2012/11/12

2010年9月 病院通い  成長日記

今回は写真ありませんよー



この時期ちあきの職場で疥癬が大発生しました
潜伏期間は一ヶ月前後
その間は症状は出ませんが媒介する可能性は充分あります

私を含め他の職員は発症する前に薬を飲んだので
実際感染していたかどうかわかりませんが

心配なのはもちろんあずみくんに感染していないかどうか
念のためしばらくシャンプーをこまめにして
あずみくんの布団や私の布団やラグを替え
部屋中を大掃除したのですが
心配で心配でちょっとでもあずみくんが身体を掻いていたら
即シャンプー
今思えばずいぶん迷惑だったことでしょう(笑)

洗いすぎか疥癬か
しばらくすると顎の下あたりを頻回に掻くようになり
すっかり感染したと思い込んでしまい病院へ

病院で経緯を伝え顎の下の赤くなった場所を見せると
『これは毛穴です』と…
疥癬はよっぽど感染者と直接触れ合わなければ大丈夫とのこと

ちょっと安心していたのですが
やっぱり顎の下をよく掻いている…
私は発症する前に薬を飲んだので症状が出てないだけで
やっぱり感染していたかもしれない

と、またすぐ病院へ

またきたか!
と思っていたでしょうに先生は親切に
疥癬を調べるには一部皮膚を切りとって縫わなくてはいけないこと
そのためには麻酔を使うこと
皮膚を切りとってもそこに疥癬虫がいなければ感染しているか分からないこと
(これは人間と一緒ですねー)
を説明してくださり
とりあえず痒みの治療の簡単なものから始めて
原因を探してみましょう
と仰って下さいました

ということでまずは『ニキビ』の治療から
洗顔料のようなもので痒がる部分を洗ってよくすすぐ
ていうものでした

帰ってさっそく洗顔でわなく洗顎
もちろんあずみくんはとてもいやがっていました


続く
0
タグ: コーギー 疥癬



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ