2015/2/9

らら♪とマラソンを応援に  日常

2月8日、当日の朝。

起きてみれば、ランナーが一番苦手な強風と寒さ
あ〜ぁ、なんてこったい
でも、そうは言っておれないし。

これまでコツコツとトレーニングを積み重ねてきた夢パパ。
困難な気象条件には負けないで、是非完走してほしいと心で祈る私でした
朝ごはんには、腹持ちがいいようにとお餅を食べました。

そして朝9時
小倉城前を12000人がスタート

参加者が多いので最後の集団が出発するまでに十数分もかかりました。
女子マラソンの有森選手やソフトバンクの選手、それに往年の君原選手の姿もありました。  
クリックすると元のサイズで表示します

道路を埋め尽くしたカラフルなユニホーム。
切れ目無くどこまでも、どこまでも・・・
まるで絨毯を敷き詰めたようで圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します

夢パパ大好きなこのお方も一緒に応援です
もちろん私のバックの中にはららの写真を・・
人が多いのでお互い見つけられるか心配って事で
ららを掲げて手を振るのが夢パパへの合図。

そして、ららに気がつき笑顔でハイタッチ成功  
クリックすると元のサイズで表示します

人の波がどこまでも・・・どこまでも・・・
クリックすると元のサイズで表示します 

ゴール地点では・・・来るのかな? 来ないのかな?
でも、来る事を信じて待ちましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します 

そして、姿が見えた時には、もう感動で胸がいっぱい
ゴール寸前に居た私に気がついて夢パパが目の前まで来てくれました。
しかもですよ、6時間以内の完走だけを目指していたのが
初のフルマラソンで4時間12分でした。
本当によく頑張ったね、夢パパ

完走者のみに与えらえるメダルをかけて頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します

銀河鉄道999のメ〜テルがモチーフの完走メダルです。
(漫画家・松本零士氏は北九州市出身です)
クリックすると元のサイズで表示します

マラソン大会はテレビで生中継されていました。
地元で有名な司会者です。
中継の合間、私のカメラに笑顔で対応して下さいました。
クリックすると元のサイズで表示します 

今回は夢パパにとっても私にとっても初めての経験。
この大会のスケールの大きさ、そして沿道に途切れなく熱い応援者が20万人。ボランティアの方々の行き届いたおもてなしの数々。
又、ご近所の友人も応援に駆けつけて下さったりと・・・
一日中感動で何度も涙が溢れそうになりました。

最後に、寒さと強風の中で1日中外で立っていた私の体は正直でして、頭の先から足の先までの関節が痛いのです。
そう、まるで私がフルマラソンでも走ったかのようにね。
ほんと、○○は正直ですよね(笑)
この日の私の歩数計は13337歩でした。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ