JR50キャブOH

  | 投稿者: ラブスモ蒲

タンクデカールから推測すると1982年モノなJR50
エンジンがかかるトコまで作業させていただきました

スロットルが固着してるのはたいがいキャブが原因です
まずはシートとタンクを取り外します。
クリックすると元のサイズで表示します

シートを固定しているのは左右のこのボルト...
クリックすると元のサイズで表示します
ヤケにキレイなのが気になります
クリックすると元のサイズで表示します

外してみたらヤハリガビーン...ベースは使えません
クリックすると元のサイズで表示します

サイドカバーのネジはオイルタンクも固定してて合理的♪
クリックすると元のサイズで表示します

タンクは前後で留まっています
クリックすると元のサイズで表示します

燃料コックからキャブへは2本のホースがきてます
ONとOFFしかないのに?
クリックすると元のサイズで表示します

タンクを固定ボルト、シート側にはスペーサーが入ります
クリックすると元のサイズで表示します

前側は貫通ボルト、左右それぞれワッシャーで挟みます
クリックすると元のサイズで表示します

で...いよいよキャブレター
スロットルもチョークも固着しています
クリックすると元のサイズで表示します

頭のボルトを緩めてスキマからCRCをチュッチュと吹き込んで
クリックすると元のサイズで表示します

ヒートガンで暖めたら、スロットルバルブとチョークバルブが
ヌルッっと抜けてきました、この感触がスキです
クリックすると元のサイズで表示します
※ヒートガンはキャブレター内のガソリンを完全に抜いてから!

クランプボルトを緩めてインマニからキャブを外します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エアクリボックス内側からボルトを抜いてキャブだけになりました
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まずはミクスチャスクリューを締めてみます、0.75回転でした
クリックすると元のサイズで表示します

ミクスチャスクリューとアイドルスクリューを緩めて抜きます
クリックすると元のサイズで表示します

チャンバーのネジ4本外して
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳〜・・・いいかんじ
クリックすると元のサイズで表示します

燃料抜きのドレン穴にはヘドロみたいのがゴッソリ
クリックすると元のサイズで表示します

メインジェットには、燃料ホースらしきものがかぶってました
燃料の吸上げを安定させるかもしれませんが撤去
クリックすると元のサイズで表示します

まずメイン&スロージェットその他穴全部にCRCを吹き込み
キャブメンテ用のピンを穴に通して、キャブクリーナー吹き込み
エアで汚れを飛ばしてから、パーツクリーナー吹いてから
仕上げにエアを吹き込んで仕上げました、写真は無いケド

ちなみにミクスチャの穴にはOリングや小さなワッシャーが
入ってるコトがあります、エアで飛ばさないように要注意です。

キレイになったキャブを組んで、タンク&シート固定して
エンジン始動!至福の一瞬です(笑
ミクスチャは1.25回転戻しでキマりました。

あとはお客様がボチボチ仕上げていくとのコトで納品完了!

一緒に楽しみましょうね〜♪
まずは馬小屋ベースのダートスピリット参戦しますか!!?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ