2007/9/21

長い間  

ずいぶん長い間、追われて逃げて
とっくに追う者も帰っていったのに
私だけビクつきながら
marieとだぁりんだけの世界に引きこもり
挙げ句の果てに

脚を踏み出した
現実逃避行も
とうとう昔来た
地獄の入り口の中にまで逃げ込んでしまった

寂しがり屋の巣窟

口汚い寂しがり屋
癖悪い寂しがり屋
勘違い寂しがり屋

何しろ何しろ
ロクデナシばかり
寂しがり屋じゃなかったら
ただのちゅん子にちゅん太ばかり
ちゅんちゅんツツいて

肌を合わせて
いじり倒して
感じる姿を見て
放出寸前最高潮

肌を合わせて
気絶寸前喘ぎ狂い
やっと生きていることを実感し
テンパり神のあみだくじ
当たった相手に
運命なんかこじつけて
もう離れないと女房面も

そんなに実感が欲しい
そんなに印証が欲しい

私には marieとだぁりんがいるからね

そこまで堕ちずとも済ませたいとこだったんょ
ちょっとメジャートランキライザーの力を借りて
元気だった頃の自分に戻って
ちゃっちゃと模様替えやら
衣替えやら
普通のひとたちが終わらせていること位には
着手したいなと

肌合わせるのも捨てがたいのは確かね
半端無く狂えるもの
あの感覚覚えたら
ヤ・ミ・ツ・キ
ヤバいょ

でも
自制心は命をも救える

寂しがり屋の駆け引きが
寂しがり屋の取引が

ほら、自制心が放ったらかしていたら
瞬時に成り立つ
ほら、自制心をかなぐり捨てて
後で自分の分位は拾いにこいょ
たかだかこの程度の
羽目外しで
何も命賭ける事はなかろう
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ