2017/6/5

待望のバージョンアップ!  

あんまりエフェクターって使わないんですが、憧れはありましてZoomと言うメーカーの物は2つ持っています。
その内、良くできてるなって思うのがマルチストンプシリーズのベース版「MS-60B」と言うモデル。

https://www.zoom.co.jp/ja/products/multistomp/zoom-ms-60b-multistomp-bass-pedal#overview

もう、ペダルがないこと以外は多機能で、いろんなメーカーのエフェクターの数々がいっぱい入っています。見てるだけで楽しくなりますが、なかなか使う機会がなくってね。歪ませたりウネらせたりはしないので、アンプやキャビネットのシミュレーターやEQを使うくらいかな?あとはチューナー。ハートキーやMarkBass、アギュラーなんかは良くできてるんですが、所詮はEQの一種なのでクセが気に入るかどうかなんですよね。あれこれ弄っては見るんですが、気に入った音になりません。ん〜やっぱりシールド1本の方がスッキリとした音なんですよね。
このシリーズに関しては、購入後にデータを更新する事で機能が増やせるというのも魅力でした。しかし、このモデルだけは中々更新プログラムがリリースされず、次第に電源を入れる機会も減っていきました。
ところが先日、Facebookを見ていたら、メーカー公式ニュースで更新の案内が!結構充実してるようなので、早速更新する事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンにファイルをダウンロードして、上下ボタンを同時押ししながらUSBケーブルでパソコンと接続すると書き込み開始です。

クリックすると元のサイズで表示します

それほど手間もかからず進行しました。

クリックすると元のサイズで表示します

無事完了して試してみると、SWRよりもギャリエンクルーガーが良い感じです。どのアンプシミュレーターも4chEQなんですが、500hz辺りをブーストすると妙にポコポコ言ってちょっと違うかなって感じ。250hz辺りが一番いい感じなのがギャリエンでした。この際、ちょっと歪み気味なサウンドにも挑戦してみようかな。
0

2017/5/31

再び女子高生セッティング!  

以前リペアを承った女子高生から、再び修理依頼が来ました。
前回預かったベースは、いずれも初心者セットみたいなものだったんで、すぐに飽きちゃたのかな(笑)サックスプレーヤーであるお母さんから「ジャックが壊れちゃったらしくて、診て欲しいんですが。」と連絡を頂きました。
軽音楽部で数少ないベーシストである彼女は、引き合いも多いそうで以前に会った時より貫禄が増していました。彼女の愛器はESPのエントリーブランド「エドワーズ」のアーティストモデル。誰だったっけ?ま、別にいいんですが・・・。定価は結構するんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

これがそのベース。ま、そのアーティストが好きな人が買う楽器なのでコメントは控えようかな(笑)ハッキリ言って酷いセッティング。全然鳴らないし弾きにくい。
今回の修理依頼個所はジャックの断線ですが、基本セッティングもしなくちゃですね。
確認したら、
・ネックは、若干逆反り
・ブリッジでの弦高が高過ぎ
・ジャックの断線は2本

以上が修理箇所です。

クリックすると元のサイズで表示します

変な向きにストラトキャスター用のジャックプレートが取り付けられています。恐らくジャックのナットが緩んだ際に、本体を押さえないでナットだけ回しちゃったんですね。内部で配線がちぎれてしまっています。アース線も切れています。やれやれ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、配線修理完了を確かめるためにアンプにつないでスイッチオン!あれ?全く音が出ません。よーく確認すると、マスターボリュームの半田割れによるアース不良を発見!ポットの3つある端子のうち一つをボディにアースするんですが、ここの半田が割れていました。指で押したら、その間だけ「ボーン!」と音が出たので原因特定。早速半田して配線関係は完了です。次からはナットが緩んだら、バラして増し締めしようね。しかし、サーキット内部には導電塗料が塗られていますが、ノイズは多め。もう少しノイズ少なくていいんじゃない?

それにしても弦は完全に死んでるし、弦高は高くて押弦に力はいるし、よくこんなの弾いてるな。例によって女子高生セッティング(笑)を施しましょう。握力やタッチが弱い子が弾いても鳴るように、指板の曲面やピックアップと弦の距離を考えながら弦高のバランスを取ります。これがまた単純に弦高を下げれば鳴る訳ではないんです。ピックアップの高さもそうですが、その楽器ごとに丁度いいポイントがあるので、それを探します。
結果として弦高は低くなるので、ネックのどのポジションでも押弦しやすくなりますし、ピックアップにも近づきますので音量も大きくなりました。ネックは完全にストレートでしたので、少しロッドを緩めて極順反りに修正します。

サービスで早めに外した弦があったので張り替えました。うん!預かった時とは随分違う印象になったよ。これでまた思いっきり演奏できますね。後であ母さんに尋ねたら「すごい〜すごい〜!弾きやすくなった!」と言ってたそうです。そりゃそうでしょ(笑)今度はもっと早く持っておいで。良かったね〜。
6

2017/3/9

チプカシ  お気に入り

CASIOと言えば、元々は計算機のメーカーですが、腕時計もG-Shockを始め確固たる地位を築いています。
半面、とことんコスパを追求した製品をリリースする事でも有名です。最近ではチプカシ=チープカシオとエントリーモデルが大好評とか。
Amazonでは¥966!と言う電池より安い相場価格。組み立ては中国ですがムーブメントは信頼の日本製。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B003N77EFG/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

クリックすると元のサイズで表示します

色々拘りを捨てると、逆に拘るとこうなるのかな。Swatchよりも全然良いかも。何と言っても薄いし軽いし装着していて全く気にならないし、シンプルだから視認性も究極的に良いです(笑)
0

2017/2/19

庄野真代ディナーショー  

<庄野真代ディナーショー>

先日の40周年記念ツアーにお越しのお客様の中に、あるボランティア団体の役員の方が参加されていまして、私のところへ真代さんの出演依頼のお話を頂きました。すっかり真代さんの事務所の新潟支店になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

流石に動員力のある団体で、毎年かなりの動員を誇るイベントらしいです。これまでの出演者を聴くとフォークから演歌の大御所までビッグネームがズラリ!

クリックすると元のサイズで表示します

今回はチケットを販売する心配がないので随分気が楽です(笑)メンバーは、ピアノに加藤実さん。ホーンに佐野聡さん。お二人とも歌もかなりいけるので楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

私と妻は完全に裏方で、CDの売り子を担当。セッティングを完了して、会場を後にするお客様をお迎えします。料金を頂いて、CDのフィルムを剥いて、真代さんにサイン入れていただく流れは息も合って抜群のコンビネーションです。いっぱい売れました。

クリックすると元のサイズで表示します

一通り終わって真代さんと2ショット。お疲れ様でした。この後、アフターで主催者の方とも沢山楽しいお話に花が咲きました。こう言ったご縁が広がって嬉しい限りです。
さて、次は何を仕掛けましょうか?もっと沢山の方と感動を共有したいものです。
真代さん新潟を御贔屓にして頂き有難うございます。
1
タグ: 庄野真代

2017/2/12

一息ついて雑感。  

半年分を一気に更新しましたが、やはり鮮度の良いうちに書くに越したことがない(笑)
折角なのでこれからも記事を上げようと思います。

連続投稿したので雑感などを最後に。

半年前より、とあるコンピューターメーカーのお仕事をやっております。外資系企業には若干馴染みがありますが、やはり一流の企業はキチンとしていますね。以前の勤務先はパワハラが酷かったので身体的にも精神的にもキツイものがありましたが、自分は自分が大切にしてあげないとね。

で、記事に漏れちゃったヤフオク落札の品を。

クリックすると元のサイズで表示します

日産バイオレット。初めての愛車はホワイトの1600GLでした。ホントによく錆びる車で(笑)ハエもとまれないほどWAXを掛けてました。

クリックすると元のサイズで表示します

これ現在の愛車A160。たったの3p!HERPAの1/87ですが、よくできてますね。

クリックすると元のサイズで表示します

先日あぽろんでStingRay40周年記念モデルを試してきました。最近はデビュー40周年があちこちで(笑)これは試作品を再現したモデルだそうです。単純に完全再現すればいい物を(笑)どうしてアーニーさんは余計なことするのかな。違いはと言うと、ピックアップがポールピース10個のタイプです。つまり、弦の下にポールピースが来ないジャズベースみたいなタイプですね。見た目に不自然。ネックのグリップは悪くないけどオリジナルとは違うのね。

クリックすると元のサイズで表示します

ネックは6点止めでトラスロッドはネックエンド側から調整する現行方式。ネックの段差は現行品と同じでスロープが湾曲してます。オリジナルは真っすぐ。トラスロッドのナット部分はウォルナットで埋められています。なので、メイプルネックでも現行モデルのように指板が貼りメイプルではなくワンピース物です。
肝心のサウンドの方は、ビンテージモデルと同じ周波数に設定されている印象です。残念ながらジャックの調子が悪く断線した状態で十分に試奏できませんでしたが、コレクターには良いかも。きっとあっと言う間に生産中止になって投げ売り〜終了という道を辿るのかな。価格設定が高すぎるのよ。ボクをアドバイザーに雇わない?

クリックすると元のサイズで表示します

と言う訳で、明後日は再び庄野真代さんと一緒です。新潟のボランティア団体のイベントゲストです。9月のLiveがご縁で実現しました。こう言う繋がりが広がって嬉しいです。
また真代さんに会える!嬉しいな。広規さんと真代さんは、何故か私の人生におけるターニングポイントに必ず現れる方なのです。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ