2017/2/19

庄野真代ディナーショー  

<庄野真代ディナーショー>

先日の40周年記念ツアーにお越しのお客様の中に、あるボランティア団体の役員の方が参加されていまして、私のところへ真代さんの出演依頼のお話を頂きました。すっかり真代さんの事務所の新潟支店になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

流石に動員力のある団体で、毎年かなりの動員を誇るイベントらしいです。これまでの出演者を聴くとフォークから演歌の大御所までビッグネームがズラリ!

クリックすると元のサイズで表示します

今回はチケットを販売する心配がないので随分気が楽です(笑)メンバーは、ピアノに加藤実さん。ホーンに佐野聡さん。お二人とも歌もかなりいけるので楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

私と妻は完全に裏方で、CDの売り子を担当。セッティングを完了して、会場を後にするお客様をお迎えします。料金を頂いて、CDのフィルムを剥いて、真代さんにサイン入れていただく流れは息も合って抜群のコンビネーションです。いっぱい売れました。

クリックすると元のサイズで表示します

一通り終わって真代さんと2ショット。お疲れ様でした。この後、アフターで主催者の方とも沢山楽しいお話に花が咲きました。こう言ったご縁が広がって嬉しい限りです。
さて、次は何を仕掛けましょうか?もっと沢山の方と感動を共有したいものです。
真代さん新潟を御贔屓にして頂き有難うございます。
1
タグ: 庄野真代

2017/2/12

一息ついて雑感。  

半年分を一気に更新しましたが、やはり鮮度の良いうちに書くに越したことがない(笑)
折角なのでこれからも記事を上げようと思います。

連続投稿したので雑感などを最後に。

半年前より、とあるコンピューターメーカーのお仕事をやっております。外資系企業には若干馴染みがありますが、やはり一流の企業はキチンとしていますね。以前の勤務先はパワハラが酷かったので身体的にも精神的にもキツイものがありましたが、自分は自分が大切にしてあげないとね。

で、記事に漏れちゃったヤフオク落札の品を。

クリックすると元のサイズで表示します

日産バイオレット。初めての愛車はホワイトの1600GLでした。ホントによく錆びる車で(笑)ハエもとまれないほどWAXを掛けてました。

クリックすると元のサイズで表示します

これ現在の愛車A160。たったの3p!HERPAの1/87ですが、よくできてますね。

クリックすると元のサイズで表示します

先日あぽろんでStingRay40周年記念モデルを試してきました。最近はデビュー40周年があちこちで(笑)これは試作品を再現したモデルだそうです。単純に完全再現すればいい物を(笑)どうしてアーニーさんは余計なことするのかな。違いはと言うと、ピックアップがポールピース10個のタイプです。つまり、弦の下にポールピースが来ないジャズベースみたいなタイプですね。見た目に不自然。ネックのグリップは悪くないけどオリジナルとは違うのね。

クリックすると元のサイズで表示します

ネックは6点止めでトラスロッドはネックエンド側から調整する現行方式。ネックの段差は現行品と同じでスロープが湾曲してます。オリジナルは真っすぐ。トラスロッドのナット部分はウォルナットで埋められています。なので、メイプルネックでも現行モデルのように指板が貼りメイプルではなくワンピース物です。
肝心のサウンドの方は、ビンテージモデルと同じ周波数に設定されている印象です。残念ながらジャックの調子が悪く断線した状態で十分に試奏できませんでしたが、コレクターには良いかも。きっとあっと言う間に生産中止になって投げ売り〜終了という道を辿るのかな。価格設定が高すぎるのよ。ボクをアドバイザーに雇わない?

クリックすると元のサイズで表示します

と言う訳で、明後日は再び庄野真代さんと一緒です。新潟のボランティア団体のイベントゲストです。9月のLiveがご縁で実現しました。こう言う繋がりが広がって嬉しいです。
また真代さんに会える!嬉しいな。広規さんと真代さんは、何故か私の人生におけるターニングポイントに必ず現れる方なのです。
3

2017/2/12

新兵器!新しいベースアンプ  

年末にヤフオクをつらつら眺めていて、SWRのスピーカーキャビネットが出品されているのを発見。その時点での価格は¥18,500。まあ、そんな価格で落札できる筈のない代物なので、冷やかしで入札。¥19,000になりました。買う気はありませんから更新されるよね?まさかね〜落札なんて事には・・・・!はい、おめでとうございます。あなたが落札者ですとの通知が届いたのです。参ったな。ヘッドアンプがないと使い物にならないし、買わなきゃいけなくなった!
と言う訳で、いろいろ検討した結果Hartkeの新作TX600を飼う事にしました。サウンドハウスが最安でした。600W4Ω、450W8Ωのハイパワーです。キャビネットは700W8Ωなので組み合わせも余裕でOK。Ωってさっぱりわからなかったんで、機材番長のたかちゃ先輩に教えていただきました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

お正月なので鏡餅を。似合いますね。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーカーネットにシールの跡が。

クリックすると元のサイズで表示します

取り外してスチールウールでゴシゴシ擦ったら綺麗になりました。こういう手間は惜しみません。中古のキャビネットですが、現物は画像よりもきれいな印象で故障もありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

プリアンプは真空管です。イメージに反してチューブらしいサウンドでキンキンしません。
MidはパラメトリックEQになっていて、トレブルが6Khzでバスが80hzです。ブライトSWで10Khzがブーストされます。流石に高域が耳障りになりますが、トレブルをカットすると良い感じにクリアになります。StingRayとこのキャビネットは相性良いですね。やっぱりStingRayは安いアンプじゃ良い音しません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

MoonではブライトSWはオフで、トレブル若干カットでベストポイントです。デモ動画でビクター・ウッテンが結構極端なセッティングで弾いていましたが、試してみたらなかなか使えるサウンド。Ibanezも活躍できそう。
移動の際とっても重いのが難点ですが、早くLiveでデビューさせたいですね。
0

2017/2/12

尾崎亜美さんが  お気に入り

<大人の音楽&お酒コラボLiveVol.1>

9月末に開催した庄野真代さんのLiveから数日後に、ヒルクライムが所属する事務所ナオプランの若槻社長から「真代さんに出演交渉して欲しい」と打診を頂きました。最近ではすっかり庄野真代事務所新潟支店です(笑)ところが10月のお話で12月開催との事。案の定既に真代さんはスケジュールが決まっていて断念することに。イベントの趣旨としては、音楽評論家の富沢一誠さんが提唱するニューエイジミュージックと大人の音楽、そしてお酒のコラボレーションしたものを展開したいとの事でした。って事はベテランが対象になりますね。ところが、後日になって同時に出演交渉していた尾崎亜美さんが決定したと連絡を頂きました。そうです!あの尾崎亜美さん。佐藤弥生さんが「神様みたいな人」と敬って止まないシンガーソングライターです。何と新潟は初公演です。

クリックすると元のサイズで表示します

若槻社長とフライヤーを設置しに行ったり、SNSでイベントページを作ったりしてお手伝いを。所謂営業ってやつを。前の会社を思えばどうって事ありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、尾崎亜美さんと言えばご主人はサディステック・ミカバンドのベーシスト小原礼さん。1週間前の広規さんとのLiveで尾崎亜美さんのナンバーをやったのは、これが控えていたからなんですね。若槻社長に弥生ちゃんが大ファンである事を伝えたら、「じゃ、打ち上げにどうぞ。」と。そりゃすごいってんで、弥生ちゃんに「亜美さんが来るよ」「え?新潟に?すごい!」「会えるよ」「?!?!」って事になりまして。寝られなかったそうでした。Youtubeなんかで拝見すると結構ご主人と共演してます。確認したら、やっぱりスタッフリストに入っていると分かりました。例によって最初は私一人で大騒ぎ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

会場入りすると、どうしても機材に目が行ってしまいます。キーボードはYAMAHAのMOTIF、ベースアンプはAmpegのSVT-Proに10インチ8発のキャビ。ベースはFender PrecisionBassの1962年製でした。

クリックすると元のサイズで表示します

会場は東映ホテル。もうChristmasムード満点でした。ホテルなのでホスピタリティーもバッチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんなワインを楽しめました。珍しく車を置いて電車で来ました。終電が気になりますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

打ち上げで自己紹介する弥生さん。この状態でずっと話してました。緊張してたみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

礼さんともお話しできました。「たった2人なのに、沢山楽器が鳴っているイメージでした。」と言ったら「そう!それが伝われば嬉しいな」と言われました。そうなんです。シンプルなのに計算されたアンサンブル。ご夫婦の阿吽の呼吸。う〜ん奥が深いな。弥生ちゃんとレコーディングした音源を聴いて頂きました。

最後に記念撮影を1枚。弥生ちゃん良かったね。これも夢の実現!ここから何か発展すると良いな。とても良いイベントでした。第2回は庄野真代さんで予定されています。要注目です。
1

2017/2/12

伊藤広規&湯川トーベンWベースLive  音楽活動

<伊藤広規&湯川トーベンWベースwith Niigata Freiends>

ここ6年間、毎年1回のペースでベーシスト伊藤広規さんのセッションを開催して来ましたが、さて今回はどうするか?毎回頭を悩ませるのですが、どんなご馳走も慣れてしまう訳で急遽一旦見合わせることにしました。しかし!開催は曲げられないと言う事で子供バンドのベーシストなどで知られる湯川トーベンさんをゲストにこじんまりとしたLiveを開催しました。
出演は、Rockスピリット満載のWhoops!、わが佐藤弥生ユニットがフロントを務めます。
会場は初めての会場、サロン・ド・笑天街。学校の音楽室みたい(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

今回のお嬢様3名。ある意味新潟の顔ですわね。


<Whoops!>

ギタリスト渡辺靖氏プロデュースのWhoops!。ウープスと読みます。基本的なレパートリーはPOWERPLAYの流れをくむものですが、何といってもVo.のMacoちゃんが大迫力ですから(笑)ありそうでなかった、すごく活きの良いrockバンド。とても漢気あふれるモアスロさんのプレイですが、懐は深く様々なキャラクターも受け入れてしまいます。
竹内君のベースも良かった。目力がすごくて(笑)かわいいお弟子さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
Vo.Maco 実力派でありながらルックスもOK。

クリックすると元のサイズで表示します
G.渡辺靖 ホントにどこまでも図太いストレートなサウンド。「らしさ」たっぷり。

クリックすると元のサイズで表示します
B.竹内颯 メキメキ頭角を現してきた若手ベーシスト。バンド志向は一切なくセッションを中心に自由に渡り歩く20歳。今後が楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

Dr.渡辺健太郎 彼のプレイ好きなんです。自分をしっかり持っていて、安心して一緒に演奏できます。研究熱心で信頼できます。

クリックすると元のサイズで表示します

広規さんとの絡みも万全です。初めてのセッションではどうなるかと思いまいたが、ルーツに共通点がたくさん。すっかり仲良しで嬉しく思います。

クリックすると元のサイズで表示します
トーベンさんは穏やかで優しい方でした。Macoちゃんとの絡みもバッチリ。

<佐藤弥生ユニット>

今回は私のリクエストでメンバーをお願いしました。Keyに「今、地元で一番引き合いの多い」過足薫さん、ギタリストにマンダムズの永井隆太君が。そして東京からフェイスtoフェイス以来の相方である宗田直之君が参加してくれました。今現在思い当たるベストメンバーです。全員揃ってのリハーサルは当日のたった2時間という強行スケジュール。抜群の集中力で準備完了。頼もしいメンバーです。

クリックすると元のサイズで表示します
Vo.Pf佐藤弥生 今回はオリジナルとカバーの組み合わせでした。やっぱりバンドカラーが似合う人です。何といっても私が彼女のファンなんです。これってとても大切。

クリックすると元のサイズで表示します
Dr.宗田直之 何といってもプレイに華があります。また頼むよ。

クリックすると元のサイズで表示します
G.永井隆太 「りゅうちぇる」ってSNSで書いたら、瞬く間に広まっちゃってごめんなさい。マンダムズでは絶対にやらないプレイを披露してくれました。意外に攻撃的なギターも弾けるのね。またお願いね。

クリックすると元のサイズで表示します
Key.過足薫 抜群のテクニックと安心感においては、他に右に出るものがいません。少なくとも私は知りません。サウンドに鮮やかな色彩感を繰り広げてくれます。是非次回も!

クリックすると元のサイズで表示します
上手い人と演るのは楽ですね(笑)そんなものです。

クリックすると元のサイズで表示します
今回のセットリストは、
・蒼夜曲 尾崎亜美
・瞳が微笑むから 今井美樹
・BELIEVE MISIA
・トキメキSUNSET 佐藤弥生
・この街の真ん中を 佐藤弥生

クリックすると元のサイズで表示します
ここ最近一番楽しいバンドでした。」メンバーの皆さんありがとうございました。

伊藤広規&湯川トーベンWベース

漫談のような大まじめのような爆笑ステージでした。2人のベース漫談?とっても楽しくて時間があっと言う間。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと分かりにくくい会場でしたが、満席で無事終演〜!東横でラーメン食べて打ち上げへ。

クリックすると元のサイズで表示します

とっても美味しいお酒でした。手伝ってくれた平原君、いつもの撮影を元井さん。それとモアスロJr2号君も感謝します。有難うございました。

クリックすると元のサイズで表示します

それはそうと、何か新しいLiveの開催スタイルを考えなくちゃね。う〜ん。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ