2008/4/6

可愛いベイビー♪  With The Beatles

皆さま、先日の「臨時ニュース」では
励ましのお言葉をたくさんいただきありがとうございました。
これから娘と二人、メイクとファッションの研究に入ります
アドバイスお待ちしてますわ。ホホホ……


さてさて、今日で春休みも終わりです。

そのせいか
去年の「冬休みカバー特集」を思い出した。
恋人への呼びかけをいろいろご紹介しましたね。
覚えてる?

ベイビー、ベイブ、リトルガール……

小さいものを愛おしく思う気持ちは万国共通。
というわけで、どこの国でも
恋人への呼びかけにはbabyとかlittleがよく使われます。

中でもフランス語の場合は
petit(英語のlittle)が呼びかけにつくと
性的な関係をあらわすらしい……

いかにもお国柄って感じですなあ


かつて日本でも「可愛いベイビー」という歌があった。
歌ったのは中尾ミエ。

今や知ってる人は年齢が限られますが
北九州・小倉出身の彼女はうちのオカンに言わせると“ご近所”
昔はよく「中尾書店の娘さん」と呼んでました

可愛いベイビー と呼ぶのは
愛しているからかしら
pretty little baby 私のベイビー


この歌がリリースされたのは1962年、
ビートルズデビューのちょっと前です。
当時ミリオンセラーの大ヒットとなっただけあり
オカンいわく
3歳のGORICOも回らぬ舌で日夜、愛唱してたらしい

買い物に連れてくと
商店街のおじさんおばさん相手に歌い始め
「上手だね〜♪」の褒め言葉に調子づいて
2コーラス歌い終わるまでその場を動かなかったとか……

「どこへ出しても恥ずかしかったよ、あんたは」by オカン

ハッ……
そりゃヘイブル小僧ではないか

うーむ。

こんなところにDNAが継承されていたとは……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックを。
「可愛いベイビー」と同様、
小さいものを愛おしむ呼びかけの歌です。


「かわいこちゃん
小さなかわいこちゃん 
ねえ 踊ってくれない?
ぼく寂しいんだよ 付き合ってよ
気分よくなりたいなら
楽しませてあげるから
君がぼくのものに なってくれたらね
さあおいで 一緒に踊ろう」


Little child, little child
Little child, won't you dance with me?
I'm so sad and lonely
Baby, take a chance with me
If you want someone to make you feel so fine
Then we'll have some fun
When you're mine, all mine
So come, come on, come on

("Little child"より)


初期ビーの典型的な甘々ラブソング
あまりに単純なリリック&メロディなので
実はかなり最近まで私、これをコピーだと思ってました。

これでも堂々たるレノン=マッカートニー作品なのです。

でもこのナンバーに関しては
あんまり“駄曲”という評判は聞きませんね。
もしかして、案外くろうと好みの部分があるのか?

ビー評論家の皆さま、ご意見はいかがでしょう。

これでアルバム『With The Beatles』の収録曲は
すべてご紹介が終わりました!
それではジャケットを載せておきます。
前に「光と影」の話題で出したので、覚えてる人もいるかな……

クリックすると元のサイズで表示します



213曲まで、あと45曲……


2008/4/4

臨時ニュース!!!  With The Beatles

皆さま、このたびGORICOとビートリー娘が

なんと……

テレビに出ることになりましたっっ!

その道のマニアがスタジオに集い、
熱くオタッキーに語り尽くそうという番組だそうです

詳しくは番組HP『BS熱中夜話』を見てね。

事の発端は、某SNSの某コミュ宛に
ビートルズに関するアンケートの記入依頼が来たこと。

コミュ管理人さんからその話を聞いて
私はさっそくアンケートを送りましたよ〜
ファブ・フォーへのありったけの想いを込めて……

で、その中にあった質問事項の一つ

「あなたがビートルズに関して人に語れる持論やこだわりは?」

これに私はこう答えた。

「ビートルズ公式発表曲213のリリック一つ一つを題材に
 ブログを書いています。
 なので213曲はすべて知っていますが
 うちの娘(高2)はそのすべてを歌詞見ないで歌えます」


すると、番組ディレクターさんから
「ぜひお嬢さんにもアンケートにお答えいただき、
 できれば出演を……」とお返事が来たんであります

ところが番組収録の日は
娘、高校生活最後の部活の記録会と重なる。
だから絶対ウンと言わないだろうと思って話をしたら……

娘「テレビ出る!」
私「あんた、記録会どーすんの?」
娘「親戚のお葬式ってことにしてサボる!」

というわけで
その日は親戚のどなたかに死んでいただきます……

悪しからず


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックを。
ジョンがサラリと歌う失恋ソング。
地味で短い曲ですが、初期ビーの雰囲気がビシバシ感じられます。


「心変わりしたんだろう
僕は何も変わらないのに
もう終わりだね 泣けてくるよ
いつだって同じ仕打ち
どうしてなんだ
君は僕をめちゃくちゃにして
また平気な顔で戻ってくる
いやだよ やめてくれ
もう 次はないからな」


And now you've changed your mind
I see no reason to change mine
I cry it's through, oh
You're giving me the same old line
I'm wondering why
You hurt me then
You're back again
No, no, no, not a second time

("Not a second time"より)


どうして今日このナンバーを選んだかといえば。
私のテレビ出演など「もう次はない(not a second time)」からよっ

放映は5月15日と22日の深夜です。見逃さないでね



213曲まで、あと46曲!

2008/3/26

今、ここにある想い  With The Beatles

皆さまの応援のおかげで(?)
ビートリー娘の「星空のセレナーデ」が
めでたく「邦題トップ10」の一位に輝きました

元ディレクター「いや〜このちょっと古めかしい感じがいいですね」
司会者・カンケ「○○さん、作者のグロッティ・ガールは
        まだ10代の高校生なんですよ」
元ディレクター「あらま、そんなお嬢ちゃんが。へえ〜」

というわけで
お嬢ちゃん扱いされてちょっといい気分の娘でしたよ


さて話題は変わりますが、覚えてますか。
小泉さんがなぜだか命をかけて押し通した「郵政法案」

2007年10月1日に郵政民営化が実現して
もうすぐ半年になります

資本金3兆5千億円
グループ全体の従業員数24万人あまりという
超巨大企業が誕生したわけですが……

民営化されてどこがどう改善されたのか
いまいちよくわからん

まあ民間の“知恵”ってやつを取り入れて
多少なりともユーザーメリットが増えるのなら
それに超したことはありませんけど


ともあれインターネットのない時代には
手紙というのは重要なコミュニケーションの手段でした。

「やっぱり直筆だよ!」のところでも書いたけど
メールですべて事足りる時代になったからこそ
直筆の手紙が相手に与える効果には
計り知れないものがありますよね。

われらがビートルズも
手紙にはかなりの思い入れがあったようです

彼女の手紙を運んでくれと郵便屋さんに迫ったり
「愛してるよ」と追伸に書いたり
ありったけの愛を込めて毎日手紙を送ったり。

でも、どうしても手紙じゃ伝えられないこともある。

それは“今、ここにある想い”

今すぐに聞きたいこと。
今すぐに知ってほしいこと。
今すぐに謝りたいこと。

今すぐに届けたい想いは、今伝えるしかない。

というわけで
“今、この瞬間”を直筆で表現することのできるメールというのは
なかなかスグレモノなのですね。

私がこのブログへのコメントを読んで感激するのも
皆さんの“今、ここにある想い”が直接伝わってくるから……

いつもいつも、ありがとう


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。

インターネットがない時代は
今の想いを伝える手段は電話だけでした。
そんな疼く想いをジョンが切なく歌い上げます。


「君にキスしたくなったら
僕は電話すればいい ただそれだけ
すぐに君はやってきてくれる
電話するだけで
君だって同じだよ
僕に会いたくなったら 電話して 
すぐに飛んでいくから
電話するだけでいいんだ
それだけで」


And when I wanna kiss you, yeah
All I've got to do is
Call you on the phone
And you'll come running home
Yeah, that's all I've got to do
And the same goes for me
Whenever you want me at all
I'll be here, yes I will
Whenever you call
You just gotta call on me, yeah
You just gotta call on me


("All I've got to do"より)


地味な小曲だけどすごく好きなナンバー。
冒頭の不思議なギターコードが
A Hard Day's Nightの「ジャーン!」以上に印象的です。



213曲まで、あと49曲!

2008/3/22

最高ホーダイ!  With The Beatles

突然ですが、ここで  お 知 ら せ

当ブログの「総投稿数」が
今日の記事をもちまして「168」になりました。
ジョンのソロを3曲取り上げた記事とノンジャンルの2本分、
合計5本を除くと、その数163。

ってことはつまり……

213曲のリリックすべてを紹介し終わるまで
残すところあと「50曲」!なのですよ

おお〜ついにカウントダウンの段階に入ってきた!
というわけで、今回から最後に「213曲まであと○曲」を入れることにします。

でも私の場合、こういうことをやると必ず最後の最後で
「あれ? 一曲足りない……」
みたいな事態になるんだけど。

いつまでたっても帳簿付けがニガテなもんで……

。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


さて、今日のテーマはビートルズ曲の邦題です。

以前「タイトル考」のとこでちらっと話題に出ましたが
初期ナンバーにたくさん見られる邦題には
かなりビミョ〜なものが多い。

これは当時東芝EMIのビートルズ担当ディレクターだった人が
“リリックを読まずに”原題だけ見て曲を聴いて
なんとな〜くのイメージで付けたから……みたいなことを
この前ラジオで言ってましたよ

そのラジオ番組というのは
知る人ぞ知る「ビートルズ10」

番組の中に「邦題つけ放題」というコーナーがあります。
213曲のうち原題だけしかないナンバーに
リスナーたちのアイデアで邦題をつけてしまおう、という企画。

わが家のビートリー娘はこのコーナーの常連で
“グロッティ・ガール”(この名前の由来がわかる人はスゴイ)
というラジオネームで毎回投稿してます。

今までに採用された彼女の邦題は

「それがいい女」(She's a Woman)
「涙の向こう側」(For No One)
「星空のセレナーデ」(And I Love Her)
「ロックンロールが止まらない」(Rock and Roll Music)

などなど。
なかなかのセンスでしょ〜?(←親バカですみません

まあ娘のセンスはさておいて
こうして決まった「ビー10的邦題」の中で
私が一番気に入ってしまったのは……これ!

「もう、離さない」

何といってもこの「もう」の後の「、」にセンスを感じる。
もう、最高。

吹けば飛ぶよなテンやマルにも
あふれて尽きない感情を込めることのできる日本語って
本当にすばらしいと、あらためて思いました。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
ジョンの想いが隅々からほとばしってくるナンバー。
うちの娘のビートルズ魂に火をつけた一曲です。

「もう、離さない」


「君がいなくなってから
僕はずっとひとりぼっちだった
やっと帰ってくるんだね
これ以上ないくらい 最高の気分だよ
君が帰ってくるんだ
涙が止まらない ひとりの夜
泣くことしかできない ひとりの昼
でも もうすぐ もうすぐ
あと少しで
僕は君だけのもの
もう、離さない」


Since you left me I'm so alone
Now you're coming, you're coming on home
I'll be good like I know I should
You're coming home, you're coming home
Every night the tears come down from my eyes
Every day I've done nothing but cry
It won't be long yeh, yeh, yeh...
It won't be long yeh
Till I belong to you


("It won't be long"より)


ちなみに明日放送予定の「ビートルズ10」では
これまでに採用された邦題の中からトップ10を選ぶそうです。
ラジオ日本で夜8時半から。
おヒマな方はぜひ聴いてみてください


213曲まで、あと50曲!


2008/3/8

左きき讃歌  With The Beatles

「わったしの わったしの 
カレは〜 左きっきぃ〜♪」


と、麻丘めぐみが歌ったのはおよそ35年前。
私は当然生まれてませんが(←またかいっ
この曲を聴いて懐かしさを覚える人も多いでしょう。

私とビートルズの衝撃的出会いについては
以前のブログにも書きました。(「それはジャーン!から始まった」
だけど実は、「ジャーン!」の洗礼を受ける前に
ビートルズの名前を意識し始めたあるきっかけがあったのです。

そのきっかけとは……

たぶんこのブログを読んでくれてる、そこのあなたよあなた!


話は麻丘めぐみの歌が流行ったころにさかのぼる。
中3のGORICOはクラスメートの男の子に恋をしました

その彼が、左ききだったのです

今でこそ大胆奔放を売り物とするドクター・ラブのGORICOですが
当時は男子に対して素直になれないビミョーなお年ごろ。
彼に想いを打ち明けられるはずもなく
わざと無視したり反抗的な態度をとったり……
実にかわいくない女子を演じていた

彼の真似をして左手で字を書く練習をする、というのが
どうにもならない恋心をなだめるために
素直じゃない私ができる唯一のことだったのです

だけどギターが上手で気さくで優しい彼は
かわいくないGORICOにもときどき話しかけてくれました。

「オレ、ビートルズのファンなんだ。○○さんビートルズ知ってる?」
「え〜興味ない、別に」


ホントはうれしくて仕方ないのに
わざとそっけない態度をとってしまう私。
でもまあビートルズの名前と「イエスタデイ」くらいは知ってたので
彼がビートルズファンということだけはしっかりインプット

だけど結局何も言えないまま卒業の日を迎え
いつしか時は過ぎて17歳になった夏、
私は「A Hard Day's Night」のレコードに針を落とした……

そこからすべてが始まりました。

そのとき真っ先に心に浮かんだのは
「もっと早くこれを聴いていれば、あのとき彼と話ができたのに……」
という苦くて切ない後悔

遠い遠いかなたの、初失恋の思い出です。

あの時必死で練習した左手使いも
もうすっかり忘れてしまいました……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。

ビートルズの演奏風景がものすごく絵になっているのは
ポールの左ききによるところが大きいと思う。
右利きのジョージと対象になる姿が
抜群の構図を作っていることがよくわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、左ききポールのベースラインが
ことのほか印象的なこのナンバー。知る人ぞ知る超名曲!!!

「目を閉じて キスしてあげよう
明日になったら寂しくなるね
でも覚えていて いつだって忘れない
離れていても毎日手紙を書くよ
ありったけの愛を込めて」


Close your eyes and I'll kiss you
Tomorrow I'll miss you
Remember I'll always be true
And then while I'm away, I'll write home everyday
And I'll send all my loving to you

("All my loving"より)


実はこれ、ビートルズ213曲の中で
1、2を争うほど好きなラブソングなのです。
「All my loving」を聴くとあらためて
「ポールって天才メロディメーカーだったんだなぁ……」
と誰もが実感するはず!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ