2013/7/4

以前、お休みをしていた間の出来事  夢見るうさぎ

今さらの記事で・・・すみません 
でも、私にとっては今だからこそ書けると思いましたので・・・

今思えば・・・

それは、菌との壮絶な戦いの幕開けでもありました。

抜歯してから後、ららの顔が何となく腫れあがってきました。
心配になりすぐに病院へ直行 
経過報告の後、診察そして検査。
レントゲン写真も撮って頂きました・・・


(ちょっと衝撃的な画像もありますので、気の弱い方はスルーして下さいね)








その時のレントゲン写真がこれです

ららの左(写真では右)ホッペの辺りがぷっくりと
かなり腫れているのが一目瞭然です。

診察の結果、皮下膿瘍と診断されました。
クリックすると元のサイズで表示します

メスを入れるか自然につぶれるのを待って処置するのか、選択を求められました。
この時点で、ららはかなり辛そうだったので、少しでも早く処置をしてもらって楽になれるようにと手術をお願いする事としました


何度も言いますが・・・


(ちょっと衝撃的な画像がありますので、気の弱い方はスルーして下さいませね)










手術直後のららです


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うさぎの膿瘍は・・・・・

完治が難しい・・・・・と、はっきり先生に告げられました。

泣いてなどいられません! ららを助けなきゃ

そして・・・
手術後、あまりにも衝撃的な傷あとだったこと、又これから果てしなく続くであろう、ららのストレスを少しでも軽減する為にと、先生と相談のうえ2回目以降は私が自分の手で膿をしぼり出す治療をする事にしました。
1年数ヶ月の間、はい、母は心を鬼にして頑張りました

抗生物質と膿を柔らかくする薬を処方してもらいに病院へ  

膿んでは・・・膿をしぼり出す

傷口がしぼんでいく。

抗生物質と膿を柔らかくする薬を処方してもらいに病院へ

又、膿んでは・・・膿をしぼり出す

傷口がしぼんでいく。

朝・昼・晩・1日3回のお薬を飲ませる。
1年数ヶ月の間、毎日がこれらの繰り返しでした。

ガーゼを出準備したりしていると、治療の気配で、ららは「いやだよぉ〜」  と逃げ回る事もしばしば。
こんな時、いつも「ごめんね〜すぐに終わるからね」と声をかけ、なでなでしてあげる事ぐらいしかできませんでした。
病気とはいえ、本当に可愛そうでたまりませんでした。
でも、ららは本当に頑張ってくれましたよ 


そうこうしているうちに、やがて夏が訪れたある日の事。

ららの目の動きが何かいつもと違う事にすぐ気がつきました。 
眼球がほんの少し左右に動いているぞぉ〜
予備知識が少しあった眼震・斜頸かも   
時間が勝負という知識も何となくありました。
すわ、病院へ・・・しかし、タイミング悪い事に世間はお盆休み中。
ネットで開いてる病院を探し回りました。ラッキーな事にかなり遠くだけど、ららのパパさんを診てくれた病院が開いていました。

支度をしていると、今度はトイレに上がれないほど足がヨロヨロとし始めたではないですか。
気持ちが焦りましたがこんな時ほど冷静にしなきゃ・・・と自分に言い聞かせました。
そして、車をすっ飛ばしやっとの思いで病院にたどり着きました
抜歯、及び膿瘍の事も併せて詳しく現状を説明し診察を受けました。
「抜歯からこれまでの経緯を併せ現状を診るとすべての原因は『パスツレラ菌』ですな」・・・と先生
歯が悪くなった原因も菌のせいだったとは本当に驚きました。

そして先生の口から「私が治してあげますので安心して下さい」と思いがけない言葉が・・・

まるで神業のごとく、あっ!と言う間にららの背中に注射を2本 
しばらくの間、毎日通う事となりました   

その間不思議な事に、あんなに悩まされていた膿瘍のいたずらも次第に見られなくなり、ららの表情が生き生きと感じられるようになってきました
1年数ヶ月の間苦しんできたのがまるで嘘のよう。
「本当に直るかも知れない」と思えた嬉しい瞬間でもありました  

パスツレラ菌は、たいがいのうさぎさんが生まれつき持っているものだそうで、その症状が現れるか否かは運命的なものらしいです

あれから月日は経ち、直後に軽い膿が2回ほど出たもののそれ以降は至って元気に過ごせています。
セカンドオピニヨンまでして完治しなかった病気が、今のところ治りました。
小動物のなかでもうさぎの治療は本当に難しいのが現実。

でも、菌自体が体から消える事はないそうで、又何時再発するか・・・生まれつきの持病として、これからも見守ってあげる事しかできない。これも又現実なんですよね。

回復に向かって頑張っていた頃のららの様子です 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ネットでいろいろ調べてみましたがパスツレラは治りにくくて怖い病気。治療途中でお月様へと旅立ったうさちゃんがとても多かったです。 そんな中、1年半近くも重い病と戦って生き抜いてくれたらら
頑張ってくれて本当にありがとうね  


最後に・・・ららにはナイショですが

病院の治療代もかなりの金額になりました
6桁、それもかなり・・・・・
ペットは、可愛い、好きだけでは絶対飼っちゃいけないですよね。人間同様、高額な医療費だってかかります。
飼ったからには生涯大切にし、家族同様仲良く暮らしましょうね。

今さらの話題なので、簡単にサラリと書かせて頂きました
0



2013/7/15  23:36

投稿者:夢ママ

ひろこさん♪

驚かせてしまってごめんなさいね<(_ _)>
今回、書いた事でかなりの心配をおかけしてしまいました。
しし丸君も眼震(あっ!私、震の字が違ってましたね(>_<))が何年も続いたんですか?
ししまる君はもちろんの事、ひろこさんにとっても本当に大変だったでしょうね。
ころ坊ちゃんに至っては相談もなしに急に旅立ってしまっちゃったし・・・
その時のひろこさんのお気持ちを察すると・・・
できればこんな思いは何度も経験したくはないですよね。

うさぎの飼育本での『3つの要素がとても大事』ってところ、言われてみれば全く同感であり納得できます。
らら♪自身の生命力、獣医さんの力などは希望を持ってじっと待つ感じですが、そんな中にあって自分にも何かしら参加(手助け)できる事があるって事は実に幸せだと感じました。

ひろこさんも歯の事では本当に大変な経験をされましたね。
今まで聞いた事の無い症状だったのでかなり驚きました。
そして、ひろこさんが早く改善しますようにと祈らずにはいられませんでした。
うさぎも人間も生きているといろんな事がありますね。

ひろこさんがいろんな経験談を交えて書いて下さった事で『よし!これからも頑張ろう』と勇気がわいてきました。
そしてまるで自分の事のように心配して頂いてるのがとっても心に伝わってきました。

ひろこさん、本当にありがとう(*^_^*)
感謝の気持ちでいっぱいです。

http://love.ap.teacup.com/3455/

2013/7/15  16:08

投稿者:ひろこ

らら♪ちゃん、歯のことでここまで大変なことになっていたなんて…びっくりしました。でも、夢ママさんの心強い献身的な看病と新しいいい病院との出会い、そして、何よりもらら♪ちゃんが頑張ってくれたことが本当によかったです。私もしし丸で不正咬合(こっちは食餌の管理で一回削るだけで済みましたが)と神経症状(主に眼震で、何年も続きました)を経験、ころたんに至っては脳の病気で急死を経験しているので、夢ママさんの心の痛み、とてもよくわかります…。私、しし丸が神経症状を初めて発症して生死の境をさ迷ったとき、うさぎの飼育本のうさぎの病気についての項目で、『愛兎が病気になると本当に辛いものです。病気を治すため、少しでも良くするためには、うさぎ自身の生命力、飼い主さんの献身的な看病、獣医さんの力、この3つの要素がとても大事です』と書かれていて、すごく納得したことがあります。
この3つの力が合わさったときに奇跡が起こる可能性が高いですよね。しし丸もらら♪ちゃんも、重病から回復したのは3つの力のお陰だと思います。私もしし丸が眼震を起こすたびに怖くて怖くて体が震えてしまったけど、夜間でも休診日でもすぐに病院に連れて行っていました。そういうときにでも対応してくださるかかりつけの病院には本当に感謝しています。菌って、体質的に弱い子にとっては本当に怖いものなんですよね。私も人間の口内に常在しているカンジダ菌に非常に弱くて、抗生剤を飲むと菌交代が起きてカンジダ菌が増殖してしまうんです。だから親知らずを切開して抜歯したときに抗生剤を飲まなかったのですが、お陰で違う菌に患部がやられて化膿、耳のほうまで痛みが上がってきて、脳に菌が行くんじゃないかと、すごく怖い思いをしました。パスツレラ菌もうさぎにとっては常在の菌ですよね。とても厄介なの、よくわかります。でも、いいお医者様との出会いがあったので、これからは今までよりは心配も少なくて済むと思います!それに、何より夢ママさんがついていますからね!本当に大変だし、心配は尽きないでしょうが、こんなにきれいに回復できたのは運だけではなく、3つの力が合わさった結果なんだと思います。ひとまず、何よりもらら♪ちゃんがここまで回復してくれたことが嬉しいです!優しい優しい夢ママさん、とても大変でしょうが、可愛い我が子を守ってあげてくださいね!

http://blog.goo.ne.jp/sisimaru-korosuke

2013/7/9  22:59

投稿者:夢ママ

ひとみさん♪

先代って、ルビーちゃんの事ですよね。
あらぁ〜ルビーちゃんも斜頚の経験者だったんですね。
必死に頑張る姿をそばで見ていたら、なんか可哀想で切なくなってきますよね。
経験者は語る・・じゃないけど、ひとみさんが書いて下さったコメントを読ませて頂いてたら、らら♪と必死で頑張ってた当時を思い出して何だか泣けてきちゃいました。
ひょっとしたら・・・なんて考えた事も正直何度かありました。

ほんと、ひとみさんがおっしゃるとうり、らら♪は生命力が強いんでしょうね。有り難い事です。
そうそう、らら♪には絶対長生きしてもらわなくっちゃね ⌒(=^w^=)⌒

病気になっても、もしかして治療を受ける環境に恵まれなかったら・・・と思うと、やっぱり家の子でいてくれて良かったです(^_^)/

http://love.ap.teacup.com/3455/

2013/7/8  22:10

投稿者:ひとみ

ママさん、大変だったのですね・・・よく頑張りましたねぇ。。。
ららちゃん本人もですが、お世話する立場はどれだけ辛いか・・・よ〜くわかります。
ウサとの出会いも運命ですが、獣医さんとの出会いもホント、運だと思いますよ。
犬猫より、その選択肢も狭いですしね・・・
うちも、先代が迎えて2か月くらいで突然の斜頸。
初めて迎えた子だし、とにかく可哀想で泣けて泣けて。。。
でも・・・やっぱり先生が「絶対治してあげる」って言ってくださったの。その言葉にどれだけ力付けられたか。
言葉通り、ひと月ほどで完治しました!
ららちゃんほど重篤ではなかったけどね。。。

ららちゃんは、すごく生命力が強いんだですね!
お金もかかったし、ともに頑張ったんだもの・・・これはもう、う〜んと長生きしてもらわないとね〜〜!
ホント、ママさんちの子供でよかったね、ららちゃん(*^_^*)

2013/7/6  21:43

投稿者:夢ママ

ガッ君ママさん♪

いきなりビックリさせてしまってごめんなさいね<(_ _)>
書こうか書くまいかとだいぶ迷ったんですけどね。
これを含め、生き様すべてがらら♪の歴史の1ページだと思い、書く決心をしました。

病院はどこもかしこもお盆休み中だったのが幸いしてか!?(ちょっと変な言い方ですが)
かなり遠いですが、新たな病院を探すきっかけとなってくれました。
ここは最新の設備も整っていて、他県の大学病院とも連携、先生の相互派遣などもされているようです。

ポン太君も前歯が無くなって大変そうだけど、ママさんの愛情をいっぱい受けて元気に過ごせているのはとっても素晴らしい事。
うさ飼いの一人として私もとっても嬉しいです。

「夢ママさんちの子でよかったね」って言って下さって涙が出るほど嬉しかったです。
私もね、心の中でいつも思っているんですよ。
「らら♪ちゃん、うちの子でいてくれてありがとう」って ⌒(=^w^=)⌒

http://love.ap.teacup.com/3455/

2013/7/5  23:54

投稿者:ガッ君ママ

もう、めちゃくちゃびっくりしました。そんなことがあったんですね・・でも、ららちゃん。元気になってくれてうれしいです。夢ママさんも大変でしたね。病院、変わってみてほんとよかったですよね。うちのポン太も抜歯して前歯はもうないの。グラグラだったからすぐ抜けたのはラッキーだったけど。ポン太の場合は歳(7歳)だから仕方ないですけどね。ららちゃん。夢ママさんちの子でよかったね。これからも病気に負けないで元気で楽しく過ごしてね。

http://blog.goo.ne.jp/gakupon-3

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ