巨大エアタンク

  | 投稿者: ラブスモ カバ

仕事場で使ってるアストロプロダクツのエアコンプレッサ
タンクの内圧が低下するとスイッチが入ってコンプレッサが回ります

タンクに詰め込む空気圧と、コンプレッサを回す圧力を調整できるんですが
シロウトがヤミクモにイジっちゃイケマセン、発火してスイッチ交換決定
製品の問題ではなく、素人が弄ったコトと木屑の多い環境が悪かった

スイッチだけてのはなかなか無いのですが、動力の無いコンプレッサー発見
つまりエアコンプレッサのタンクにスイッチが付いた状態、安かったので購入

スイッチ交換して、アストロプロダクツのコンプレッサー復活!
残ったタンク...無駄にデカイが補助タンクとして活かすコトになり
せっかくなのでデコっときました。
クリックすると元のサイズで表示します

デカイだけあって内圧の変化は緩いからサンドブラストもしやすそう
クリックすると元のサイズで表示します

タンクの横っ面に板を取付けて、出先ではコレを寝かせてワークベンチなどとして
活躍する予定です、しかし空気満タンにするのにエライ時間かかります
ゴムボートなら一発で膨らませそうです、ジャマだけどなんか楽しいアイテムです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ