茅の輪くぐり  幸せ話

クリックすると元のサイズで表示します
今年も一年の半分が過ぎようとしています

今日は
石清水八幡宮に出かけ
半年の間についた
心身の穢れを祓い清め
暑い夏を乗り切って
後半の半年を清々しく暮らすことが
できますように
祈りをこめて
茅の輪くぐりをしてきました


今年は
大祓人形に家族四人と次男の彼女の名前も
内緒で書いて
納めてきました

皆が健やかに過ごすことができますように・・・


石清水八幡宮では
明日6月30日には
大祓の神事が斎行されます







5

雲悠々 水潺々  愛のメッセージ

「雲悠々 水潺々」

「くもゆうゆう みずせんせん」と読みます


この記事を読んでいるあなたは

「雲のようにゆったりと
水のようにサラサラと」
生きたいと思っているけれど

その一方では
「でも なかなかそんな風には生きられないよね・・・」
とも思っていらっしゃるのでないでしょうか?


私も そんなあなたと全く同じです


「悟った」わけでもないし
日々 色々なことに心を揺り動かされながら
なんとか生きています


そんな中で
本やインターネットなどから受け取る様々なメッセージや
自分自身の心に湧いてくる思いを整理したものを
ご縁のある方と共有して
周りの方も自分も共に心安らかに生きることを
私自身のこの上ない喜びとしています



さて

雲のように 水のように
こだわりなく 自由に生きる



そのヒントは
自分の中にあります



自分の中に
「ネガティブな感情」
が起こった時がチャンスです



「ムカツ」 
 
「イラッ」   

「シュン・・・」  

「ドヨ〜ン」


こんな気分になった時がチャンスなんです


立ち止まって 
まわりの出来事や相手のことを
あれこれ考えるのを一旦やめて
自分の心の中をのぞいてみましょう




ちょっと見たくないものも
あるかもしれませんが・・・

「このネガティブな感情が沸き起こるということは
自分が何かにこだわっているサインだ

私が何かにこだわっていなければ
この感情は感じないはず

私はいったい何に執着しているのだろう?」



自分がこだわっているものを
発見してください



それを
無理に捨てる必要はありません

それは
ある意味
あなたの”個性”ですから


ただ
「ああ 私は これに執着していたんだな・・・」


と気づくだけでいいんです



「自分は こういうことにこだわる人なんだ」

と 素直に認めてあげてください


そういう自分を責めないで【ここ重要】
ただただ 認めてあげてください



それだけです




こんな心の使い方をしている時
あなたの心は
まわりに起こった出来事や相手を責めたり
自分自身を責めるという
ネガティブな作業から解放されているはずです


つまり
マイナスの波動が止まります


マイナスの波動は
マイナスの出来事をひきよせて
知らないうちに
どんどんマイナスのスパイラルに巻き込まれてしまいます


でも
マイナスの波動を出すことをやめ
ただ「自分自身を知る」
ということで心が穏やかになったとき

まわりの状況はたとえ何も変わっていなくても
あなた自身から
少しずつプラスの波動が出始めます


プラスの波動は
プラスの出来事を引き寄せます


こうなると
時には不思議なくらいに
プラスの波が向こうからおしよせてきます

とはいえ
マイナスの波が
完全に無くなるわけではありません



しかし

その都度 自分の中に湧いてくる感情をヒントに
自分の出す波動を修正していれば

いつの間にかあなたは

向こうからどんな人や出来事の波がやってこようと


「雲悠々 水潺々」


こだわりなく 自由に

波乗りを
楽しんでいることに気づくでしょう!  サーフィン







さて さらに踏み込んで・・・

この禅語は


悠々として動かぬ雲と
一瞬も休まず流れる水

ということから

「静と動の大調和」


を表しているとも言われます


この言葉で
私がいつも思い出すのが


「回り続ける独楽」

のイメージです


独楽は止まったら倒れます

立っているためには
ずっと回り続けなければなりません


適度な速さでバランスよく回っている独楽は
一見 何もせず ぼーっと立っているだけのように見えます


でも実際には
空気や床との抵抗を最小限にしながら

静と動の絶妙なバランスを保って

一瞬も止まることなく動き続け
同時に
静止しているのです



マイナスの波動を極力減らし
プラスの回転を始めることができたなら

回りながら静かに立っている
独楽をお手本に
一瞬一瞬努力していったらいいのです


時々
ふらついたり
倒れそうになることがあっても
その都度
自分の心を点検・修正しながら
与えられた命がある限り
静かに回り続けたらいいのだと
私は思っています


私は
そんな生き方をしている人たちを
心より尊敬します

そして
そういう人たちと一緒に
人生の旅を楽しみたいと思います
10

【ポジティブ設定】を”ON”にする  ひとり言

先日
長年使っていた携帯電話が
急に電源が入らない状態になってしまったので
機種変更をしました

そしたら
これまで見たこともない
色々なアニメーションの背景のついた
綺麗なメールが届くようになりました

画面いっぱいにカラフルな音符が動いていたり
歩いてきた人が手をついてお辞儀をした後
穴の中にすーっと消えていったり
ユーモラスなものもあって
どうやったら
こういうメールを送ることができるのか
知りたくなって調べてみました


そしたら
驚いたことに
こういったメール画像は
送った側では特別なことは何もしていなくて

受け取るこちら側の携帯電話で
【アニメビュー表示設定】が”ON”に
なっていると
相手のメールの中ににある絵文字に反応して
自動的に背景のアニメが現れることに
なっていたんですね


私は
てっきり相手の方が
その背景を選んで送って下さったと思いこんで
≪楽しい気分≫にさせていただいていました


本当はそうじゃなくて
私の携帯がそういう設定になっていただけだと知って
一瞬 なあんだ・・・と
思ってしまいました


でも
面白いですね

相手の方が
どんなメールをくださったにしろ
受け取る側の【設定】次第で
≪楽しい気分≫になることができるなんて・・・


調べるまでは
そんな【設定】があったことも知らなかったのですが
私はそのまま”ON”にしておくことにしました


うん?
そうか・・・!

自分の【設定】次第なんですね!


メールに限らず
周りの人や物や出来事から送られてくる
無数のメッセージに対して

常にこちら側の心を
【ポジティブに受け取る】
という【設定】にしておいたら


どんなメッセージがやってきても
≪いい気分≫でいることができるんだ!


私は決めました!


今から

心の【ポジティブ設定】”ON”
にします

(その努力をします!
5

おばあさんの笑顔  幸せ話

先日コンタクトレンズを
割ってしまったので
新しいレンズを買うために
眼科へ行きました


待合室に座っていたら
80歳くらいのおじいさんが入ってきて
受付に診察券を出され
その後に
同じくらいのお年のおばあさんが
一歩一歩ゆっくり入ってこられました


おじいさんは
おばあさんの付添で来られたようでした


お二人で
静かにすわって待っておられました


しばらくして
そのおばあさんと私は名前を呼ばれて
中待合に入りました


ちょうど
実家の母と同じくらいの方だなあと
思っていましたら
おばあさんが
横にすわった私に話しかけてくださいました


「私は
今までずっと病気なんかせなんだけど
尻もちついてから
目は見えんし 耳も聞こえにくうなって・・・」


「そうですか・・・
そやけど・・・
優しそうなおとうさんですね」


「そうや・・・
酒もたばこもせえへんし
まじめな人や

そやのに
私はこんな目におうて・・・

なんも悪いことせんのに
なんでこないなったんか

毎日病院通いや・・・」


そんな会話をしながら
おばあさんはずっと
暗い顔をなさっていました


一緒に病院に付き添ってくださる
あんな優しそうなご主人と
ご夫婦そろって長生きして
おられることは
それだけでも幸せなのに・・・と
思いながら
私は

「病院までこうして来れる人は
まだまだお元気やと思いますよ」

と言いました


そしたら
おばあさんが急に笑顔になって
「ははは・・」と声をあげて
笑ってくださっったので
私はちょっとうれしくなりました
6

素敵な人たち  幸せ話

ホスピスで
ランチタイムを患者さんと一緒に過ごすという
ボランティアをなさっているというUさん


お年寄りの話に耳を傾ける
傾聴ボランティアをされているHさん


何か思うところあって
10年間天河神社に通いつめたというKさん



檀家さんのために
寝食忘れてご奉仕なさっているご住職さん
またそれを支えるご家族


お姑さんやお母さんの思いを尊重しつつ
ご自身の生き方とのバランスをとりながら
がんばっている女性たち


ご伴侶を見送った後
一人で楽しみを見つけて
日々を前向きに過ごされている方


子育てにさまざまな悩みを抱えながらも
忙しい日々をたくましく生きる母親たち


仕事場で
自分に自信を失いかけるようなことがあっても
その中で
新たな喜びを見出して挑戦している人たち


みな
それぞれの場所で
美しく輝いています

本当に
みな綺麗です

そして
私が素敵だなと思う人たちは

がんばっているのだけれど
みな驚くほど謙虚なのです


そういう方々のお話を聞いていると
心がじんわりと温かくなってきます


2013年


そんな素敵な人たちが
私のまわりに
どんどん増えているような気がします



6




AutoPage最新お知らせ