ブラックホール合体!重力波  不思議なこと


クリックすると元のサイズで表示します

先日地下鉄の中で見つけた 

「ブラックホール合体!重力波」

という広告がとても気になって

昨日は
大阪市立科学館のプラネタリウムに行ってきました


実は
20年ほど前に
この世の真理がしりたくて
色々な本を片っ端から読んでいた頃

アインシュタインが
1916年にその存在を予言したという
「重力波」という言葉を知りました

ただ
その本が出版された頃は
まだその存在を証明することができていないと
その本には書かれていました


ところが
アインシュタインの予言から
ちょうど100年後の2015年

重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)により
世界で初めて重力波が直接観測されたのだそうです


そして翌年には

この重力波が
なんと30億年も前に
二つの巨大なブラックホールが衝突したことにより
発生したものだとわかったそうです


その重力波によって
空間のゆがみができたというのですが

その歪みの大きさはというと・・・


夜空に一段と明るく光っている
あの「シリウス」と地球との距離が

「髪の毛1本伸び縮みする程度」

なのだそうです~(*.*)~


なんだか
スケールが大きすぎて実感できませんが

この重力波の検出に対して
2017年にはノーベル賞が与えられたほどの
正に世紀の大発見だったらしいです


この宇宙は
「神(=創造主)が自らを知るために生まれた」
という説を
以前読んだことがあります


そうだとしたら
この壮大な宇宙の片隅の
太陽系第3惑星において

「神が自分自身を知る」
というプロセスが
一つの完成に向けて
いよいよ盛んに
進行しているような気がしてきました


そんな時代に
この地球で生きていることが
なんだかとても嬉しくて
ワクワクしてきました!


















5

神・・・大いなる力への確信  ひとり言


昨日は振替休日でした

夕方5時過ぎより
楽器店主催のピアノ発表会があるので
4時には家を出る予定でしたが
それ以外は特にすることもなく

体を少し休めたいという思いもあって
朝はいつもよりゆっくりと寝ていました

遅めの朝食をいただいた後
これから夕方まで何をしようかな。。と思いつつ
ふと何気なく窓辺を見ると

先日植えた「コーヒーの木」のポットに書かれた文字が
目に飛び来んできました

クリックすると元のサイズで表示します

Blessed is the man
that trusteth in the Lord,
and whose hope the Lord is.

Jer.177



「神の存在を信ずる人は祝福されます
神はその人の希望です」

そんな意味でしょうか。。。


聖書の中の言葉のようです

気になったので
本棚の前に行き
一番上の段の奥の方に入っていた
聖書を取り出してみました


クリックすると元のサイズで表示します

この文章は
旧約聖書の中にありました


「祝福されよ、主に信頼する人は。
主がその人のよりどころとなられる。」


と 書いてあります


なるほど。。。と思いつつ
聖書をもう少し読んでみたくなりましたが

そうはいっても
全部読むのはなかなか大変です


確か何年か前に
旧約聖書についてコンパクトに書かれた
本を読んだことを思い出し
本棚の奥の方をもう一度探してみました

すると
「旧約聖書入門」(三浦綾子著)が
出てきました

クリックすると元のサイズで表示します

本の裏表紙に
「1996年6月」と書いたメモがありました

夕方までの時間を使って
この本を
22年ぶりに再び読んでみることにしました


あるところまで読み進めると
赤いラインをひいたページがありました


クリックすると元のサイズで表示します


「神の知恵とそのみ心は、人間には計りがたく、
きわめがたいものなのだ。

だから、人間にとっては
『神がいられる!』
という一事がわかれば、
それで充分なのだ。


あとはすべてを神にゆだね、託すればよいのだ。

人間の考えをはるかに超えた、神の配慮を喜べばいいのだ。

人間の知恵は、しょせん頼むに足りない。

神への全き深き信頼、それが信仰なのである。(中略)

ヨブは神から答えはなくとも、平安を得たのである。」


22年前
私はここに書かれていることに
少なからず
心を動かされたのだと思います

しかし
当時はまだ
『神』という存在に対して
今ほど確信が持てないまま

心が揺れていたような気がします



その後
心の旅路をたどる中で
2018年の私は

それをあえて言葉で表すとしたら
『神』と言えるような

『宇宙の力』
『大いなる力』 

そのような
人智をはるかに超えた
『目に見えない力』の存在があるのだと

しずかに『確信』するようになりました


この本を
22年ぶりに開いたことは

そのことに気づかせていただくための
正に
「神の配慮」だったのでしょうか・・・



本を閉じて
ふと植木鉢に目を移し
はっ!としました


そもそも
この植木鉢に書かれていた言葉そのものが

「神の存在を信ずる人は 祝福されます」

でした!




感謝です




4

厄明け御礼  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

女性の厄年は

数え年で
19歳 33歳 37歳
そして還暦の年 61歳です

それぞれの厄年の前後は
前厄 後厄となりますので

今年数え年63歳の私は
節分を機に
晴れて「厄明け」となりました

というわけで
一昨日
石清水八幡宮に
「厄明け御礼参り」に
行ってきました


宮司さんの唱えて下さる祝詞を聞きながら
厄年の3年間を
無事に過ごすことができたことを感謝し

これからも
清らかな日々を過ごすことができますようにと
祈りました

そして
今日は立春です

新たな季節が始まりました

私にとって
心の高揚する新しい出来事が
今まさに始まろうとしています

全てに感謝しつつ
その喜びを
周りの方々と分かち合いながら
少しずつ前に進んでいきたいと思っています


5




AutoPage最新お知らせ