昨日の夜遅く
11時55分くらいのこと

寝る前に
2階のベランダに出たら

満月が
私の真正面に
輝いていました


思わず
はっとして
見上げていたら


たくさんの黒い雲が
月のあかりを時々さえぎりながら
風に吹かれて
通り過ぎてゆき

やがて


雲はすべて消え去り
ただ満月だけが
夜空に煌々と
光を放っておりました


私は
その光が
自分の額の真ん中に
まっすぐ差し込んでくるのを
感じました


月と私の間に
何もさえぎる物がないことが
なんだか
とてもありがたく

それが
まるで特別なことのように感じました


気が付くと
私は20分ほどそのまま
ベランダに立って
月の光を浴びていました



部屋の中に戻った私は
閉めてあったカーテンを大きく開けました

そして
月の光を
部屋の中に招き入れ

夕べはその光のなかで
眠りにつきました






6

近江の安養寺と金勝寺  聖地


週末に
近江に出かけ
二つのお寺を訪ねました

東方山安養寺

もう一つは

金勝寺

いずれも
白洲正子さんが
この一帯を好んで
巡られたお寺だそうで
その足跡をたどってみることにしました

クリックすると元のサイズで表示します
東方山安養寺


東方山安養寺は
栗東市にあります

開創は聖武天皇の時代 天平12年で
開基は東大寺初代別当の良弁僧正

中興開基は弘法大師だそうです

京都や奈良のお寺と違って
参道を歩いていても人っ子ひとりおらず
境内は雨に濡れた新緑に囲まれて
静かなたたずまいでした


クリックすると元のサイズで表示します
庭の拝観を希望の方は
インターホーンでお知らせくださいと
書かれていましたので
ピンポーンと鳴らして少し待っていましたら
ご住職が現れました

少しお待ちくださいとおっしゃるので
待っていますと

庭の掃除をなさっていたと思われる恰好の
女性が出て来られました

庭の結界をはずして
中に通してくださり
後をついていきますと
本堂と観音堂の鍵も開けて
その中まで入らせて下さいました


思いがけないことと
感謝しつつ

御本尊の薬師如来や
観音菩薩などの仏様を
ありがたく拝ませていただきました


帰り際に
ご案内の女性が
突然

「あなたは良いお顔をしていますね 
観音様です」と
おっしゃって下さり
びっくりしました

私が
胸に手をあてながら

「いやいや ここ(心)には
色々あるんです・・」

と申しますと

「いいえ 何もありませんよ」

と優しくおっしゃっていただき
思わず涙がでそうになりました


その女性こそ
観音様の現れではないかと
ふと思いました




クリックすると元のサイズで表示します
こちらは金勝寺(きんしょうじ)

栗東市金勝山(こんぜやま)山中にある天台宗のお寺です

こちらも
天平5年 聖武天皇の勅願によって
良弁僧正が開基したのだそうです



深い山中の境内を
仁王門から本堂
そして
虚空蔵菩薩堂へと歩いて回っていますと

山の精気によって
身も心も
清められるような気がして参りました





5




AutoPage最新お知らせ