2010/6/29

犬の写真の写しかた  アウローラ日記

実家の犬はジャックラッセルテリア。まぁ、驚くほどジッとしていることのない、やんちゃくれです。

そんなヤツを写真におさめるため、


クリックすると元のサイズで表示します
Ricardo:僕の舌が好き?


標準の明るいレンズを付けて、ISOをマックスに、絞り開放、毛が白くて実家のソファも白いので露出をややプラス、オートフォーカスも動く被写体用へ。そして連写モードにして、シャッターをひたすら押しまくるっ!!

こうすると何十枚か(笑)に1枚は使える写真が撮れてるんです


クリックすると元のサイズで表示します
Ricardo:僕は、自分の舌が好き:-)


ファインダーを覗いてシャッターを押してますが、近くで写す場合など、ファインダーを見ずに適当にレンズを向けて連写することも。この場合、不思議な写真が撮れていることが多いです。

撮った写真を整理していて見つけたこの写真。

不思議なアングル〜

ピントはしっかり合ってるし。


クリックすると元のサイズで表示します


なんだか妙にこの写真、気に入っちゃったなー。失敗写真としてゴミ箱にポイするのは勿体ない!?


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
ランキング参加中です♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ