男はつらいよ 飛耳長目録

男はつらいよを楽しむ

 
■寅さんについて何でもご存知の方は是非コメントしてください! ■映画に関する新しい情報をお持ちの方は是非ご紹介させてください! ■写真等お持ちであれば是非掲載させてください! 宜しくお願いいたします。

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

拍手ランキング

1位 第10作 ロケ地巡り
1拍手
11/12〜11/19までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅福
pape2005さん。

お初でございます!「飛耳長目録」へようこそ!!

ところで・・・・
え、ええ〜〜〜〜っ!!!!
しゃ、上海軒さんが閉店ですか!?

何ということでしょう。またひとつ大切なお店がなくなってしまったのですね。
残念でなりません・・・。
ご紹介のブログ拝見させて頂きました。
お写真の上海軒さんの器、まさに私が食べたときの器です。
pape2005さん、どうか大切にしてくださいね。
私も欲しかった・・・。
貴重な情報、本当にありがとうございます。
次回柴又に行った際には、上海軒さんの無くなった踏切の向こう側に
深い深い寂しさを感じずにはいられないと思います。

そして・・・
pape2005さんの「男はつらいよ」への思い、拝読させて頂きました。

>所詮、山田洋次監督の創った世界の男....
>なんてクールで野暮ったい考えは抜きにしましょう。

そうなんです。抜きにしましょう。(^^)
とにかく「車寅次郎」という人間に触れていただきたいですね。

これからも「男はつらいよ」の映画について
あらゆる角度から(そんな大そうなことでもありませんが・・・)
探求していきたいと思います。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。
投稿者:pape2005
お初にコメント入れさせて頂きます。寅さんファンとして、「器物語」のマニアックぶりに深く感動致しました。ところで、急ぎコメ入れさせて頂いたのは、本日、柴又へ遊びに行ったおり、なんと上海軒さんが閉店になっていたからです。ウインドウも空で、通りには、使用していた器類が「ご自由にお持ち帰り下さい」とならべてありました。ラーメンの器は白地のが二種あり、ライン一本のシンプルなのと竜の模様付きのがあり、前者をひとつ持ち帰りました。いつ廃業したかは分かりません。寂しい想いです。また楽しい記事期待しております。頑張って下さい。

http://blog.livedoor.jp/pape2005/
投稿者:寅福
彰(あきら)さん。

確かに第1作の器だけはちょっと違いますね!
赤色の地の中に細かな線があります。
似ていますけれどコレだけは別?と考えるべきですね。
色んな話が出てきましたので
ちょっとまとめが必要かもしれません。(^^;)

でもひょっとしたら・・・・・
彰(あきら)さんの仰るように
『全ての器は「こみや」から』なのでは・・・・・
なぁ〜んて!ははは(^^)ゞ
って本当でしたら大発見ですね!!

小寅さんと矢内さんのリンク拝見させて頂きました。
誠にありがとうございます!!(^^)

小寅さん。
ラーメンのシーン、多いですよね!
私も彰(あきら)さんに教えて頂いて
しみじみ感じております。
そしてそのシーンがどの作品だったかということを
直ぐに思い出せずにいる自分が歯がゆいです。
いかにラーメンを食べるシーンを
スルーしていたかです。(普通そうですよね。(^^;))
元々は「こみや飯店」さんのラーメンの話題から
この「器物語」を彰(あきら)さんに発見して
頂きましたので、どんな話題でも何が飛び出すか
わからないと思っております。
こんな感覚でよろしくお願い致します。(^^)
投稿者:小寅
寅福さん、彰(あきら)さん、
こちらこそよろしくお願いいたします。

「器物語」、私も加わりたいんですが・・・
手も足も出ません。。。(涙)

今、改めて気付いたんですがラーメンのシーンって多いんですね!?
投稿者:彰(あきら)
あ、そうだ、
小寅さん、僕のサイトもリンク貼っていただいて
ありがとうございます!

小寅さんも器の話題を初め、ロケ地めぐりや
番組紹介などなど…
この寅福さんの面白い感覚に参加してください(^^)

投稿者:彰(あきら)
そうなんですよ、寅福さん、
どんどん追求して、どんどん訂正するんです。
そしてみんなで大きな真実をつかむのですぅ!
おおげさ おおげさ ヾ(^^;)

それはそうと寅福さん、
矢内さんや小寅さんのサイトにも
寅福さんのブログのリンク貼ってくださってますね!

ちなみに、
第1作の器は龍だけでなく赤い地の
一面に雲のような線が広範囲に広がっています。
だからちょっと違うかなって思ったわけです。

第3作は、あの店の最初のシーンで
大杉侃二朗さんがラーメンの器をカウンターに
置いた時、向かって右側の青い布を頭に巻いた女性が
器を持って浮かせますのでその時『器の全貌』が
小さいながらもはっきり映っていますね。
で、赤の無地だと思います。

ひょっとして「こみや飯店」さん、
今まで出てきた全ての器持ってたりして…(((^^;)
投稿者:寅福
よく見ますと第1作だけ赤い器の外側に
龍?のような模様がちらっと見えます。

ここは少々疑問に思っておりまして・・・
でももしかしますと上海軒のシーンで
2つ並んでいた左側の赤い器にもしかしたら
龍の絵が描いてあるのでは?と思っておりました。

彰(あきら)さん!!
真実が見つかり次第、大いに訂正しましょう!
それがワイワイやっていけるテイストです!(^^)
とりあえず今のところは
第1作の赤い器は(?)マークということで!
事実は「こみや飯店」さんで!かもしれません!!

そして第3作は確かに赤い器ですね!

もう少し器を上げてくれると
わかり易かったのですが。(^^;)

一応候補ということで!

小寅さん。

やはり彰(あきら)さんの観察力は凄いです!
でも楽しいですよね!こういった人知れぬ事実を
究明していく事って。(^^)

小寅さんのロケ地探しの観察力も凄いですので
何か器のことでお気付きの点がありましたら
どうぞお聞かせ下さい。(^^)

よろしくお願い致します。

ありがとうございました。
投稿者:小寅
あのう・・・

お二人とも凄すぎです。。。
ラーメンの器でここまで話が広がるとは!

私は「美味しそうだなぁ」としか感じてませんでした。
それにしても17作と37作の関係にはビックリです!
これは大発見ですね♪
投稿者:彰(あきら)
追加です。

あの第1作ラスト付近の寅が泣きながら食べる
ラーメンの器をもう一度観てみたのですが、
あの赤い器になにかしらの模様が
うっすら描かれていますよね。
寅福さんの↑第1作のお写真にも模様が広範囲に
うっすら描かれています。

あれれ?わかんなくなってきたぞ…(((^^;)

と、いうことは、第1作の赤い器は、
第2作以降の赤い器とは違う…、
ということでしょうかもしれません…。

僕は、最初は第1作も同じと思ったのですが…。

と、いうことは2、3、11、37と同じ赤い器
ということになるのでしょうか…。

ほんとすいません、混乱させてしまって…

しかし、大いなる「真実」を追究するのが本筋なので
自分の発言を訂正いたします(^^)ゞ
投稿者:彰(あきら)
あの赤い器、第3作の湯の山温泉で「餃子の店」で染奴たちが食べるラーメンも赤い器でした〜〜〜。
なんだか同じような気がします…。どうでしょう。

寅福さん、あの店、セットではなく、
たぶん湯の山温泉ロケ!ですよね。
それなのになぜかしぶとく赤い器が出てきます。
元々のお土産店と軽食の店を
中華の餃子とラーメン屋に仕立てるために
器を大船から持っていったのかもしれません…。

はるばる大船から湯の山まで長旅をする赤い器!

う〜〜ん謎が深まります…((((^^;)

とにかくあの赤い器は

1、2、3、11、37と続いていったんですね。

「器物語」はこうしてしぶとく続くのでした(^^)

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ