2017/8/11

弦のテンション・テンション感  楽器

弦楽器ですから、弦の張り方はとっても大切。でも、意外と正しい方法は試されることが少なく、最初に聞いた情報に呪縛されている人が多そうです(笑)何を隠そう、私も恐らくその一人でした。
キチンとセットアップされた弾きやすい楽器と言うのは、様々な要素が積み重なった結果そうなっているんですが、その中でも重要で気付かない「弦の巻き方について」書いてみます。

まず、多くの人が信じ込んでいる「ポストに沢山弦を巻いて、テンションを強めると良い。」という誤解について。多くのメンテナンス関係の情報には未だに結構そのような記述を見かけます。果たして本当にそうでしょうか?
弦のゲージ(太さ)とチューニングが同じであれば、テンションに変化はありません。飽くまでその2点で決まります。

クリックすると元のサイズで表示します

ベースに関して、ポストに巻き付ける数は、2.5巻きになるように弦をカットします。今どきの弦はカットしても巻き弦が緩むなんてことはありませんからご安心を。
巻き付けすぎると、ポストの部分で質量が大きくなりサウンドはダークになっていきます。また、弦はそんな簡単に伸びたりしません。張った直後に引っ張ってみるとチューニングは最初にどんどん下がっていきますね?これは弦を伸ばしているんじゃなくて、ポストに巻き付けた弦が密着するまでの現象です。ですので、巻き付け数が多くなるほど狂う割合が大きくなります。また、サスティーンも綺麗に伸びていきません。フェンダータイプのペグが1列に並んだタイプなら、弦を通した状態で4弦を1弦ポストのところで、3弦はヘッドの上端でカットすると丁度ポスト2.5巻きになります。ポスト中央部分がスリムになったポストなら、もっと短く加減します。

あと、必ず弦を巻き上げるときは全てペグだけを使って巻き上げましょう。最初の数回だけでもポストに直接巻き付けると、弦が捻じれてしまいサスティーンがうねってしまいます。音が綺麗に伸びなくなってしまいます。このポイントは大変重要ですが、触れている記事を見た事がありません。私は事あるごとに書いていますが気付いていない人は多いと思います。

で、ポストを良く見てほしいのですが、完全に下まで巻ききらずに弦1本分隙間を空けましょう。これはフェンダータイプのヘッドでストリングガイドのない3、4弦に有効です。驚くほどブライトでロングサスティーンが得られます。やってみて下さい。ネックの反り具合と弦高調整も併せて行う必要がありますけどね。トータルバランスが大切。

クリックすると元のサイズで表示します

ではテンションについて。先ほど冒頭に書いた通りテンションに変化はないのです。いつも拝見しているリペアショップ「O2ファクトリー」の記事にも出ていました。
http://www.eonet.ne.jp/~o2factory/tens2.html
ブリッジやナットでの角度は、浅い方がテンションは若干強くなるという衝撃の結果が!大抵の方は角度が強い方がテンションは強くなると考えていますよね?実際には逆なんですね。ではサウンドは、この角度の違いによってどのように変化するのか?それは、「角度が浅い(少ない)方が倍音が多くなる。」のです。これまた多くの人が言うところの「音が太くなる」という現象は倍音が減少して基音が強調される事なんですね。テンションが理論上同じだとしても、確かに感じる感覚の変化を近年では「テンション感」と表現するようです。プレーヤーによって太い音の基準も違いますし、メーカによって同じゲージでも感じるテンションは異なりますので、まずは正しい張り方を試したうえで比較してみましょう。

とにかく最初に見聞きした情報ほど信じがちですが、見直してみるのも重要ですよ。
4

2017/7/16

喜多方レトロ横丁へ  音楽活動

<喜多方レトロ横丁>
現在ベースのレッスンにお越し頂いているRiekoさんからご依頼を頂き、彼女のユニットに参加する事になりました。レパートリーは昭和歌謡!(笑)私も昭和生まれですが、もうそれ以上に知らない古い曲で構成されています。
メンバーは私に加え、村上市で長年活躍しているBrendの中村さんがギターで参加します。昭和歌謡って結構難しくって、テンションコードは殆ど出てこないのにJazzっぽい。変わったポジション移動が多くて迷いました。また、フォーク系の方々は移調するのにカポタストを使用するので、譜面を頂いても「2カポ」とか書いてあってパッと見で弾けません。書き直さないと!と言うと不思議な顔で見られました(笑)知らない曲は覚えるのも大変。

クリックすると元のサイズで表示します

商店街の一大イベントなんですね。移動があるので今回キャリーカートを購入しました。アンプは軽量のギャリエンにします。

クリックすると元のサイズで表示します

到着してすぐに喜多方らしくラーメンを。混んでるのは嫌なので空いているお店へ。お味はまあまあで美味しかった。しつこくなく癖のないアゴ出汁でした。これ位が丁度いい。

クリックすると元のサイズで表示します

会場に到着すると予報に反して天気は快晴。従ってかなり蒸し暑い。昭和テイスト満載のレイアウトなんですね。さっき見たら、その様な感じの衣装でとありました。まあ、何をもってして昭和なのかは謎ですが(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

メイン会場とステージ。ピカピカにレストアされたクラウンが展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ビールが美味しい!的屋じゃないから露店の価格設定は安め。従ってガラも悪くない(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

これが最初の会場。ホントに雨が降らなくてよかった。屋外イベントは、それだけが心配なんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

YoppiiiとMasaさんのSillySnufkinの御二方。地元ではなかなか会えなくなりましたね。熟練の演奏でした。この他にも沢山の出演者が昭和の懐かしい曲を。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、Rieko+。サウンドチェックなどする時間も与えられず(笑)ほぼ同時に演奏開始。まあ、少ないリㇵで何とかここまで仕上げました。今回はMC824を持参。意外に良い音していました。

クリックすると元のサイズで表示します

少し休憩して第二会場へ。ここでは旧車が沢山並んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ダイハツ コンパーノスパイダー。昔、父がこのワゴンに乗っていました。たったの1000ccだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

月光仮面登場!ちょっと体形はメタボ気味(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

第2会場はガレージ。パンクな雰囲気かな(笑)
Tシャツが見事に塩をふいてました。とにかく汗をかいたイベントでしたが、体重は全く変わらず・・・。見事な地域イベントでした。楽しかったね。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/16

山下達郎Perfoemance2017  お気に入り

<山下達郎Perfoemance2017>

今回も皆勤賞で参加して参りました。御大もお元気でツアーを続けてくれているので、少々辛い事があっても頑張れます。東京では相変わらずチケット入手が困難だと言う事ですが、新潟では幸運な事にこれまでチケットが入手できなかった事はありません。そのせいか関東方面の友人が新潟まで参戦するようになりましたね。
新潟公演は7/13,14の2Daysでしたが、私は14日に参戦。実は1回しか観ないようにしています。どうしても比較しちゃうんですよね。感動が薄まるので1回で十分。その分、記憶に深く刻むのです。
初日は達郎バンドのベーシスト、師匠である伊藤広規さんを囲んでアフターだけ参加。幹事はso_nice鎌倉さんにお願いしました。皆さんLive後なので感動冷めやらぬ感じで(笑)ネタバレにならないよう気を使っていただきました。存じ上げない方も数名いましたが、名前をお聴きしたらMixiやサンソン(=SundaySongBook・達郎さんの長寿命レギュラー番組)の超常連の方でした。隣の席の方に携帯待受け画面を見せていただきましたが、可愛いハリネズミの画像が。名前を聞いたら、やはり達郎&まりやご夫婦(笑)赤ちゃんが生まれたそうで、広規さんが「こうきはいないの?」と。目出度く命名された瞬間でした(笑)
楽しいお話が満載の宴でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

裏話たっぷり(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

茨城からアフロ君がバイクで駆けつけて参戦!タフな彼です。翌日は再び峠越えしてLiveリハーサルだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、2日目はどんな感じでしょうか?テープの出ないクラッカーも用意したし、万全です。

クリックすると元のサイズで表示します

今どきは電子チケットなんですね。申し込むと、抽選結果はメールで届きます。当日は本人確認して画面でチェック。時代は変わりますな。

クリックすると元のサイズで表示します

達郎さんは良く「またここへ戻ってきました。」という表現をされますが、観ているこちらも同じ感覚なんです。3時間半のLiveは他と比較しても長時間ですが、終わってみれば再びそれぞれのフィールドへ戻って、再びこのサウンドの元へ帰ってくる。何があっても。
「色々大変でしょうが、お互いカッコよく歳を取っていきましょう!」という言葉が響きますね。

クリックすると元のサイズで表示します

今回も最高のサウンドディナーを有難うございました。リズムセクションが格段に進化していましたね。シャープだけれど少し軽かったドラムにパンチと重さが出てきた感じ。グルーヴは完全にベーシスト広規さんが束ねていましたね。やっぱり一番カッコいい!ベーシストはこうあるべきと言うようなプレイでした。また次回も楽しませてください!
3

2017/6/5

待望のバージョンアップ!  

あんまりエフェクターって使わないんですが、憧れはありましてZoomと言うメーカーの物は2つ持っています。
その内、良くできてるなって思うのがマルチストンプシリーズのベース版「MS-60B」と言うモデル。

https://www.zoom.co.jp/ja/products/multistomp/zoom-ms-60b-multistomp-bass-pedal#overview

もう、ペダルがないこと以外は多機能で、いろんなメーカーのエフェクターの数々がいっぱい入っています。見てるだけで楽しくなりますが、なかなか使う機会がなくってね。歪ませたりウネらせたりはしないので、アンプやキャビネットのシミュレーターやEQを使うくらいかな?あとはチューナー。ハートキーやMarkBass、アギュラーなんかは良くできてるんですが、所詮はEQの一種なのでクセが気に入るかどうかなんですよね。あれこれ弄っては見るんですが、気に入った音になりません。ん〜やっぱりシールド1本の方がスッキリとした音なんですよね。
このシリーズに関しては、購入後にデータを更新する事で機能が増やせるというのも魅力でした。しかし、このモデルだけは中々更新プログラムがリリースされず、次第に電源を入れる機会も減っていきました。
ところが先日、Facebookを見ていたら、メーカー公式ニュースで更新の案内が!結構充実してるようなので、早速更新する事にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンにファイルをダウンロードして、上下ボタンを同時押ししながらUSBケーブルでパソコンと接続すると書き込み開始です。

クリックすると元のサイズで表示します

それほど手間もかからず進行しました。

クリックすると元のサイズで表示します

無事完了して試してみると、SWRよりもギャリエンクルーガーが良い感じです。どのアンプシミュレーターも4chEQなんですが、500hz辺りをブーストすると妙にポコポコ言ってちょっと違うかなって感じ。250hz辺りが一番いい感じなのがギャリエンでした。この際、ちょっと歪み気味なサウンドにも挑戦してみようかな。
0

2017/5/31

再び女子高生セッティング!  

以前リペアを承った女子高生から、再び修理依頼が来ました。
前回預かったベースは、いずれも初心者セットみたいなものだったんで、すぐに飽きちゃたのかな(笑)サックスプレーヤーであるお母さんから「ジャックが壊れちゃったらしくて、診て欲しいんですが。」と連絡を頂きました。
軽音楽部で数少ないベーシストである彼女は、引き合いも多いそうで以前に会った時より貫禄が増していました。彼女の愛器はESPのエントリーブランド「エドワーズ」のアーティストモデル。誰だったっけ?ま、別にいいんですが・・・。定価は結構するんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

これがそのベース。ま、そのアーティストが好きな人が買う楽器なのでコメントは控えようかな(笑)ハッキリ言って酷いセッティング。全然鳴らないし弾きにくい。
今回の修理依頼個所はジャックの断線ですが、基本セッティングもしなくちゃですね。
確認したら、
・ネックは、若干逆反り
・ブリッジでの弦高が高過ぎ
・ジャックの断線は2本

以上が修理箇所です。

クリックすると元のサイズで表示します

変な向きにストラトキャスター用のジャックプレートが取り付けられています。恐らくジャックのナットが緩んだ際に、本体を押さえないでナットだけ回しちゃったんですね。内部で配線がちぎれてしまっています。アース線も切れています。やれやれ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、配線修理完了を確かめるためにアンプにつないでスイッチオン!あれ?全く音が出ません。よーく確認すると、マスターボリュームの半田割れによるアース不良を発見!ポットの3つある端子のうち一つをボディにアースするんですが、ここの半田が割れていました。指で押したら、その間だけ「ボーン!」と音が出たので原因特定。早速半田して配線関係は完了です。次からはナットが緩んだら、バラして増し締めしようね。しかし、サーキット内部には導電塗料が塗られていますが、ノイズは多め。もう少しノイズ少なくていいんじゃない?

それにしても弦は完全に死んでるし、弦高は高くて押弦に力はいるし、よくこんなの弾いてるな。例によって女子高生セッティング(笑)を施しましょう。握力やタッチが弱い子が弾いても鳴るように、指板の曲面やピックアップと弦の距離を考えながら弦高のバランスを取ります。これがまた単純に弦高を下げれば鳴る訳ではないんです。ピックアップの高さもそうですが、その楽器ごとに丁度いいポイントがあるので、それを探します。
結果として弦高は低くなるので、ネックのどのポジションでも押弦しやすくなりますし、ピックアップにも近づきますので音量も大きくなりました。ネックは完全にストレートでしたので、少しロッドを緩めて極順反りに修正します。

サービスで早めに外した弦があったので張り替えました。うん!預かった時とは随分違う印象になったよ。これでまた思いっきり演奏できますね。後であ母さんに尋ねたら「すごい〜すごい〜!弾きやすくなった!」と言ってたそうです。そりゃそうでしょ(笑)今度はもっと早く持っておいで。良かったね〜。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ