持ちがはやるのに反して
足がなかなか前に出ません


クリックすると元のサイズで表示します
午後6時過ぎ ようやく到着しました

中から出てきた女将さんが
「はい 四千円」

なんと二人素泊まり四千円でした!
他に誰も泊まり客はいないようでした

家庭風呂を少し大きくしたようなお風呂に入り
足の疲れを癒やしました

とにかく暖房の効いたお部屋で
お布団にくるまって眠れるだけで
最高に幸せでした



11




AutoPage最新お知らせ