2009/3/23

古い手紙  イタリア歩き

イタリアの中学校でボランティアをしていた頃。ある日、教室へ行くと、古い切手に興味があると言った生徒に、先生が家から持ってきた古い封筒を配っていました。私もご相伴に預かり、3枚ほどいただいてきました。

家に帰って切手を剥がすとよい、と先生はおっしゃいましたが、こんな味のある封筒を千切るなんてもったいない!消印を見ると、1970年12月5日にファブリアーノという町から送られています。クリスマスカードでも送ったんでしょうかね?


クリックすると元のサイズで表示します


ファブリアーノという町は、私、何度も行ったことがあり、思い出の残る町なんです。そこの消印が押されてるのが、なんとも貴重で嬉しい。

地元にいる家族か友人がローマで働いている先生にカードを送ったんでしょうかね?時間がなく、本人に詳しく聞くことが出来なかったのですが、想像は膨らみます。

しかし、この筆跡。イタリアの郵便屋さんは読めるんですね(笑)。私、宛名も判読できません・・・


タグ: イタリア



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ