2008/9/12

正直  

正直者は馬鹿をみる
信じる者は馬鹿をみる

解っているけれど
正直でいたい

解っているけれど
信じていたい

強くなりたいけど
ひとの痛みに鈍感にはなりたくない

俯いて歩き続けて
ふと薫るものに瞳が喚ばれる
美しく生命を全うしているものが
気をくれる

信じよ

馬鹿をみたとて
命とられるわけでなし
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ