2008/9/30

終わりの始まり Beatles物語I  Let It Be

ひいぃ〜 さ、さ、さぶいですぅ〜〜〜

ついこないだまでTシャツ&短パンで歩いてたというのに
ここ数日の寒さはいったい何なんざんしょ

おかげで我が家では秋冬のお助けメニュー
「なべ」が早くもデビューいたしました

一度出せばあとは怒涛の如く、手を変え品を替え
毎日のように「なべ」が登場するのは目に見えている……

ラッキー


というわけで……

今日で9月も終わり、いよいよ秋深まる季節ですね

中国思想の一つである「五行論」では
季節を4つに分け、それぞれを色で示します。
春は青、夏は朱色、秋は白、冬は玄(くろ)――

ここから
青春・朱夏・白秋・玄冬という言葉が生まれ
それぞれを人生の季節にも例えるようになりました。

人生半分を過ぎたギリギリガールの私
これからは、さしずめ「白秋」の季節を迎えるわけです。

古代インドでは、人間の一生を4つに分けて

「学生期(がくしょうき)」……学び、修業に励む時期
「家住期(かじゅうき)」……仕事と家庭を持ち社会に貢献する時期
「林住期(りんじゅうき)」……仕事と家庭を捨て自分を見つめる時期
「遊行期(ゆぎょうき)」……すべてのしがらみを解いて放浪する時期

と名付けました。

それぞれ25年ずつというのが、さすが悠久の国インド。
やっぱ100まで生きるんかいっ!

ま、20年ずつにしたっていいんですが
いずれにしてもギリギリガールは「林住期」なのだ

人生の秋……

皆さん。
このブログが213曲制覇したあと
私がいなくなったとしても、探さないでね
俗世を捨てて林に住んでるかもしれません


それでは「4人がビートルズだった頃」
今日は第10話――最終章です。

。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

1969年9月に『Abbey Road』がリリースされたあと
ジョンを除く3人は、
お蔵入りしそうなゲットバック・セッションの音源を
アルバムとして完成させるための追加録音をおこなった。

1970年1月のことである。
セッションが始まってから、すでに一年近く過ぎていた。

なぜジョンがいなかったかというと
彼は『Abbey Road』が出た時点で
「もうバンドをやめたい」と言ったから。
とはいえ、その時点ではまだ
ビートルズはビートルズのままだった。

こうして出来上がったアルバムは
『Let It Be』のタイトルで3月リリースの予定となるが
追加録音が終わったとたん、
ジョンも含めて4人は4人とも
それぞれのソロ・レコーディングに取りかかる。

これが、終わりの始まりだった。

ポールは初のソロ・アルバム『McCartney』を
『Let It Be』に先駆けて発売しようとするが
ビートルズのレコード売り上げに影響が出ると
アップル社側に反対され、キレてしまう。

そして4月10日――
ポールはマスコミに向けて「ビートルズ脱退」を宣言した。
というわけで、一般に1970年4月10日というのが
“ビートルズが解散した日”と言われている。

けれども、事実上はどうなのだろう。
『Let It Be』の追加録音がすんだ時点で
もうビートルズはいなかったのかもしれない。
あるいは、あの『Abbey Road』が仕上がったときすでに
4人はビートルズであることをやめたのかもしれない。

ビートルズがビートルズであった時間は、あまりに短い。
だけど、彼らの存在はあまりに大きくあまりに深い。
それは解散から40年近くがたち
2人のメンバーが鬼籍に入った今でも
決して色褪せることのない奇跡だと思う。

だから私は、もう一度言う。

ファブ・フォーはいつまでも、どこまでも永遠……


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。

それでは今日のリリックを。

この曲もゲットバック・セッションの音源に
追加録音して仕上げたものの一つ。
ジョージのナンバーで、エゴイズムを歌った内容です。


「一日中ずっと
“オレが、オレが、オレが……”
一晩中ずっと
“オレが、オレが、オレが……”
エゴにしがみつかないと いられないのさ
みんな感じてるよ
あいつはいつだって
自分を強く押し出してると」


All through the day
I me mine, I me mine, I me mine
All through the night
I me mine, I me mine, I me mine
Now they're frightened of leaving it
Everyone's reading it
Coming on strong all the time

("I Me Mine"より)

これ、ポールと喧嘩したあと書いた曲……ということは
彼の“オレオレ主義”皮肉ってるわけですね。
やっぱポールって、B型ちゃんです。

4人が分割されて“個”が際立つジャケット。

クリックすると元のサイズで表示します

213曲まで、あと3曲〜!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ