2013/10/15

車中泊 色々  車中泊

ちあき家はちあき父の仕事の関係で、トヨタの○●エースシリーズの車に乗っており
家族で遠出するときは、広い荷台部分に布団をひいて
子供たちは寝ていくというのが普通でしたし

大人になってからも
土日のスキー場は駐車場が混むので
前夜に駐車場に入り、車で寝て次の日滑る

遠出した時、限界感じたらとっとと車で寝る

という事を常時行ってましたので

もともと車で寝る、という事に抵抗がなかったのです



車中泊をしてみる前は、ビジネスホテルでもいいからちゃんと宿に泊まればいいのに
なんて思ってましたが

結構いいんです、車中泊

まずは、スキー同様混雑する前に移動できる
時間に余裕ができる

ちあきの職場は特に土日祝日の連休が取れるかどうか
その月になってみないとわからない事が多いので
休みがはっきりわからなくても安心♪

特にワン連れだと宿が限られてくるのですが
マイカーはいつでもどこでもウエルカムわんこ♪

何より宿代が浮いたという大きな気持ちが
浪費させてくれる(よくない)



といっても簡単な準備しかしていません
車中泊のプロの皆様には信じられない装備かもしれませんが
一応ご紹介


まずは私の車は後ろの座席シートが前に倒れるタイプだったので
わりとフラットになります
その代り車内の空間は狭くなりますが寝るだけなので気にしない♪

そこにお風呂マットを敷きます

クリックすると元のサイズで表示します




あずみさんの純毛で見苦しい車内ですがお許しください


このマット、もちろんキャンプなどで使う銀マットでも良いのですが
いらない時は重ねられるのでお風呂マット愛用

こんなマットですが、あるとないとでは寝心地が全然違うのです





そして、これは私が思いついたので特許取りたい(無理)

板切れにありあわせの紐を縛ったもの

クリックすると元のサイズで表示します

これはどのように使うかといいますと

クリックすると元のサイズで表示します

写真が縦にならなくてごめんなさい

前の座席と後ろの座席の空間をつなぐのです
そして紐は前のシートに縛る

こうすることで、小物が車の奥の方に落ちることが防げますし
寝る空間が20センチくらい広がりました




そしてちあき両親が作ってくれた
車内ぴったりサイズの布団をひきます

クリックすると元のサイズで表示します

ここに夏はござ、冬は毛布を敷いてます

窓ガラスは銀マットをガラスの形に切ったものをはめ込み目隠し

けっこう快適なベッドの完成です




クリックすると元のサイズで表示します

最近ですがこのシートを買ったので
さらに快適空間です♪

よくスキー場で寝て寒くないの?とか聞かれます
あんまり冷える日は湯たんぽなんか入れますが
朝蹴ってどこかにやってしまうほどあたたかいです
私が冷え性ではないというのもありますが…



あと必要なものは
どこでも寝れるという特技

くらいですかね


こんなのおすすめだ!
ってものがあったら、情報お待ちしております♪

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ