2009/12/11

ローマの教会  イタリア歩き

2006年の1月。10日ほどローマに滞在しました。大阪にある語学学校のクラスメイト4人とトラステヴェレのアパルタメントを借りての滞在。ひとりを除き皆、イタリアへは複数回訪問済みのメンバーです。私の希望は、ローマには何度も来ているのに未だ行けていない場所へ行きたい。主要な観光スポットは既にひと回りもふた回りもしているので、未だ行っていない場所を訪れるというのは、今回の滞在期間、同行メンバーでなければ、叶えるのはなかなか難しいことだったかもしれませんね。

さて、私たちのローマ滞在はというと、基本、ゆっくり。違う言葉で言うと、だらだら。

リストランテで夕食後、一度アパルタメントに帰り、暖房の効きの悪い石造りの部屋で休んだら、近くのバールへワインを飲みに。女同士、大いに語り合った後、就寝。朝起きる時間も、もちろんゆっくりです。午前中は適当に辺りを散歩をしながらも、メインはお買い物。荷物が多くなったら、一度アパルタメントへ置きに戻るのも可能ですよ。そして、昼食の時間なのですが、もちろん昼食もイタリア式です。ワインを飲みながら、じっくりと料理を一皿ずつ堪能して、食後のカフェを頼んだころには、もうずいぶんといい時間になっちゃっています。そこで初めて、えっと今日行く教会はどうやって行くんやっけ…と、慌てて地図を広げたりして。

というわけで、バスを降りた時には、この空でした。


クリックすると元のサイズで表示します


早く着かないと暗くなって教会が見えなくなると、慌てて横断歩道を渡ったことを覚えています。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂。

火災に遭い16世紀に修復をされ、その後も改築をされているので、現在目にする姿はネオクラシック様式のファサードを持っていますが、起源は古いです。現在のカトリックの中心は皆さまご存知のとおりヴァティカンですが、それまでは、このサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂が中心でした。あのコンスタンティヌス帝が建てた教会です。それだけで、すごいところに来てしまった、という感でいっぱいなのですが、この時間に訪れてしまうと、それもひとしお。このことは、今回の旅で一番の幸運な出来事だったかもしれません。いや、この旅に出ることが出来たというのが、既に一番の幸運ではあるのですが…。

タグ: イタリア



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ