2008/10/9

旅の終わりに  Abbey Road

2006年11月15日。

その前にちょこっと別の場所で書いてたブログを
リニューアル・オープンしたのが、この日でした。

思えば、2年前の夏
中学校の同窓会でン十年ぶりに会った同級生から

「へー、○○さん今ライターやってんの? 
 だったらブログくらい書かないとね〜」

と言われて奮起して始めた『晴れ、ときどきBeatles』

正直、ここまで来るとは予想しなかったなあ……
当のNくんは読んでくれてないと思うが


飽きっぽい私が
執筆原稿を4本同時に抱えてた時でさえ
欠かさずブログの更新をつづけてこられたのは
何といっても、ご愛読くださった皆さんのおかげです
愛あるコメントも、「いつも読んでるよ!」のメールも
私を励まし、モチベーションを高めてくれました。

本当に本当にありがとう

私にとってもこのブログの存在は
ものすごく大きなものでした。
大好きなビートルズの残した213曲を辿ることが
これほどワクワクするものとは、思ってもみなかった。

もしかしたら、これを書くことで
一番楽しんでいたのは、私自身かもしれません

最初のころの読者は
ほんの少しの友人知人だけだったのに
某SNSのメンバーになってからは
私と同じくビートルズに魅せられた人たちが
おおぜい読んでくれるようになった。

これも本当に予想外のうれしい出来事でした

そうこうするうち
永遠の5歳児だった息子はギター抱えた中学生になり
オタク街道まっしぐらの娘はテレビ出演を果たし
ビートルズにまつわるわが家の歴史も
着実に塗り替えられ、次代へ継承されていきます


ひとつのサイクルが完結し、旅が終わる……


今日、旅の終わりはジョン・レノンのバースデイ。
大好きな人の誕生日でブログを締めくくれることは
私にとって、とても意味のある喜びです。


たくさんの、かけがえのない出合いを
私にもたらしてくれたビートルズ……

だけど
「ビートルズがなければ出合えなかった」とは考えない。
すべての出合いは、運命により決まっているから。
その手段の一つとして、神様が私に
ビートルズを与えてくれたのだろうと思っています。

でも、なかなか粋な手段を与えてくれたもんですね


そして、出合えたすべての人に対し、心から感謝です。

もう一度……

本当に本当にありがとう。


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


それでは、旅の終わりにお届けする
213曲目のリリック。
たぶん予想がついた人もいるんじゃないかな……

最後のフレーズは、まっとうに訳すと

「あなたが人から受ける愛は
 あなたが人に与える愛に等しい」


という意味ですね。


これを愛の質量保存の法則と呼びます(←ウソ)


「今夜…… 
夢で逢えるね きっと
愛してるよ 君だけを 
死ぬまで ずっと
つまり こういうことさ
君がぼくを愛してるのと同じだけ
ぼくは君を愛してる」


Are you gonna be in my dreams tonight?
Love you, love you
Love you, love you...
And in the end
The love you take is equal to
The love you make

("The End"より)


では皆さん、
またいつかどこかでお会いしましょう!
それまではぜひバックナンバーをアルバム別にお楽しみください。

これからもビートルズの音楽と彼らの生き方が
私と皆さんの人生をうるおしてくれることを祈って……

ジョン・レノン生誕68年の記念日に

The BEATLES forever!


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。



皆さん、たくさんの心温まるコメントを
本当にありがとうございました
あらためて、この場を借りて心からお礼申し上げます。


晴れでも雨でも嵐でも、いつも私のそばにあったビートルズ。
衝撃の出合いから30年、
ほんの限られた一瞬を除いて(詳しくはバックナンバーを!)
彼らの音楽とリリックに慰められなかったときはありません。


それは彼らの求めるものが
究極の Love & Peace だからなのでしょう。
時代を先取りし、次々と新しい音作りにチャレンジしながらも
彼らのテーマはつねに「愛し合おうよ」でした。

ビートルズの音楽には、いつでもこんな声が聴こえているんです。



愛しなさい――世界を。そして、あなたのいちばん身近な人を。



これからもいろんなところで
ファブ・フォーの魅力を語り続けたいと思います。
そのときは、皆さんぜひお付き合いくださいね





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ