2006/3/13

続・いきなりこれですか  F1

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のバーレーンGP決勝、実は見る前の時点ですでに結果をネットのライブティッカーで知ってしまっていたので中継は録画したまま寝ちゃったんだけど(そう、つまり地上波オンリーなの)、それでも動く彼らを見たいのでざっと見てます。まず最初に感じたことは、音が違うってこと。というのも、昨季までV10エンジンだったのが今季からV8に変わったからだよね。昨季ならもっと甲高い音だったのに、今季はやや抑えられ気味の音だなって。でも、各々の激しいバトルは今季も変わることなく楽しませてくれそうです。バトンとモントーヤの熾烈なやり取りとかね。

でも、トヨタにとっていきなりあんなスタートになるとは思わなかった。レポートを読む限りではタイヤに原因があると見てるらしい。初心者ファンの私には難しいことはよく分からないから何とも言えないけど、ドライバーが気の毒に思えてくるのは私だけですか? そんなこんなでテストの延長になってしまったレース。他チームに先駆けてニューマシン発表して準備期間も長くあったはずなのに、どうしちゃったんだって感じ(泣笑)。これが単なる産みの苦しみ程度で済めばいいけど…。優勝は結局アロンソでした。二度目のピットストップ、その僅かなチャンスをものにして逆転したあたりはさすがだわ。それまでトップだったミハエルもよかったけど(インタビューでの清々しい表情からして、今季のミハエルはやりそう)。あと、TVではあまり取り上げられなかったけど、ビリっけつスタートから19台ごぼう抜きで表彰台に滑り込んだキミにも圧巻。「優勝できなかったから2位も3位も同じ」と言わんがばかりのクールっぷりもまたいいっす♪ スーパーアグリは琢磨だけでも完走できてよかったね。そしてルーキーのニコ・ロズベルグ君、彼は大物になるかも…。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ