2008/10/9

旅の終わりに  Abbey Road

2006年11月15日。

その前にちょこっと別の場所で書いてたブログを

リニューアル・オープンしたのが、この日でした。


思えば、2年前の夏

中学校の同窓会でン十年ぶりに会った同級生から

「へー、○○さん今ライターやってんの? 

 だったらブログくらい書かないとね〜」

と言われて奮起して始めた『晴れ、ときどきBeatles』

正直、ここまで来るとは予想しなかったなあ……

当のNくんは読んでくれてないと思うが


飽きっぽい私が

執筆原稿を4本同時に抱えてた時でさえ

欠かさずブログの更新をつづけてこられたのは

何といっても、ご愛読くださった皆さんのおかげです

愛あるコメントも、「いつも読んでるよ!」のメールも

私を励まし、モチベーションを高めてくれました。


本当に本当にありがとう


私にとってもこのブログの存在は

ものすごく大きなものでした。

大好きなビートルズの残した213曲を辿ることが

これほどワクワクするものとは、思ってもみなかった。

もしかしたら、これを書くことで

一番楽しんでいたのは、私自身かもしれません


最初のころの読者は

ほんの少しの友人知人だけだったのに

某SNSのメンバーになってからは

私と同じくビートルズに魅せられた人たちが

おおぜい読んでくれるようになった。

これも本当に予想外のうれしい出来事でした


そうこうするうち

永遠の5歳児だった息子はギター抱えた中学生になり

オタク街道まっしぐらの娘はテレビ出演を果たし

ビートルズにまつわるわが家の歴史も

着実に塗り替えられ、次代へ継承されていきます



ひとつのサイクルが完結し、旅が終わる……


今日、旅の終わりはジョン・レノンのバースデイ。

大好きな人の誕生日でブログを締めくくれることは

私にとって、とても意味のある喜びです。


たくさんの、かけがえのない出合いを

私にもたらしてくれたビートルズ……

だけど

「ビートルズがなければ出合えなかった」とは考えない。

すべての出合いは、運命により決まっているから。

その手段の一つとして、神様が私に

ビートルズを与えてくれたのだろうと思っています。



でも、なかなか粋な手段を与えてくれたもんですね


そして、出合えたすべての人に対し、心から感謝です。

もう一度……

本当に本当にありがとう。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは、旅の終わりにお届けする

213曲目のリリック。

たぶん予想がついた人もいるんじゃないかな……


最後のフレーズは、まっとうに訳すと

「あなたが人から受ける愛は

 あなたが人に与える愛に等しい」


という意味ですね。


これを愛の質量保存の法則と呼びます(←ウソ)


「今夜…… 
夢で逢えるね きっと
愛してるよ 君だけを 
死ぬまで ずっと
つまり こういうことさ
君がぼくを愛してるのと同じだけ
ぼくは君を愛してる」


Are you gonna be in my dreams tonight?
Love you, love you
Love you, love you...
And in the end
The love you take is equal to
The love you make

("The End"より)


では皆さん、

またいつかどこかでお会いしましょう!

それまではぜひバックナンバーをアルバム別にお楽しみください。


これからもビートルズの音楽と彼らの生き方が

私と皆さんの人生をうるおしてくれることを祈って……

ジョン・レノン生誕68年の記念日に

The BEATLES forever!


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。



皆さん、たくさんの心温まるコメントを

本当にありがとうございました

あらためて、この場を借りて心からお礼申し上げます。


晴れでも雨でも嵐でも、いつも私のそばにあったビートルズ。

衝撃の出合いから30年、

ほんの限られた一瞬を除いて(詳しくはバックナンバーを!)

彼らの音楽とリリックに慰められなかったときはありません。


それは彼らの求めるものが

究極の Love & Peace だからなのでしょう。

時代を先取りし、次々と新しい音作りにチャレンジしながらも

彼らのテーマはつねに「愛し合おうよ」でした。

ビートルズの音楽には、いつでもこんな声が聴こえているんです。



愛しなさい――世界を。そして、あなたのいちばん身近な人を。




これからもいろんなところで

ファブ・フォーの魅力を語り続けたいと思います。

そのときは、皆さんぜひお付き合いくださいね



2008/9/27

ファブ・フォーは永遠  Abbey Road

皆さま、先日はヘイブル息子への激励の言葉をいただきまして
まことにありがとうございます

相変わらずテキトー指数100%の無責任男ではありますが
まれに見るサバイバル能力を発揮して
今後もどうにかこうにか世渡りしていくことでしょう

と、言ってるそばから……

またもや母を大いなる不安に陥れるデキゴト発生

なので、ご期待に応えて連チャンで行きますよ〜


今日のヘイブル君


近ごろ、奥歯の知覚過敏に悩まされてる息子。

固いものを食べるたびに「イテテテテ!」と大騒ぎするので
(はい、痛みに弱くて大げさなんです……父親ゆずりです)
しかたなく歯医者へ連れていった

レントゲンまで撮って調べたが、まったく異常なし
それでも歯科衛生士のきれいなオネーサンが
とりあえず、歯のコーティング剤を塗ってくれました

「30分たったら食事は普通にしていいけど
 今夜だけは奥歯は磨かないでくださいね。
 薬が取れちゃいますから」

オネーサンに笑顔でそう言われ、
母子ともに「はーい」といいお返事して、歯医者を後にする。

さて、その夜。
歯磨きしようと洗面所へやってきた息子に私は念を押した。

「あんた、覚えてるでしょうね。
 奥歯は今夜磨いちゃいけないんだよ!
 うっかり歯ブラシ当てないよう、気をつけてね」

そして息子は……

「わかってるわかってる!(←注:繰り返す時はわかってない)
 磨かない磨かない、みががな……
 あ〜〜っっっ!!

私 「ど、どうしたの?」
息子「磨いちゃった……薬、取れた」

オー、マイ、ガーッッ!!!

今言っただろうが、今、今!!
ほんの数秒前に言ったことを
なぜ覚えてられないのだ、息子よ……

というわけで……
せっかく歯医者さんで払ったン千円が数時間でパー

この顛末をあとから聞いた娘が、言いました。
「もしかしたらヘイブル君って、アタマに傷があるんじゃない?」

確かに。
超短期記憶のおぼつかなさだけ見ると
若年性アルツハイマーかという気もしてくる……

親子そろって“ボケ”を恐れるわが家なのでした


それでは、またも気を取り直して
「4人がビートルズだった頃」の第9話でございます。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

1969年、春。
ゲットバック・セッションが失敗に終わり
私生活ではジョンがヨーコと結婚、ポールがリンダと結婚して
ファブ・フォーの蜜月時代は終焉を迎えようとしていた。

それでもポールは――いや、4人は
新しい音作りへの意欲を決して捨てたわけではなかった。
デビュー以来、ビートルズの音楽のほとんどを
生み出してきた場所――アビー・ロード・スタジオ。
その名を冠したアルバム制作に取り組み始めたのである。
夏の盛りのことだった。

このジャケットで4人はアビー・ロード・スタジオに
背を向けて歩き出している。
ビートルズというたぐいまれな“現象”に
別れを告げるかのように……

結果として『Abbey Road』は
4人がビートルズとして手掛けた最後のアルバムになったが
最後にして最高の作品という評価が定着している。
崩壊寸前のバンドからこんな傑作が生まれるところが
ビートルズのビートルズたるゆえんなのだ。
『Abbey Road』を聴くたび、
そんな彼らのパワーと限りない可能性が
今も私を勇気づけてくれる。

ファブ・フォーはどこまでも、どこまでも永遠……

。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
傑作『Abbey Road』の中でもひときわ光るコーラス・ワーク。
シンプルな詩と美しいハーモニーが感涙を誘います。
ジョンがヨーコのピアノ――ベートーベンのソナタ「月光」に
インスピレーションを得て作ったというのは、有名な話。


「風は強く吹いている
ぼくの心は揺れ動く
風が吹くから

愛だけは変わらない 
昔も今も
愛こそはすべて 
愛は君

空はどこまでも青い
ぼくは泣きたくなる
空が青いから」


Because the wind is high
It blows my mind
Because the wind is high

Love is old, love is new
Love is all, love is you

Because the sky is blue
It makes me cry
Because the sky is blue

("Because"より)

このアルバムジャケットでポールが裸足になったのは
暑い中での撮影だったためという話があります。
これがのち「ポール死亡説」の発端となった有名なエピソード。
そして、ジャケットに登場した横断歩道も
世界中からファンが集まる観光スポットとして
一躍有名になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

213曲まで、あと4曲……

2008/8/15

夏なので……南極探検(ギャグです)  Abbey Road

皆さま、お盆休みをいかがお過ごしでしょうか?

今日は敗戦から63年後のメモリアル・デー。
無数の尊い犠牲とヒロシマ・ナガサキの無念があって初めて
多くの日本人が誤りに気づかされた日

今、当たり前のように思える平和は
実は案外もろいものなのかもしれません。
ひとりひとりが常にその大切さを噛みしめなくては。
せめて私たちだけは、心に叫びつづけましょう――

「War is over, if you want it」



。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


さて、このブログ記事も今日で
ビートルズ公式発表曲のリリック全制覇まであと15曲

ここまでの道のりは長いようで、けっこう短かった。
ちょっぴり手こずったリリックもあったけど
そこはそれ、
自分の手に負えるフレーズだけ切り取ってちょちょいと訳せば
あ〜ら不思議ブログ記事の出来上がり〜

てな按配で、ここまで何とか凌いできたのである。

しかーし。
どうやってもこうやってもマトモに訳せない難物リリックが
213曲の中には存在しているのだ。
難物というより、魔物のような……

そんな魔物が怖くて、今まで見て見ないフリをしてきた私。
でも、あと15曲ってとこまで来たらもう仕方ない。
覚悟を決めて訳に取り組むしかありません。

というわけで不肖GORICO、三回にわたり魔物と闘います

名づけて……「南極(=難曲)探検」!
冷や汗かいて、ペンギンのように涼しくなれるかも。


では、歴代の訳詞者をおびえさせ泣かせてきた
魔物その1をご紹介しましょう。


「あいつは靴を磨かない
いつもつま先を丸めて
不格好な指でコカコーラをやってる
そして言うのさ “ぼくら友達だろ”
俺はこう答えるだけ
“自由になったほうがいい”
さあ来いよ 一緒にやろうぜ」


He wear no shoeshine he got toe-jam football
He got monkey finger he shoot coca-cola
He say "I know you, you know me"
One thing I can tell you is you got to be free
Come together right now over me


("Come together"より)


ファブ・フォー最後のアルバムとなった『ABBEY ROAD』の
トップを飾るハードなナンバー
もともとはロナルド・レーガンの対抗馬だった政治家ティモシー・リアリーに
ジョンが依頼されて作ったキャンペーンソングでした。
「Come together!」がリアリーのスローガンだったわけね。

出だしのフレーズがチャック・ベリーの曲に酷似してると訴えられたり
coca-colaがコカインを連想させるというのでBBCが放送禁止にしたり
いろいろ、いわくつきの曲であります。

で、とにかくこの歌詞が
「英語圏でもわかる人はいない」と言われるほど難解キャンディーズ!

確かに、歌詞カードの対訳を見てもイマイチ「???」だし
ジョンのことだから言葉遊びの様相も強いので
今まではテキト〜に
「ま、誰かのことを歌ってるんじゃ……」と思ってました。

そんな私が「おお〜〜っ」と感服したのは
リンク集にある東京ヒルトンさんの中で
この曲の歌詞を読み解く内容を読んだ時です。

もう、目からウロコが……
ボロボロボロッ!

というわけで、今回はこちらで思うぞんぶん難曲探検してくださいな。
東京ヒルトンさんの「いつも心にビートルズ」です。クリック!

さあ皆さん、ご一緒に!(Come together, right now!)




213曲まで、あと15曲……


2008/7/7

七夕と言えば……  Abbey Road

ここ数年来のGORICOのお悩み

朝起きると、顔にシーツのしわの跡がついている。

これが、何十分たっても
そのまんま。

うう。
弾力というものが失われて久しい私のお肌よ……

そんな年になってくると
誕生日というのは、あまり嬉しくないものである。

でもね。
お祝いしてくれる人がいる場合は、別です

あなたがこの世に生を受けたことを
かけがえのない幸運と喜び、感謝してくれる人がいるなら
それだけで、誕生日はいつだって特別な一日

というわけで、7月7日――
私たちビーファンはこの日に心から感謝したい。
7月7日と言えば、七夕。
七夕と言えば、リンゴ・スターの誕生日です


作詞作曲や音作りといったアーティストの面では
どうしても他の三人と比較して不利な立場に置かれてしまうリンゴですが
彼の本職は何といっても、その華麗なるドラム・テクニック!

ビートルズの音源そのものや楽器にはあまり詳しくない私ですが
それでも、彼らの曲の中で

「No Reply」
「Rain」
「Long Long Long」
「Something」

などなど
特にドラムに魅了されてしまうナンバーがいくつかある。
リンゴがいなかったら絶対に作れなかった音ばかりです。

愛すべきムードメーカー、リンゴ・スター。
今日でなんと御年68歳になりました

再来年はみんなで古希をお祝いしましょう


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
リンゴのオリジナルでは一番有名な曲でしょう。


「海の中 タコの庭へ行きたいな
タコはきっと ぼくらを招いてる
友達も誘ってみよう
一緒にタコの庭へ行かないか
海の中 タコの庭へ行きたいな
誰もいない すてきな場所さ」


I'd like to be under the sea
In an octopus's garden in the shade
He'd let us in, knows where we've been
In his octopus's garden in the shade
I'd ask my friends to come and see
An octopus's garden with me
I'd like to be under the sea
In an octopus' garden in the shade

("Octopus Garden"より)


「イエロー・サブマリン」と同じくお子様向けの曲ですが
コーラスを含めて、演奏するのはけっこう難しい……

うちの娘はいつも愛を込めて「タコ庭」と呼んでます



213曲まで、あと21曲!

2008/5/2

本当の女らしさ  Abbey Road

出張から帰ってきました

今回の取材相手の方は
ご主人亡きあと建築会社の女社長として世間の荒波をかいくぐり
数年で37億円の借金を返したというツワモノ“女傑”であります。

何しろ、売り物がパチンコ屋や病院やオフィスビルなので
取り引き金額もハンパじゃない。
しかも商売相手は「コレもん」の怖〜いお兄さんだったりするので
女傑のタンカもドスが利いていること……

今回はその一端を披露していただきました。
もう、ビビリまくりブー。
とても古希を過ぎているとは思えない貫禄に
思わず喝采を送ってしまった私です。

そんな女傑とGORICOは九州女という共通点もあって
お互いに親近感を抱いたのだが
何といっても共鳴してしまったのが、このセリフ。


「女はいくつになっても、ときめきを忘れたらいけん。
恋をせんごとなったら、おしまいたい」



ふーむ、やっぱり。

コワモテの男ども相手に一歩も譲らない人生を歩んできた女傑ですが
初めてお会いしたときからどこか女らしさを感じたのは
“恋”のせいだったのね

わが意を得たり、であった。

女傑がおっしゃるには、
「女らしさ=男に媚びること」ではない。
女はいつも熱いハートを持って
好きな男のために命をかける覚悟を決めなさい、と。
それができるのが、本当に女らしい女なのだそうです。

カッコイイじゃありませんか……

私も女傑を目指そっと!

。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックです。

本当に女らしい女には、本当に男らしい男が相応しい。
それは決して“男らしさ幻想”にとらわれてるマッチョじゃなく
素直な心で女を愛することができる男でしょう。

昔から女の尻に敷かれっぱなしのポールですが
このナンバーでは典型的マッチョ声で
愛する女への思いを見事に歌い上げています。


「ああ 愛する人よ
もし あなたがいなくなったら
ぼくは一人じゃいられない
信じておくれ
絶対にあなたを傷つけたりしないから」


Oh! Darling
If you leave me
I'll never make it alone
Believe me when I tell you
I'll never do you no harm


("Oh! Darling"より)


この曲はジョンもすごくお気に入りだったらしい。
「ポールがこれをぼくに歌わせなかったのは最大の失敗だ」
と言ったとか言わないとか。

最高の賛辞ですね




213曲まで、あと38曲!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ