2006/10/19

鬼子母神のすすきみみづく  

今から百五十余年前、近在に住む孝行娘が、母親の病気祈願に鬼子母神に詣り、満願の夜娘の夢枕に鬼子母神が蝶の姿に変身してあらわれ
「鬼子母神に多く住むみみづくを、附近のすすきの穂で、この姿を作り参境の人に土産物として売りなさい」と御告げがあり、工夫して作り上げ、母の病気を治しました。以来子孫につたえられ現在に至りました。
亦、みみづくは、子供をかえし育てるのが上手なので、子育の鬼子母神で「名物子育すすきみみづく」として、全国郷土玩具に加えられて雑司ヶ谷で売られる由縁です

って

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ