生命大躍進展  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します

大阪市自然史博物館で開かれている
生命大躍進展
行ってきました


クリックすると元のサイズで表示します

約40億年前に
地球に最初に現れた『生命』から

現在の私達に至るまでの
生命進化の歴史をたどる
膨大な展示会です


クリックすると元のサイズで表示します

5億年以上前に生きていた
奇妙な動物群の化石を始めとする
国内外の貴重な化石標本に加え

過去の生物たちの
精巧な復元模型や
リアルな4K映像などを通して

地球の生命の進化が
とてもわかりやすく展示されていました



クリックすると元のサイズで表示します

会場には
小さな子供を連れた家族や

古代生物マニアのような青年

また
研究者風の年配の男性など

さまざまな年齢層の老若男女が
訪れていました



実際
入場券を買うために
行列に並んで
待たなければならないほどでした



NHKで放映された
『生命大躍進』の影響でしょうか

それにしても
このような内容の展示会に
これほど大勢の人が関心を持って
集まってきていることに

私は驚きました


ここに集まっている
大勢の人々を眺めながら

私は
以前に読んだ
『宇宙には意志がある』(桜井那朋・著)
に書かれていたことを
思い出しました

「ここに私たちが存在しているのは
単なる偶然の積み重ねではなく

宇宙創成の当初から
準備されていたのではないか・・・

宇宙は
自分の姿を見るための”鏡”として
人類をつくった・・・」


今日の会場で

専門的な科学者だけでなく
小さな子供からお年寄りまで
多くの人々が

地球上の40億年の歴史を
目の当たりにしている光景を見て

今この時代に生きていることに
大いなる誇りのようなものを
感じました















5




AutoPage最新お知らせ