2012/1/6 | 投稿者: The Great deceiver

早いもので新年を迎え1週間が経とうとしてます。
今年もこの調子で早く終わってしまうのか?
うかうかしていると模型ライフした生活が送れませんね。

今年もよろしくお願いします。


昨年末にタミヤからイスラエル軍戦車 M51 スーパーシャーマンが発売となって、改めて組み易いキットだろうと思いつつドラゴンのM51 スーパーシャーマンを仕上げの段階へと。

クリックすると元のサイズで表示します

今や定番となるつつある油彩やアクリル系絵の具によるフィルタリングや汚し塗装。
続きを読む

2011/12/9 | 投稿者: The Great deceiver

この記事がUPされている頃、西の国の半島で週末にある大切な試合クラシコに向けて旅立っている頃。
今回もバックパッカー的なカバン一つの荷物で税関に捕まらないことを祈りつつ旅立っているでしょう。
13日には帰りま〜〜す\(^o^)/



クリックすると元のサイズで表示します
アンテナ基部のパーツです。非常に細かくモールドがあるのですが残念ながらパーティングラインが・・・・・・で、これを削って綺麗にするスキルが私にはないので・・・・・!
続きを読む

2011/12/7 | 投稿者: The Great deceiver

付属のキャタピラはDS素材のもの。
塗装も出来るし、塗膜は剥がれにくいのかも。

センターガイドが別パーツなので地道に接着。
しかし、パーティングラインがあるので1個1個ヤスリがけ。
本来は有るものかもしれませんがリサーチしてません。
クリックすると元のサイズで表示します


定規とピンセットを使い地道な作業。
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2011/12/4 | 投稿者: The Great deceiver

気が付けば2011年も12月を残すのみ。
早いな〜〜、今年はいくつ完成させたことやら?


こちらは今年中には仕上げないと!
ということで基本塗装は終了。
付属のデカールを貼っちゃいました!
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2011/11/27 | 投稿者: The Great deceiver

クリックすると元のサイズで表示します

真横からc19サンディブラウン・C21ミドルストーンを下地同様の工程で吹き付ける。
ある人からメールが来た。
「模型上でブレンドと言うけどラッカーは乾いちゃわないの?」と
え〜っと、希釈の際にリターダーを入れて乾燥を少し遅らせてるんですよ。

中間色が終われば基本色の明るい色を吹き付けます。
C44タン・C45セールカラー・C39ダークイエローなど
明度が高い程真上からね。

クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む

2011/11/26 | 投稿者: The Great deceiver

塗装する車体を水洗いして〜の、エアで水滴飛ばし〜の、乾かし〜ので下塗装準備に入ります。まずは金属部品を中心にプライマーを塗装。乾燥後に下地色をMrカラーC29艦底色を下から0.5mmのエアブラシを使ってドバッ〜〜と
クリックすると元のサイズで表示します

真下は希釈率50%、ややサイドからは希釈率70%とちょっと変えてみました。効果はわかりませんがね。

続きを読む

2011/11/24 | 投稿者: The Great deceiver

発炎筒部分はダボもなく直接つけるのでやはり足を付けます。
塗装後のウォッシングなどで使う溶剤の影響で接着部分が取れないため。
ライオンロアのBMWの時にボロボロと取れましてね。教訓です。
クリックすると元のサイズで表示します



砲身をつけようとマズルブレーキ部分を制作。
エッチングなどを使わなくとも非常にスッキリとできていると思います。
細かい形状は知りませんが、キットは縁の薄さなど雰囲気が抜群かと。
クリックすると元のサイズで表示します


さ〜〜て〜!次回よりいよいよ、塗装開始ですね。

2011/11/23 | 投稿者: The Great deceiver

砲塔上部の準備をします。
コマンダーズハッチの覗き窓をマスキングします。チマっと6箇所ほど。
クリックすると元のサイズで表示します
マスクする形状を事前にマスキングテープにトレースしようかと頭をよぎりましたが・・・・・そこまでの愛情はなかった(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

あとは細かなエッチングパーツを作り取り付け。半田を使い折れの部分に流し込みます。機銃留め具は本体との接着のために足を付けます。照準は瞬間接着剤。はみ出て白化したところは紙やすりを使い後で修正。
続きを読む

2011/11/22 | 投稿者: The Great deceiver

クリックすると元のサイズで表示します
出来上がった手すりは瞬着などで付けません。どうしても信用できないんです。
だから、穴を開けて差し込み式にします。

クリックすると元のサイズで表示します
2液性の接着剤を爪楊枝などで穴に入れてから、手すりを差し込みマスキングテープなどで固定して30分待ちます(手元に30分硬化しかなくってね)
エナメル溶剤で2液性接着剤は剥がれるので、表面に瞬着を一回り流し込みます。勿論少な目の量でね、蓋をする感じですね。

2011/11/17 | 投稿者: The Great deceiver

なんでしょうね〜
ひとつ変更すると部分部分のバランスが崩れて、結局は気になる部分を全てやるみたいな。
またね、気になる部分が多いのもね。
クリックすると元のサイズで表示します
この手すりは鬼門。合いません!の問題以上です。これを作ってる方々は放棄しているんでしょうね。その理論に勝手に乗っかって私も作り変えましょう!
続きを読む

2011/11/15 | 投稿者: The Great deceiver

これまた異様なトラブル。

砲身をつけようとキャンバス加工されているパーツを組み立てるも!
モールドが合わない!何かバラバラ!
クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2011/11/13 | 投稿者: The Great deceiver

気になる部分、甘い部分は本当は目をつむりたい。
でも、サガなのでしょうね。
気になり始めると無視しても目に入って、頭がキリキリしちゃう。

愛情なしで作るはずなキットも作っているうちに別な愛情が入るのね(というか、頭痛取りのためかな?)
クリックすると元のサイズで表示します

2011/11/8 | 投稿者: The Great deceiver

シャーシはだいぶ形になってきたので戦車の目玉、砲塔へと作業を進めます。
鋳造表現がシャーシ同様に施されていて、中途半端にこれ以上表面はいじらなくともいいかと。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、見てお分かりのように上下の分割の合いが非常に悪い。
ちょいとガックリ。
タミヤはきっとこんなことはないのだろうな(笑)


続きを読む

2011/11/4 | 投稿者: The Great deceiver

クリックすると元のサイズで表示します
フェンダーをつくります。このキットは元々エッチングでの表現なので覚悟ができます。もちろん各パーツを止めるのは半田にてがっちりと固定します。シャーシが形になってきた。


続きを読む

2011/11/1 | 投稿者: The Great deceiver

クリックすると元のサイズで表示します
こちらのパーツは車体後部につく何かの箱。そのままつけようと思ったら表面が結構ひけてるんですよ。画像を見るとパテの色したところが落ちてる!ついでに取っ手も手元に転がっていた0.4mmの洋白棒に変換。
クリックすると元のサイズで表示します
裏は塞ごうかと思ったけど仮組みしたら見えないからそのままで。




AutoPage最新お知らせ