2010/5/29

水玉とっくり  土もの

だいたい、というかほとんど、まあ95パーセントくらいは、自宅で使う食器を作っているので、陶芸教室へ行く前は、ダンナに何か欲しいものは無いか聞いてみることにしています。先日の彼の答えは、

「ブラジルか、ギリシアで買った皿」

はい。意味が分からないのですが…(笑)

えっと、“ブラジル”とはこれ↓。“ギリシアで買った皿”はどこかに仕舞われていますが、イメージは分かりました。


クリックすると元のサイズで表示します


別にブラジルと書いて欲しい訳ではなく(ほっ。良かった)、この技法が気に入っているようです。

やったことがないので、出来るかどうか試してみます。

よし!成功!可愛く出来ました あの時の小さすぎたとっくりです。写真じゃ小ささが分からないと思うので、コルク栓と並べてみましたよ。なんと高さがたったの7.5cm。

境界の線が太すぎるのは、このためにせっかく買った筆を持っていくのを忘れたからです。やり方が分かったので、次は本番。ダンナにデザインのリクエストを聞かないとね。それとも、さらっとブラジルと書いてやるか?


クリックすると元のサイズで表示します


大きすぎたおちょこは、こうなりました。オリベを掛けたのですが薄すぎた。この組み合わせも気に入ってるので、次回、リベンジを


クリックすると元のサイズで表示します


(覚え書き)
とっくり:白マット・天目/赤土
おちょこ:ゴス・オリベ/赤土



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
ランキング参加中です♪
タグ: 陶芸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ