2017/6/24

コチンニヴァース  

ブログ更新がんばろ、と思ってみたものの、暇なくワタワタしています。
そこでたまには音楽以外を。
西新宿は清水橋付近の現場に入ってまして、まあうちから近いといえば近く、駅なら3つ目であります。近くないか…現場があると付近を探索するものです。
で、カレー屋さん、コチンニヴァースです。(写真上)知る人ぞ知る名店。こないだの暴風雨吹き荒れるなかランチを美味しくいただきました。神保町あたりに居並ぶ名店とはまた違った美味、中年の私にも活力がほとばしるスパイシーさ加減、サラダも水も美味しい、みなが薦める通りでありました。それからランチ・セットだとお手頃値段でありがたい。夜も行きたくなります。ちなみに南インド料理と、ググって知りました。
食べたら元気でちゃって、コチンニヴァースさんから近くの名所を散策。やってまいりましたのは、はっぴいえんどのジャケットで知られる民家。映画たんぽぽでも使われた場所であります。(写真下)かつて小さい川が流れ橋が残る道路でありまして、ゆでめんの看板はなくなりましたが向かいの八百屋さんは昼寝してるし並びの居酒屋さんは激安昼定食だったりで、なかなか風情あります。その先に有名なハッテンバというのも惹かれますね。
てことで、今日も張り切って労働しとります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/21

boogie man orchestra  

1975年の7インチはイリノイから。その名もブギーマン!レーベルもブギーマン!ブギーを名乗るだけあって、もちろんディスコフロアーに向けて制作されたものです。自主制作だったものの、けっこう売れて様々な国で出されています。右肩上がりのディスコ時代にハマったのでしょう。楽曲としてはどうということありませんが、レーベル・ロゴは魅力的です。ブギーな感じがみなぎります。そういえばブギーって口に上がり始めてずいぶんな気がします。特定のスタイルや一部のジャンルを指して使われたりもし始めてますね。個人的には西新宿で見かけた「昭和ブギー」という歌謡曲バー店の名前がお気に入りです。行かないけど。
クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/18

final approach  

1976年の12インチ・シングル。7インチも出ています。7インチのゴールド・プレートからが原盤で12インチはアムハーストがディストリビュート、長尺としてリリースです。制作はトミー・ステュワートら、アトランタ陣営、こちらの面でない方にはビル・ライトの名前もあってソウル・ファンにはワクワクものです。が、そっちはポップ・ディスコといった内容でガッカリしますのでご注意ください。うってかわってこつらのスペイン語タイトル曲はトミー・ステュワートの良さ全開のディスコブギーです。時代的にも彼が一番油がのってた時期だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/17

akb  

今日はAKB総選挙ですね。はたして今年は誰が当選するのか!?行政改革を訴えたあの人、財政健全化を唱えたあの人、高齢化社会と少子化対策に声を上げたあの人、様々ですね。開票速報が気になってソワソワな一日です。
えっと、こんな感じなんでしょうか…アイドルグループですよね、適当なこと書いてると叱られそうです。
それで取り上げたのは1978年のAKB、12インチです。ディスコブギーならこちらのAKBでしょう。Andy Kahnと Kurt Borusiewiezの二人によるディスコ・プロジェクト。頭文字からAKBだそうです。日本のはアキバから頭文字!?みたいなところなんで、洋の東西、時代も含めて、人の発想は似てるもんなんですね。と、ついヤフー・ニュースのトピックから思い付きで取りあげてだらだら書いてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/15

casper's  

1980年リリースの12インチ、シカゴのスカイ・ヒーロー・プロダクションものです。スカイ・ヒーローと言えば、ウイリー・クレイトン、そしてメルヴィン・ムーアと、ソウル・ファンならば痺れるプロダクションですね。そしてこの制作及び名義のキャスパーを名乗るのはテリー・マーシャルなる人物。彼はこのリリース後、あの MAXX TRAXX そしてサード・レイルのメンバーとして活動しリリースをしている人です。期待感マックスです。が、見ての通りジャケット、それから曲名、お化けのレコードなんですねこれは。内容はお化けのラップというか、オールドスクールなディスコラップです。いやしかしこれがなかなかファンキーでして、ディスコラップの良さ全開です。ヒップホップには興味がない私ですが、ディスコラップは好物であります。そうそう、ついでですが、このテリー・マーシャルさん、80年代後半にヒロコなるシンガーに曲提供なんかやっとりました。ヒロコさん日本人だと思われます。今いう和モノ!?でしょうか?良くわかりませんが、テリー・マーシャルさんとしては一番お金になった仕事だと思われます。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ