2008/9/17

ディストラクション(破壊)  The Beatles

皆さん、数カ月前からベストセラーになってる
『☆型 自分の説明書』という本、知ってますか?

血液型に関する本って星の数ほどあるけど
これは、誰でも「うんうん、わかるわかる!」とうなずけるような
短いフレーズだけで構成されている。

たとえば……

A型「感情むき出しは恥ずかしくなっちゃう」
B型「変と言われるとなんだかうれしい」
O型「実はけっこう人見知りというカワイイ一面がある」
AB型「爆笑してるときはたいていウソ」

てなわけで、なかなか興味深いのですが
実はこれ、GORICOと深〜い縁がある文芸社の本なのよ
アマチュアの作品でもベストセラーになることがあるってのが
何といっても一番興味深い事実ですね。

それはそれとして……

ゆうべ、わが家でも血液型の話題が出ました。
うちの家族は成績優秀のため「オールA」なんですが……

私「ほんとはさ、A型の女と相性がいいのはO型の男なんだよね」
夫「……」
娘「じゃあママ、ジョンと相性いいじゃん、O型だから」
私「へえー、そうなんだ!」
娘「ポールはB型、ジョージとリンゴはA型」
私「そうなんだ、あはは! ポールってB型っぽいよね〜!
  でもって、ジョージとリンゴはA型って感じするよね〜!」
娘・息子「ママ、前にもおんなじこと言ったよ……

そうなんです。
血液型の話はともかく、
またもや私の“忘却力”が強化されたことを露呈してしまった
そういえばファブ・フォーの血液型については
過去に3回ほど話題にのぼったような気がする

やっぱアラフィフともなると、脳細胞のディストラクション(破壊)が
着々と進んでいるようですね……


では、無理やり気を取り直して
「4人がビートルズだった頃」の第7話ですよん


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


ヨーコと出合い、その感性にたちまち惹かれたジョンは
彼女の前衛芸術のスポンサーをつとめるようになる。
それが男女の愛に発展していくのは、必然だった。
なぜなら、ジョンがずっと求めて得られなかった本物の“女性性”を
ヨーコは見事に体現していたからだ。

それまで単に楽曲の集合体でしかなかったレコードに
初めて「ペパー軍曹の楽隊によるコンサート」という筋書きを持たせた
『Sgt. Pepper's Lonely Heart's Club Band』は
20世紀のポップミュージック界にビートルズが打ち立てた
金字塔だと今も名高い。
しかし、音楽的には頂点を極めつつあったけれど
“個”を追求し始めた4人の足並みは
しだいに揃わなくなっていった。

そんなとき、マネージャーのブライアン・エプスタインが
突然、謎の死を遂げる。
薬物中毒とも自殺とも言われているが、真相は今も不明。
ただ、彼の死が4人にとって
一つのステージの終わりを告げるものであったことは確かだ。

ブライアン亡きあと、4人は「アップル」という会社を設立。
テレビ映画『Magical Mystery Tour』と
ソングトラックを集めた同名のアルバムを手がける。
その後インドへ瞑想修行に出かけたころから
ジョージはインド音楽への傾倒をますます強めていき
ジョンはヨーコへの愛を確信して、前妻シンシアに別れを告げる。

ビートルズのディストラクションが
少しずつ始まっていた……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックを。

ビートルズはインドでの瞑想旅行中に
『The Beatles』用の曲をいくつか書きました。
4人の“個”が如実にあらわれたこのホワイトアルバムに
『Revolver』『Sgt』の時みたいな一体感はなく
「なんでもアリ」の様相が見えます。
今となっては、それがこたえられない魅力ですけどね

その中からご紹介する最後のナンバー。
ポールが鼻歌まじりでノスタルジックに歌います


「風よ あの子を船に乗せて
ぼくのところへ帰しておくれ
いとしのハニー・パイ
逢いたくてどうにかなりそうだよ
愛してる
でも 追っかけるのは面倒なんだ
だから君のほうが戻ってきて
ハニー・パイ お願いだから」


Will the wind that blew her boat across the sea
Kindly send her sailing back to me?
Now, Honey Pie
You are making me crazy
I'm in love, but I'm lazy
So, won't you please come home?
Honey pie, come back to me

("Honey Pie"より)


映画スターになって遠く離れてしまった恋人に捧げる曲。
メロディラインもリズムも、どことなく
「When I'm Sixty-four」に似てる気がするんですけど……


これ以上ないほどシンプルなジャケット。
よく見えませんが、たしか右上に通し番号がついてます。
1番はリンゴが持ってるらしいよ。


クリックすると元のサイズで表示します



213曲まで、あと6曲……

2008/6/21

キャンドルナイト、知ってる?  The Beatles

今朝はどしゃ降りでした……
まさに梅雨さなかですねえ。

この時期はどうしても天気がよくないため
あまり実感として感じられないことが多いのですが
今日は夏至です。
一年の中でもっとも太陽が出てる時間が長い日

だから、というわけでしょうか
この夏至の夜に照明を消して
ろうそくの明かりで過ごそうという運動が始まりました。

名付けて、「キャンドルナイト」

“自然に帰ろう”というスローライフの動きが
世界的に出てきたことを受けて
日本では2003年の夏至に
「第一回100万人のキャンドルナイト」と銘打ったのが皮切り。
ホームページもありますよ。

このキャンドルナイト、
地球温暖化防止が目的と思ってる人も多いようですが
石油製品であるパラフィンから作ったろうそくを燃やすと
普通に電気を使うより、かえって温室効果ガスが出ちゃうんだって

本末転倒。

しかも、経済至上主義者が多い日本では
このキャンドルナイトもクリスマスのイルミネーションと同じく
客寄せのイベントにしようという動きがあります。

これまた本末転倒。

ひねくれ者のGORICOさんとしては
どうも昨今のこの
“キャンドルナイトもてはやし現象”が気に入らない……

皆さんはどう思います?

とはいえ、
照明を消してろうそくの明かりだけで過ごすのは
なかなか悪くありません

ひねくれ者のGORICOさんは
新しもの好きでミーハーでもあるので
実は第一回目のキャンドルナイトで実践いたしました

真っ暗な中、家族で語り合ったり
子どもたちとキャーキャー言いながらお風呂に入ったり
いつもと違う夜を体験することができましたよ。

イベントやお祭り騒ぎとは一線を画して
今夜、皆さんもキャンドルナイト……いかが?


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックを。
昼間が長〜い夏至にちなんで、長〜い歌をお届けしましょう。

「長かった
本当に長かったよ
あんなに愛していたのに
なぜ君なしでいられたのか わからない
どんなに どんなに
どんなに 待ったことだろう
でももう大丈夫 君は僕のものだから
心から愛している」


It's been a long long long time
How could I ever have lost you
When I loved you
It took a long long long time
Now I'm so happy I found you
How I love you

("Long Long Long"より)

ジョージの静かに語りかけるようなボーカルと
リンゴの重厚なドラミングが印象的なナンバーです。
キャンドルナイトのBGMにピッタリ



213曲まで、あと25曲……

2008/6/11

名前、好きですか?  The Beatles

え〜 大好評を博してきた人名さんシリーズも
この第5弾でめでたく幕引きとなります。

さすがはビートルズ
単なる名前を冠しただけのように見えるナンバーにも
さまざまなエピソードが纏わりついていること
ナットクしていただけたでしょうか。

♪「なまえ なまえ な〜まえ
  きみの きみの な〜まえ
きいてみてビックリ さあどうぞ」


これ、知ってる人は知ってる「おかあさんといっしょ」の著名ナンバー。
どんな子どもも自分の名前を呼ばれると
ちょっぴり照れくさそうな
でも、嬉しそうな顔をしてた。
それがとても印象に残っている。

いつか「名付け親は神様です」のところで書いたように
名前というのはあなたへの、人生最初のプレゼント。

どんな人にも名前がある。

ということは

誰にも、親の無限とも思える愛情に包まれて
心尽くしのプレゼントを受け取った瞬間があったのです。

秋葉原通り魔事件の犯人だって
そのことに気づいていたなら……と思うと、やるせない。
名前があるという事実に感謝して生きていくことだって
できたはずなのに。

映像ジャーナリストの長倉洋海さんの話だと
アマゾンの先住民は
赤ん坊に「その子の生きていく道筋=人生」が見えてきた時
初めて名前を付けるのだとか。

人間にとって名前とは、かくも大切なものなのですね。


さてそこで皆さん。
自分の名前、好きですか?

正直言うと私は、あまり好きじゃありませんでした。
特に小さいころなんて「子」の付く名前に憧れていたので……

私が本当に自分の名前を好きだと思えるようになったのは
愛する人が名前を呼んでくれるようになってからです。

そのときから
今まで私にとって無機的な符号にすぎなかった名前が
血の通った生き物のように、温かく愛おしい存在になりました。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックをどうぞ。
ポールの軽やかな声がカジュアルな雰囲気をかもし出す一曲。

「ねえ マーサ
毎日君に話しかけてるんだけどな
僕のこと よろしくね
絶対忘れちゃダメだよ 可愛いマーサ
ちょっと頭を上げてごらん おバカさんだね
君がしたこと 見てごらんよ
このめちゃくちゃ状態に気づいたなら
少しは自分で何とかするんだよ
ホントに困ったお嬢さん」


Martha my dear
Though I spend my days in conversation
Please remember me, Martha my love
Don't forget me, Martha my dear
Hold your head up, you silly girl
Look what you've done
When you find yourself in the thick of it
Help yourself to a bit of what is all around you
Silly girl

("Martha my dear"より)


このナンバーに出てくるマーサですが
実は人名さんじゃなくて、犬の名前。
当時ポールが飼っていた雌のイングリッシュ・シープドッグです。

そう思って読めば、部屋をさんざん散らかされて
「やれやれ……」と言いたそうなポールの顔が浮かんでくるでしょ?

ちなみに、実力派コピーバンドのポール役・永沼ッカートニーが
ビートルズ――とりわけポールに取りつかれたのは
ある雨の夜に聴いた「Martha My Dear」がきっかけだったとか。

彼が娘の名前を「真亜沙(マーサ)」と付けたのは有名な話。



213曲まで、あと28曲……

2008/5/28

人名さんシリーズ開始!  The Beatles

突然ですが、最近ユーウツな気分に苛まれてる私

その原因はわが家の“倉庫”にある。
ここは玄関を入ってすぐの、
物置代わりにしてるコンクリート打ちっぱなしの部屋。

この倉庫にですね、暑くなってくると出没する生物がいるんですよ……

それは、


ゲジ。


見かけると、もう生きた心地がしません。
倉庫のドアを開けるのが恐怖 マジで。

(勇気のあるあなたはココをクリックしてご対面してね)

調べたところ、ゴキブリを食べてくれる益虫らしいのだが
この生物がゴキブリくわえこんでる場面を想像するだけで
気絶しそうになります
ゴキブリはコンバットで退治するから
お願い、私の目の前に現れないで……と祈る日々

それにしても、この「ゲジ」という名前は何なんだ。
一説によると素早い動きが「験者(げんじゃ)」のようだというので
ついたみたいだけど……

「名は体をあらわす」の最もおぞましい例でしょうか


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


さーて、それでは今日のリリックを。

「ゲジ」の話題からどんなリリックが出てくるかと思ったでしょ?
実は今日からしばらく名前にちなんだリリックをご紹介しようと思うの。
名付けて“人名さんシリーズ”


ビートルズには人名をタイトルに冠したナンバーがいくつかある。
しかし、そこはさすがレノン=マッカートニー。
「Anna」「Julia」のように恋人の名前を使った曲はわずかです。
あとはたいてい、いわく付きの人名さんなのだ。

では、その第一弾。

「ねえプルーデンス 出ておいで
ねえプルーデンス 素敵な一日が始まるよ
陽は降り注ぎ 空は青い 
最高さ もちろん君も最高以上
ねえプルーデンス 出ておいでよ」


Dear Prudence, won't you come out to play?
Dear Prudence, greet the brand new day
The sun is up, the sky is blue
It's beautiful and so are you
Dear Prudence, won't you come out to play?

("Dear Prudence"より)


これはビートルズがインド・リシケシュでの精神修行中に作った曲。
当時は4人のほかにも修行中のメンバーがいて
その一人が女優ミア・ファローの妹プルーデンスでした。

ある日プルーデンスは瞑想のしすぎで精神状態が不安定になり
部屋に引きこもって出てこなくなってしまった。
その様子からジョンがインスピレーションを得たんだそうです。

天の岩戸に引きこもってしまった天照大神を呼び出すように
この曲でプルーデンスを誘い出そうとしたわけね。
なかなかいい奴でしょ、“ダメ男”ジョン

ちなみにprudenceは「思慮」「分別」という意味。
分別という名の女。まるで私のようじゃありませんか

あれっ、どこからか抗議の声が……



213曲まで、あと32曲!

2008/5/20

イギリスのDNA  The Beatles

親愛なる読者の皆さまへ

ご報告が遅れましたが、この週末はまたもや取材に出かけていたので
ブログの更新ができませんでした。
Sorry!

さて、今日の話題はやっぱりこれです。
BS熱中夜話。

第一夜の放映の様子が番組のHPにアップされています。
うちのビートリー娘も「17歳のNさん」として紹介されてる。
顔が半分隠れてるのは、まあご愛嬌。
自慢の作品をどうぞ見てやってくださいまし。
ホームページはココ!

でもって……
第二夜の放映が明後日に迫りましたっっ
5月22日の24:00〜24:44、NHK-BS2にて。
例によって真夜中ですが、BS視聴可能な方はぜひ見てね!
バンド演奏もGORICOのダンスもあるから見どころたっぷりよ〜 
ほほほ。

バンド演奏は番組のオープニングとラストにやるのですが
ラストのほうは即席の“熱中バンド”

注目は何といってもポール役の「ぽお」こと松本アナです。
見た目を裏切る(ゴメン)華麗なプレイで魅了しますよ。
ジョン役はイケメンハンターGORICOのお気に入り・ふぁくとさん
丸メガネ姿がまさにジョン・レノンを彷彿とさせてくれます!
番組ではふぁくとさんのメガネコレクションも見られるはずなので
どうぞお楽しみに

ところで、そのふぁくとさんの隣に座っていた女性は
清楚な風貌に似合わぬ野太いシャウトを聞かせてくれたり
カルトクイズに次々と正解を繰り出したり
うちの娘顔負けの濃ゆ〜いオタクぶりを発揮しておりました

聞けば、小さいころイギリスに住んでいたのだとか。
ビートルズとの最初の出合いは「きかんしゃトーマス」だったらしい
リンゴ・スターがトーマスの声の吹き替えをやっていたのです。
つまり彼女にはイギリスのDNAが染みついているわけね。
その意味では生粋のビートルマニアかもしれません。


イギリスのDNAを持つジョンと日本のDNAを持つヨーコ。
二人の出合いの不思議を、彼は
ソロナンバー「You Are Here」の中でこう歌っている。

From Liverpool to Tokyo
What a way to go
From distant lands
One woman one man
Let the four winds blow

リバプールから東京といえば
果てしない道のり
遠く離れた場所にいた
ひとりの女とひとりの男が出合う
風よ吹け 東西南北四方から



ジョンとヨーコが実現させた、西と東の融合。
リバプールと東京の中間地点として二人が選んだニューヨークは
異文化融合を象徴する街です。
あの9.11をジョンが生きて体験していたら
何と言ったでしょうね……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
歌詞の中に何となくイギリスの香りが感じられるナンバーです。

「泣くんだ 赤ちゃん
ママにため息つかせてやれ
ママだって分別つく年ごろ
だから泣くんだ 赤ちゃん

王様は 遊びに来る友達のため
庭で花摘み
女王様は 子どもたちのため
部屋でお絵かき」


Cry baby cry
Make your mother sigh
She's old enough to know better
So cry baby cry

The king was in the garden
Picking flowers for a friend who came to play
The queen was in the playroom
Painting pictures for the childrens holiday

("Cry baby cry"より)


ジョン特有の遊び心がちりばめられたこの曲は
「6ペンスの歌」というマザーグースの詩がヒントと言われてる。
小さいころから折に触れて聞かされるマザーグースやナーサリーライムが
イギリスのDNAとして彼の中に組み込まれていたのは間違いない

いつの世もどこの国でも
昔話や子守唄は大切にしなくちゃいけません
わが家の子守唄はビートルズサウンドでしたが……


213曲まで、あと34曲!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ