2009/12/7

壁を登れ!  イタリア歩き

クリックすると元のサイズで表示します


私が初めてイタリアをひとり旅したのは、1997年のことでした。有給がもらえたので2週間だけ、語学学校へ通ったのです。1年半ほどNHKのラジオ講座を聞いたのですが、そういえばイタリア人と実際に話したことは皆無。まあなんとかなるでしょ、と荷物をまとめローマへ向かいました。

私が通うことになった語学学校はトスカーナ州の小さな町モンテプルチアーノにあります。モンテプルチアーノには鉄道の駅がないので、ローマから最寄のキウージ駅まで鉄道で移動、そこからバスに乗り換えて到着です。ローマのテルミニ駅で切符を買う際に覚えたてのイタリア語を使い、キウージ駅のバス乗り場でも運転手に学校のパンフレットを見せながら、ここに行きたいので着いたら教えてくれるようにお願い。へっへっ、私のイタリア語、ちゃんと通じていますよー。

トスカーナの丘をバスに揺られ、運転手の「着いたよー」という言葉とともにバスは停まりました。が、学校はおろか、街さえも見えない!?。私のスーツケースをバスから降ろしてくれている運転手に学校はどこなのか尋ねたところ、彼は人差し指で天を指し…。

その時、私が見上げた風景がこの写真です。

中部イタリアには、エトルリア起源の街が多く、その多くは小高い丘の上に城壁で囲まれた街なのです。私が乗ってきた長距離バスは街の中には入らず街の入り口で停車。どうやら私が通う学校と滞在する家は、この壁の(壁というか、家というのか、壁と家が一体化しているようですが)中にあるようです。重たいスーツケースを担いで、階段を一段一段、登って…。私の初のイタリアひとり旅。この後の2週間の滞在を考えても、一番の難関はこの階段でした。

ちなみに、私は今、街の方を向いていますが、後ろを振り返ると広がるのは。こんな風景(クリックで、別ウィンドウで写真が見られます)。目の前の壁の向こうには、石畳のこれ、やこんな街並みです。


タグ: イタリア

2009/12/6

クローチェのある風景  イタリア歩き

クリックすると元のサイズで表示します

Siena,1997



クリックすると元のサイズで表示します

Ostuni,2005


タグ: イタリア

2009/12/5

テヴェレ川の向こう側  イタリア歩き

クリックすると元のサイズで表示します


イタリアに行き、どの街に滞在しても、やはりいいなぁと思うもののひとつは石畳。光を浴びる石畳がとても美しかったのでシャッターを押した一枚です。ローマのトラステヴェレにて。

様々なことを考慮して、考えに考えた結果(少々オーバーですが・笑)、私がイタリアで最も好きな街はローマなんです。そのローマで好きな区域がトラステヴェレ。トラステヴェレとはテヴェレの向こう側の意。テヴェレ川を渡った向こう側の、地元の人が行くレストランやショップが並ぶ賑やかな区域です。ここもまた、細い路地が入り組み、あー!さっきのショーウィンドウが可愛かったお店ってどこやっけ??と、同じところをくるくるとする羽目に…。次回またローマに滞在できる機会があれば、トラステヴェレに泊まりたいな。

タグ: イタリア

2009/12/4

街角  イタリア歩き

先日展示していた写真をいくつかご紹介しますね。


クリックすると元のサイズで表示します


海の都ヴェネツィア。ラグーナと呼ばれる潟に木の杭を打ち込み、何百年もかけて海の上に出来た街です。土地に限りがあるので、網の目に張り巡らされた運河以外の土地、細い細い路地を残して建物で埋め尽くされています。人ふたりがすれ違うことも出来なさそうな細さの路地もあちこちに。でもほんの少しのスペースさえあれば、サッカーは出来ますものね。

タグ: イタリア

2009/12/3

回廊と街と丘  イタリア歩き

先日展示していた写真をいくつかご紹介しますね。


回廊と街。

クリックすると元のサイズで表示します


回廊と丘。

クリックすると元のサイズで表示します


街の写真はヴェネツィア。サン・マルコ寺院の鐘楼の上から写したものです。このサイズで見ると、ミニュチュアのおもちゃみたい。丘はアッシジ。ジオットのフレスコ画で有名なサン・フランチェスコ教会からの眺めです。土地が少ないためぎっしりと建物で埋め尽くされたヴェネツィアと、ウンブリアの丘の比較をどうぞ。


タグ: イタリア



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ