2008/9/24

すれ違いの中で Beatles物語G  Yellow Submarine

朝晩の空気の冷たさに秋の訪れを感じるこのごろ……
昨日はまさにお墓参り日和のさわやかな気候でしたね

さてそんな中、
うちの地域で中学校の新人陸上記録会が行われました

ヘイブル小僧は3000mレースの男子代表

しかーし。

よく聞けば、他に走り手がいないから走るだけで
クジに負けたようなもんだと言う。
おまけに、

「あんた、3000mなんて走ったことあるの?」ときくと

「一度もない」

オーマイガー!!


というわけで……
久々に行きます。

今日のヘイブル君


めったにない息子&孫の晴れ舞台を見ようと
ジジババ・父ちゃん・姉ちゃんは朝から競技場へ向かった。
急ぎの仕事が入った私はお留守番でしたが
ヘイブル君の様子は刻々と携帯メール(写真付き)で送られてきます。

それによると……

報告その1:レース10分前になっても
      テントの中でお茶飲みながら友達とくっちゃべってた。
      おまけに靴まで脱いでくつろいでた。

報告その2:走り出したあと、「ガンバレー!」と応援するたびに
      こっちを振り返って手を振ってた。


オー、マイ、ガー!!!

この、勝負をナメた態度……
アスリートの風上にもおけませんわ。

しかーし。

応援者に手を振った直後はガーッと加速してトップに立ち
疲れては抜き去られるってのを繰り返して
結果は、26人中6位だったというではないか。

入賞。

やっぱ、エライのかバカなのか、よーわからん
相変わらずヘルター・スケルター人生まっしぐらの息子……
どう評価すべきか迷ってしまう母です。


では、気を取り直して
「4人がビートルズだった頃」の第8話をどうぞ。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


1868年5月に設立したビートルズの新会社「アップル」は当初、
新人歌手のプロモートやブティック経営など幅広く業務を展開。
しかし、スタッフの力不足や一部の不心得者のせいで
たちまち窮地に立たされてしまう。

婚約者リンダの兄にマネジメントを任せて
経営を立て直そうとするポールと
彼の権力が拡大するのを嫌うジョンとの間に
ビジネス面での亀裂も深まっていった。

そんな中、もう一度4人の原点に戻ろうとしたポールが
1969年1月、新作のレコーディングを提案する。
ライブ演奏がメインのアルバムと、
その制作風景を記録した映画を同時に作ろうというのだ。

世に言う“ゲットバック・セッション”である。

しかし、すでに不協和音が生じていた4人にとって
このセッションは悲惨なものとなった。

幻の映画『Let It Be』の中では
偉そうな顔してすべてを仕切ろうとするポール、
彼から演奏に文句つけられてキレるジョージ、
その様子をウンザリして見ているリンゴ、
われ関せずと知らん顔のジョン、
それぞれのエゴイズムがぶつかり合っている。

こうしてゲットバック・セッションは
すれ違いの中で、暗礁に乗り上げてしまう。

結局、このアルバムが日の目を見るのは
一年以上も経ったのちのことになるのだった……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。

ゲットバック・セッションが始まったころ公開された
アニメ映画『Yellow Submarine』のサントラアルバムから
ご紹介する最後のナンバー。
ジョージがドラッグ体験をもとに作ったハッピーな曲です。


「時の流れをただよいながら
生きてゆこう ぼくとともに
君がどこへ行こうと 
どこへ行きたかろうと
どっちでもいいのさ
何だかもったいないような気分だよ
人生は光り輝く愛に満ちている
この世はまるでバースデイケーキ
さあ おひとつどうぞ
でも食べすぎないようにね」


Floating down the stream of time
From life to life with me
Makes no difference where you are
Or where you'd like to be
It's all too much for me to take
The love that's shining all around you
All the world is birthday cake
So take a piece but not too much

("It's All Too Much"より)

『Yelow Submarine』はアメリカでテレビ放映されたアニメの劇場版。
当初ビートルズはこのちゃちなアニメを嫌ってましたが
映画になったら思いのほか出来がよくて喜んだらしい。
というわけで、映画のために新曲を4つ提供したのでした。
4曲の中でダンゼン光ってるのは
何といっても「ヘイ・ブルドッグ」ですよ

ジャケットもサイケでかわゆい

クリックすると元のサイズで表示します

213曲まで、あと5曲!

タグ: ビートルズ

2008/9/17

ディストラクション(破壊) Beatles物語F  The Beatles

皆さん、数カ月前からベストセラーになってる
『☆型 自分の説明書』という本、知ってますか?

血液型に関する本って星の数ほどあるけど
これは、誰でも「うんうん、わかるわかる!」とうなずけるような
短いフレーズだけで構成されている。

たとえば……

A型「感情むき出しは恥ずかしくなっちゃう」
B型「変と言われるとなんだかうれしい」
O型「実はけっこう人見知りというカワイイ一面がある」
AB型「爆笑してるときはたいていウソ」

てなわけで、なかなか興味深いのですが
実はこれ、GORICOと深〜い縁がある文芸社の本なのよ
アマチュアの作品でもベストセラーになることがあるってのが
何といっても一番興味深い事実ですね。

それはそれとして……

ゆうべ、わが家でも血液型の話題が出ました。
うちの家族は成績優秀のため「オールA」なんですが……

私「ほんとはさ、A型の女と相性がいいのはO型の男なんだよね」
夫「……」
娘「じゃあママ、ジョンと相性いいじゃん、O型だから」
私「へえー、そうなんだ!」
娘「ポールはB型、ジョージとリンゴはA型」
私「そうなんだ、あはは! ポールってB型っぽいよね〜!
  でもって、ジョージとリンゴはA型って感じするよね〜!」
娘・息子「ママ、前にもおんなじこと言ったよ……

そうなんです。
血液型の話はともかく、
またもや私の“忘却力”が強化されたことを露呈してしまった
そういえばファブ・フォーの血液型については
過去に3回ほど話題にのぼったような気がする

やっぱアラフィフともなると、脳細胞のディストラクション(破壊)が
着々と進んでいるようですね……


では、無理やり気を取り直して
「4人がビートルズだった頃」の第7話ですよん


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


ヨーコと出合い、その感性にたちまち惹かれたジョンは
彼女の前衛芸術のスポンサーをつとめるようになる。
それが男女の愛に発展していくのは、必然だった。
なぜなら、ジョンがずっと求めて得られなかった本物の“女性性”を
ヨーコは見事に体現していたからだ。

それまで単に楽曲の集合体でしかなかったレコードに
初めて「ペパー軍曹の楽隊によるコンサート」という筋書きを持たせた
『Sgt. Pepper's Lonely Heart's Club Band』は
20世紀のポップミュージック界にビートルズが打ち立てた
金字塔だと今も名高い。
しかし、音楽的には頂点を極めつつあったけれど
“個”を追求し始めた4人の足並みは
しだいに揃わなくなっていった。

そんなとき、マネージャーのブライアン・エプスタインが
突然、謎の死を遂げる。
薬物中毒とも自殺とも言われているが、真相は今も不明。
ただ、彼の死が4人にとって
一つのステージの終わりを告げるものであったことは確かだ。

ブライアン亡きあと、4人は「アップル」という会社を設立。
テレビ映画『Magical Mystery Tour』と
ソングトラックを集めた同名のアルバムを手がける。
その後インドへ瞑想修行に出かけたころから
ジョージはインド音楽への傾倒をますます強めていき
ジョンはヨーコへの愛を確信して、前妻シンシアに別れを告げる。

ビートルズのディストラクションが
少しずつ始まっていた……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは今日のリリックを。

ビートルズはインドでの瞑想旅行中に
『The Beatles』用の曲をいくつか書きました。
4人の“個”が如実にあらわれたこのホワイトアルバムに
『Revolver』『Sgt』の時みたいな一体感はなく
「なんでもアリ」の様相が見えます。
今となっては、それがこたえられない魅力ですけどね

その中からご紹介する最後のナンバー。
ポールが鼻歌まじりでノスタルジックに歌います


「風よ あの子を船に乗せて
ぼくのところへ帰しておくれ
いとしのハニー・パイ
逢いたくてどうにかなりそうだよ
愛してる
でも 追っかけるのは面倒なんだ
だから君のほうが戻ってきて
ハニー・パイ お願いだから」


Will the wind that blew her boat across the sea
Kindly send her sailing back to me?
Now, Honey Pie
You are making me crazy
I'm in love, but I'm lazy
So, won't you please come home?
Honey pie, come back to me

("Honey Pie"より)


映画スターになって遠く離れてしまった恋人に捧げる曲。
前に紹介した「Wild Honey Pie」の本家です。
メロディラインもリズムも、どことなく
「When I'm Sixty-four」に似てる気がするんですけど……


これ以上ないほどシンプルなジャケット。
よく見えませんが、たしか右上に通し番号がついてます。
1番はリンゴが持ってるらしいよ。


クリックすると元のサイズで表示します



213曲まで、あと6曲……

2008/9/15

熱狂に背を向けて Beatles物語E  Revolver

皆さま……私、ついに
ン十代最後の“ギリギリガール”になってしまいました

いや〜 気分はまだ十代なんですけどね(ぉぃぉぃ)
世間的にいえば「アラフィフ」ってやつであります。

いつの間にか人生半分過ぎてしまいました……

……ってことは、100まで生きるつもりかい!

という声がどこからか聞こえてきますが
今、日本全国で100歳過ぎのお年寄りって3万人以上いるらしい。
つまり、100歳長寿というのは決して夢物語ではないのだ

ただし、これは医療技術が高度になったことも影響してる。
今までなら寿命と思われて治療されなかった病気も
治せるようになったため
“生かされている”人が多いのかもしれません。

寿命が延びたことを喜ぶべきか、そうでないのか
微妙な面もありそうですね。

だけど、健康長寿ならやっぱりそれはめでたいこと。
折しも敬老の日であります。
皆さん、ビートルズの音楽を聴いて
心身ともに健康な100歳を目指そうではありませんか
(……って、やっぱり100まで生きるつもりかい!)


では、「4人がビートルズだった頃」の第6話をどうぞ。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

デビュー数カ月にして世界的アイドルになったビートルズ。
その貢献度を認めた当時の英国政府と王室は
1965年10月、彼らにMBE勲章を授与する。
これでファブ・フォーは名実ともにイギリスを代表する存在――
世界で最も有名なロックバンドとなった。

ところがその後、あるインタビューでのジョンの
「今やビートルズはキリストよりもポピュラー」という発言がきっかけで
4人はアメリカを中心とするバッシングの嵐に巻き込まれる。
レコード不買運動やジョンへの脅迫が相次ぎ
生命の危険すら感じるようになっていった。

自由時間を犠牲にしてワールドツアーに出ても
ファンは叫ぶばかりでろくに演奏を聴きもしない。
それに加え、どこで狙撃されてもおかしくない状況となれば
彼らが外でのライブに見切りをつけるのは必然の結果だった。

武道館での日本公演からほどない1966年8月末を最後に
ビートルズはすべてのコンサート活動を停止し
4年近くにわたって続いてきた熱狂に背を向けた。

レコーディングにはますます意欲を燃やす4人だったが
ここからは別行動も増え、それぞれの個性が際立っていく。

そして1966年11月9日――
ジョンにとってのラッキーナンバーのこの日、
彼は自分の生涯とビートルズの行く末を大きく変えることになる
一人の日本人女性に出合うのだった。

彼女の名前は……オノ・ヨーコ。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
今までにない音作りを追求し始めたビートルズの粋を集めた
傑作と名高い『Revolver』からご紹介する
当ブログ最後のナンバーです。
「涙の向こう側」という邦題でも有名よ。ほほほ


「君は彼女を求めている
彼女がいないと生きていけない
だから 信じられないのさ
もう愛してないと言われても
でも 彼女の瞳を見ればわかるはず
誰のためともなく流す涙の向こう側に
愛が存在しないことが
想いはいつまでも続くはずだったのに」


You want her, you need her
And yet you don't believe her
When she says her love is dead
You think she needs you
And in her eyes, you see nothing
No sign of love behind the tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

("For No One"より)


淡々としたメロディと乾いたリリックの中に
切なくも苦しい恋の終わりが見事に表現されている……
知る人ぞ知るポールの名曲です。

ジャケットのイラストは、ハンブルク時代の友人クラウス・フォアマン。
この斬新さが当時の話題をかっさらいました。

クリックすると元のサイズで表示します



213曲まで、あと7曲!

2008/9/10

新しいステージへ Beatles物語D  Rubber Soul

数日前からいっきに季節が進みました。
風は冷たく、空気は澄んで、夜空にはキレイなお月さま

秋ですね〜

今年の9月15日は満月とか
ちなみに、私の26回目の(←またかいっ)バースデイです。
あ、いえいえプレゼントなんてそんな、気を使わないで。
え? そう? だったら住所教えるから……ゴンッ(←殴られた)

ところで、昨夜のことなんですが
とある人から、とある“とんでもない映像”が届きました。

なんと、とある居酒屋で即興演奏したビートルズナンバーが
Youtubeにアップされてるじゃないですか

ギター・ベース・ドラムは、とある“おじさんバンド”
そして、ピアノはGORICOさん。

ひええ〜〜〜〜 恥ずかし……

かなり酔っぱらってからの演奏なので
いったい何を弾いてるんだか自分でもわからん……
あ〜よかった、とりあえずボーカル取らなくて。

しっかし、恐るべしYoutube。
誰が投稿したか定かではありませんが
私の肖像権をどうしてくれる!!!

それにしても、自分の知らないところで
自分の映像が全国に流れてるというのは
なんだかお尻がこそばゆ〜い感じで、ちと不気味

皆さんも気をつけましょう。

いつどこで撮られてもいいように
まともな服着て、しっかりメイクして……(ん? なんか違う気が



それでは、「4人がビートルズだった頃」の第5話です。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


「助けてほしい」という4人の心境を映した『Help!』が発売されたのは
1965年8月。
それからわずか4カ月後、ビートルズは
『A Hard Day's Night』以来の全曲オリジナルナンバーのアルバム
『Rubber Soul』を完成させる。

これが、彼らの新しいステージの始まりだった。

「ドライブ・マイ・カー」といった乗り乗りロックや
「消えた恋」みたいにポップなナンバーもあるけれど
全体にこのアルバムから感じ取れるものは
彼らの曲作りが、より内省的になったという事実である。

インドの民俗楽器シタールを取り入れた「ノルウェイの森」
故郷へのノスタルジーあふれる「イン・マイ・ライフ」
耽美の極致ともいえる「ミッシェル」
気だるい雰囲気が印象的な「ガール」……

これはひとえに
ドラッグが彼らを内なる世界へ向かわせた結果だと思っていたが
どうやらそれだけじゃないらしい。

和久井光司著『ビートルズ』(講談社・2000年)によると――

このころからポールは、恋人ジェーンの兄とその知人が開いた
「インディカ」という書店に頻繁に出入りし始める。
本好きのジョンもポールに誘われてここへ通い、
家庭生活で得られない充足感を、書物の中に求めるようになっていった。
そんな彼らの“知への興味”が
『Rubber Soul』以降の音作りにも影響したという。

そしてインディカはやがてギャラリーに改装され
およそ1年後、ジョンとヨーコの出合いの場となるのだった。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
ファブ・フォーの新しいステージを象徴するアルバムから
ポールのナンバーです。


「ぼくは涙に暮れている
君を失ってからずっと
まるで何年もたってしまったようだよ
君がいなくなってからずっと
どうしようもない気分さ
君が振り向いてくれないなら
君はもう 
振り向いてさえくれない」


Though the days are few
They're filled with tears
And since I lost you
It feels like years
Yes, it seems so long
Girl, since you've been gone
And I just can't go on
If you won't see me
you won't see me

("You Won't See Me"より)

微妙にゆがんだ写真が素敵なジャケットでしょ?

クリックすると元のサイズで表示します


さーて、私も晴れてYoutubeデビューしたことだし
このへんで新しいステージ探して演奏活動するとするか
どっかのバンドで使ってやってくださいな
ただし、ヘイブル息子がもれなく付いてきますが……


213曲まで、あと8曲!

2008/9/8

助けてほしい…… Beatles物語C  Help!

週末、出張取材に行っておりましたので
更新が遅くなりました

今回の仕事は
脳神経外科専門医から緩和ケアに転身した異色のお医者さんの作品。
なんと、これで3冊目の出版になります

脳神経外科という華々しいエリートコースから
陽の当たらない緩和ケアという道に方向転換して以来、
一貫して彼が訴えてきたテーマは

“人の痛みがわかる医療者”

その一点でした。

そんな医療者でありたいという自らの思い(第一作)
そんな医療者となるための方法論(第二作)
そして今回は、
そんな医療者があまりに少ない現状を知らせるとともに
そんな医療者を育てていくための取り組みを描いていきます。

進行がんに侵されて心身ともに疲弊した人たちの
「助けてほしい……」という声なき声を掬い上げる、一人の医師。
その尊い姿が少しでも読者に伝われば……と思っています

というわけで、
いつになくマジなGORICOさんでした

では、「4人がビートルズだった頃」の第4話をどうぞ。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


「助けてほしい……」
それはジョンの心からの叫びでもあった。

狂気の沙汰ともいえるビートルマニア現象の中で
精神的余裕を失っていったファブ・フォー。
自由な時間、気ままな外出、恋人との触れ合い、一家団欒――
それらすべてが、世界的名声と引き換えに消えてしまったのである。
犠牲はあまりに大きかった。

そんな時にジョンが作った曲――「Help!」
「ぼくの心境を歌ったものだ」と、のちに彼自身が語っている。

助けてくれ
どんどん落ち込んでしまう
君がそばにいてくれたら 心から感謝するよ
助けてくれ
ぼくがもう一度 自分の足で立てるように
助けてほしい……お願いだから


世界のアイドルであり続けることへの苦痛を
しだいに感じ始めたビートルズが
そのころのめり込んだのが、ドラッグだ。
心身ともにギリギリの状態だった彼らは
ドラッグが与えてくれる束の間の快感に身を委ねるようになる。

ドロップアウトへのシナリオが進行していく……
……かのように考えた人間も、彼らの周りにいたかもしれない。
ところが、そうではなかった。

ドラッグが見せてくれる幻想の異界は
そのまま、彼らの求める音楽へと発展していった。

ここからビートルズは
今までになかった音を作ることへの面白さに目覚め
レコーディング・グループとしての
新たな地平へと踏み出していくのである。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。
「助けて!」というタイトルのアルバムではあるけど
ホッと心が和む佳曲もわりと入ってるのが特徴。
これはそのうちの一つで、ジョージの作品です。
曲作りにも歌い方にも
ジョージの“弟っぽさ”があふれてると思うんですが
いかがでしょうか。

「ぼくがどんなに君を必要としてるか
わからないんだね
本当に愛してるのに
離したくない 絶対に
お願いだから戻ってきて
寂しくてたまらないよ
君がいなくちゃダメなんだ」


You don't realize how much I need you
Love you all the time and never leave you
Please come on back to me
I'm lonely as can be
I need you


("I Need You"より)

キュンと胸を絞られるような切なさが魅力のナンバー
こんなふうに「君がいなくちゃダメなんだ」というのが
私好みの情けないダメ男なのよ〜


では、『Help!』のジャケットご紹介。
4人のポーズは人文字でH、E、L、Pを表そうとしたものらしいけど
どうも間違ってるらしいです
どこが違うか知ってる人いたら教えてね


クリックすると元のサイズで表示します

213曲まで、あと9曲!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ