華麗なる60歳!  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します

ついに
その日が来ました。

「還暦」


口では
「今年 還暦なんですよ」と
言いながら

まだまだ
先の話のような気がしていたのに。。。



なんだか
急に”おばあさん”になってしまうような
ちょっと受け入れがたい気分


でも
親しいお茶の先輩方からは

「還暦なんてまだ若い若い!」と

一笑されます



私のこれまでの人生を振り返れば


生まれて初めの20年は
一人前の大人になるまで育ててもらった時期

次の20年は
パートナーに出会い
子育てをしながら

この世の真理を探究し
自分自身の内面をみつめてきた時期


40歳からの20年は
ピアノの演奏と指導
さらに
茶道講師という仕事を通じて

現実社会と関わりながら
奮闘してきた時期



さて
60歳を迎え
これからの20年は
どう生きていこうかしら。。。


ふと
立ち止まって考えてみました



体力的な衰えは
確かに実感してはいますが

自分の体力を過信しないよう
注意しながら

まだまだ
がんばることもできるような
気がしています



これまで
生きてきた間に受けてきた
数えきれないほどの「恩恵」に
自分のできる形で
お返しをしていくことが

今私が
一番望んでいる
自分の姿です



若かった時なら
失敗を恐れて
躊躇したかもしれないことでも

思い切って
できることを
どんどん形にして

社会に還元していきたいと
思っています


そのための
体力が残っている今だからこそ
今やらなければと
思うのです


「加齢」を憂うことなく

『華麗』なる!

60代・70代を
生きてみたいと思います!


神様が
その力を
与えて下さるよう
願っています

















4




AutoPage最新お知らせ