男はつらいよ 飛耳長目録

男はつらいよを楽しむ

 
■寅さんについて何でもご存知の方は是非コメントしてください! ■映画に関する新しい情報をお持ちの方は是非ご紹介させてください! ■写真等お持ちであれば是非掲載させてください! 宜しくお願いいたします。

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

拍手ランキング

1位 第10作 ロケ地巡り
1拍手
11/12〜11/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅福
川島さん。

こちらこそご無沙汰しております。

玉木さん、まったく知りませんでした。
そうだったんですね。お亡くなりに…
以前にも確かお話あったと思うのですが
玉木さんもポジション的には色々と…

本当に残念で仕方ありません...。

ご連絡ありがとうございました。
投稿者:川島
寅福さん、御無沙汰しています。
唐突ですが
作曲家の玉木宏樹さんが1月8日に亡くなられたそうです。
『男はつらいよ』を研究したい人や
マニアックに拘りたい人にとって
玉木さんの訃報は大変な損失です。
私は残念で仕方ありません・・・・。
投稿者:寅福
彰(あきら)さん。
ありがとうございます!
いえいえ気が付いていませんでした。
今確認しました!
ホントですね!!間違いありません。
さすがです!!!
これはまたまた新発見ですね。
あるHPではハッキリ「劇中では使われていない」
と断定されていました。
あれだけ騒いでご紹介しながらも発見できなかった
私もお恥ずかしいお話です。(^^;)

彰(あきら)さんのHPでのアップも楽しみにしております。

いや〜、新発見って毎回思うのですが
ホント気持ちが良いですね〜!

ありがとうございました。
投稿者:彰(あきら)
寅福さん、僕さきほど「寅次郎な日々」で
「おとうと」の中の「寅さん」をアップしようと思って、
第15作のメロン騒動や第9作の2回目の帰郷のシーン見ていたんです。

そしたら聞き覚えのある曲が!
あの第9作の2回目の帰郷シーンで
なんとあの名曲「寅さんの子守唄」のメロディが
使われていたんですね!
そして昭和47年、レコード発売の年と一致しますね!
いや〜〜、僕は本編ではあの歌もメロディも
一度も使われたことないって思い込んじゃってました。
御存知でしたか?
あっと、え?
あ…僕だけが知らなかったりして((((^^;)ゞ

と、いうわけで、あの「寅さんの子守唄」が大好きな
寅福さんはもうハナから御存知なのかもしれませんが
なんだかちょっと嬉しくてコラムアップする前に
ここに報告に来たというわけです(^^)
失礼しました〜〜〜〜。
投稿者:寅福
川島さん。

>印刷乾燥後にプラモ用の水生クリアスプレーを
>吹くとコーティングになるだけでなく、

すごい手の入れようです!
仕上がりきれいになりそうです。
全く考えにありませんでしたがそういった手段ありますね。
頭は使わないといけないですね。

こだわりのお話はとてもためになります。
脱線話、とても良いですね!

>テレビ版寅といえば
>先日スカパーの番組表を見ていたら
>秋野太作さんが寅さんについて語っている
>番組があったようです

秋野さんが出られたのですか。
私も見ておりません。
どういったお話だったのでしょう?
なぜ映画を降板したのかみたいな
深いお話もあったのでしょうか。

テレビ版について・・・

メディアの世界では
誰も語らず
どこも求めず
何も探されず
・・・といったスタンスなのでしょうか。
何にしましても商売にならなければ動くわけないのですが
それを商売に繋げるプロ根性も見てみたいものです。

とは言うものの私の源流探しも依然進展しておりませんので
人にとやかくは言えませんが・・・(^^;)

でもいつの日か川島さんのHPは更なるボリュームで
私達の前に再登場して頂けると信じております。
日本中のファンは心よりお待ちしていると思います。

川島さんの本当の辛さもしらない安易ないちファンの
心よりの願望とお許しください。

ありがとうございました。
投稿者:川島
>21世紀になってから
>テレビ版に目を向けているのは
>遅過ぎる感があります。

↑これ語弊があります
「メディアが」を書き忘れました
投稿者:川島
イヤハヤ南友(byダイナミックプロ)です
ありがとうございます。
 
印刷の件ですが、お見せ出来るレベルではありません。
基のディスクも海外メディアの廉価品なので
高画質印刷なんて望める訳もありません
でも、そこが楽しくて…
印刷乾燥後にプラモ用の水生クリアスプレーを
吹くとコーティングになるだけでなく、
艶が出て発色の悪さが誤魔化せます。
勿論記録面はマスキングテープべったりです。

おっと話題がズレまくりでした

思い出を綴ったサイトの件ですが
正直に書いた箇所が
多々あったので閉じました。

再度アップする際は、
サジ加減を考えないと駄目だと思いますし

テレビ版寅といえば
先日スカパーの番組表を見ていたら
秋野太作さんが寅さんについて語っている
番組があったようです
(見てません)。

テレビ版と渥美さん絡みで見れば
秋野さんは、かなり重要なキーパーソンです。
その番組がそこまで触れてるのかは
判りませんけど、

彰さんのサイトによると
長山藍子さんも登場したそうですし、
徐々にではありますが、
触れることは良い事だと思いました。

でも正直言って、
21世紀になってから
テレビ版に目を向けているのは
遅過ぎる感があります。

ちなみに現在のフジテレビの番組保存は
当時とは正反対で、とても熱心です。
空調設備を完備したライブラリー室があり、
番組の完パケ素材だけでなく、
電波で飛ばした放送そのもの迄、
完全に保存してます。

でも、そうなったのはお台場に来てからの話。

だからこそ、テープが残って頃に
何もしなかった人達には憤るばかりです。
その「何もしなかった人達」というのは
テレビ局の人達だけを指しているのではありません…

なんか愚痴になってしまってすみません
投稿者:寅福
川島さん。
ご無沙汰しております。
インク活用術。目からうろこです。そんな離れ業が・・・
さすが川島さん!
>もう純正には戻れそうもありません。
きっと完成度が高いのでしょうね。
完成した現物を拝見したいです!

ところで、サイトアップされたのですか!!
拝見できませんでした・・・。
サイトの思い出、裏話・・・
アップの際はきっと複雑なお気持ちだったのですね。
色んなご苦労があったHPだからこそ
その内容の鋭さが見るものの心にビシビシと何かを語りかけ、
本物でしか味わえない臨場感がそこに存在したのではないでしょうか。
リアリティ・・・
本物・・・
川島さんのサイトはまさにそのものでした。

もしまた機会を頂けるのなら今回閉じてしまったものを
拝見させて頂けないでしょうか。
どうか宜しくお願いいたします。

ありがとうございました。
投稿者:川島
ご無沙汰してます。
寅福さん、お元気そうでなりよりです。
 
私の方はビデオテープの整理や
録画済のDVD−Rのレーベル
印刷して整理する日々を送ってます。
お陰でプリンターのインクは直ぐ無くなります。
しかし純正インクって量は少ないし値段も高いですね。
 
やむ得ず某百円ショップ製のインクにしましたが、
発色はイマイチだし乾燥後の変色が「うむむ」でした。

でも、それを考慮して原版の色合いを調整する工程が
楽しくなってしまいました。
特にディスク表面のコーティング処理なんて
プラモデルを作ってるみたいです。

もう純正には戻れそうもありません。

 

……それと以前触れたサイトの件ですが、
一度、サイトの思い出や裏話を纏めた
ページをアップしたのですが、
アップ直後に
色々と考えて閉じてしまいました。
 
再度出すなら1から直さないと駄目でしょうね。
でも、このままの方が良いかなって思ったりもします。
 
「やらなきゃ良かった」
…この気持ちが風化するまでは、
未使用に終わった資料と共に記録したCD−Rの中で
眠らせた方が良いのかも知れません。
投稿者:寅福
ありがとうございます!彰(あきら)さん。

こうやって以前の投稿を見ておりますと懐かしさが込み上げてきます。
そして色んな方より拍手を頂き、ご支援頂いている事をうれしく思います。
本当にありがたいですね。

「男はつらいよ」の映画は是非48作全て観て頂きたい映画です。
そして何度か観た後に色んな角度から着眼点を見つけて頂きたいです。
それを踏まえて見直してみますと、これがまた深〜い味わいがでてきますよね。

勝手な想像になっているのもあるとは思いますが
その時現場では・・・もしくは山田監督はこんな風に・・・
はたまた高羽さんは・・・
皆さんの個性が融合された完成された作品なだけに
これがまた楽しいんですよね〜。(^^)

今回初めて「トップページ」を作ってみました。
ですので毎回このページが最初に表示されます。
最新投稿は彰(あきら)さんのHPのようなスタイルにしてみました。
リンクされていますので、そこから直でジャンプできます。

投稿数もかなり増えて、もう一度見てみたいと思っても
探すのがかなり大変でしたのでカテゴリーも細かくしてみました。

「飛耳長目録」がもっともっと「男はつらいよ」の映画を
楽しめるきっかけになってくれたらうれしいです!

ありがとうございました。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ